最近変わった事 03

bt_amane_01.jpgアナログだろうとデジタルだろうと、描き方、塗り方は人の数だけある訳ですが、私が必ず使う手法として、「乗算のレイヤーを使用して肌に赤味を加える」、と言うものがあります。具体的には何と言うか、「血色がよくなり健康そうな印象になる」、「陰影を調整できる」と言うような効果を得る事ができます。

実例としては下図のような感じです。1枚目が乗算レイヤーを非表示にしたもの、2枚目が表示したものです。レイヤーパレットの状態も参照してみてください。

amane_170225_01.jpg

amane_170225_02.jpg

ただ、今までやっていた方法だとそれなりに手間がかかっていて、具体的には以下の通りです。

  1. 対象とするレイヤーから選択範囲を作成する。
  2. 選択範囲外をマスクする。
  3. マスクのフォルダ内にラスターレイヤーを作成する。
  4. マスクのフォルダを「乗算」に設定する。

まあ、デジタル描画のこの時代、この程度で手間も何もないのですが、やっぱり煩雑ではあるので「アクション」に登録しています。

illuststudio_170225_01.jpg

ですが、以前書いたように「下のレイヤーでクリッピング」を覚えてからは、

  1. 対象のレイヤーの上にラスターレイヤーを作成する。
  2. 「レイヤー」のメニューから「下のレイヤーでクリッピング」を設定する。
  3. レイヤーを「乗算」に設定する。

で済むので、非常に便利です。(それでもやっぱり「アクション」に登録している訳ですが。)

とは言え、「下のレイヤーでクリッピング」が絶対かと言うと実はそうでもなくて、「複数のレイヤーを効果の対象とする場合」にはマスクフォルダを作った方が便利です。「下のレイヤーでクリッピング」だとその特性上直下のレイヤー1枚だけしか対象にできませんが、マスクフォルダを作成すれば複数のレイヤーを対象にする事が出来ます。参考図で言うと「肌_01」、「肌_02」です。

また、実際に描画を進めていると、単純に対象とするレイヤーが複数かどうか以外でも、どちらの方法がより利便性が高いのかは変わってきます。結構細かい話になってくるので詳細は省きますが。

ホント最近よく思うんですが、IllustStudioにしても他のソフトにしても、自分が思っている以上に機能が充実しているというか、いつもの自分のやり方を続けていると「だれか言ってよ、もっと早く言ってよ!」系の機能に気が付かない事が結構よくあります。

出遅れ!ホストガールズ2017

bt_amane_01.jpg今年の目標の一つが「ホストガール13+1人を描く」なんですが、単純に月一人のペースで描いていると明らかに間に合いません。で、今の状況はどうなのかと言うと、先週までは「13+1人中0人」でした。つまり全く描けていません。そんな訳で慌てて描き始めました。

誰から描き始めるかは結構迷う所なんですが、無難にと言うかやっぱりと言うか、亜麻音さんを描きました。最終的には全員まとめて一枚絵にする予定なので、そういった意味でもこの亜麻音さんが基準になります。結構重要な役割です。

amane_170219_01.jpg

描き終わってみると、思ったよりも間の抜けた表情になってしまい、妙にぽっちゃりしている感じもしますが、それもまたよいでしょう。

こんな調子で描いていて大丈夫なのでしょうか。一応自分では大丈夫だと思っているのですが、どこからその自信が来るのかはよく分かっていません。

昼休み音楽室

bt_dtm_01.jpg最近DTMに関する話題が全くなかったので、何とかならないかなと思っていたのですが、よく考えたらありました。と言っても、やっぱり「DTM」と言うには語弊がある「Pocket Operator」に関連した話です。

Pocket Operatorを買った時の話にもあるように、仕事の昼休みはピコピコやって、よく分からない何かを作ったり、リズム感を養おうとしたりしています。そんなある日ふと「そうだ、将来的に『武ロ研』の曲を作ろうと思ってるんだから、この時間を活用しよう」と思った訳です。

最近は、平日、仕事から帰ってきた後は武ロ研、週末はカラーのイラストと、DTMというか音楽関係の事に手を出している隙がありません。そんな私に、どうせやる事もない昼休みは正にうってつけ。ご飯を食べる間を惜しんでPocket Operatorをいじってます。

そんな訳でとりあえずまとまったのがこれです。

もちろん最終的にはギター、ベース、ドラムの構成にしようと思っていますが、それはいつになる事やら、、、

ちなみに、録音はiPhoneの「GarageBand」、オーディオインターフェースはLine 6の「Sonic Port」です。

pocket_operator_170211_01.jpg

「Sonic Port」はやはり「Sonic Port VX」と迷いましたが必要最低限の機能と価格、それと物理的なサイズで選びました。実際、VXを選んでいたら今使っているケースのSonic Portスペースには収まらなかったでしょう。収まらなかったのかな?もしかしたら収まるんじゃないか?考えないようにしよう。

豚と真珠のDTM

bt_chihaya_03.gifとにかく、「動画を作らなくなった」というのがDAWをいじらなくなった一番の原因なのかもしれません。動画も音楽も作りたくない訳ではないのですが、最近はイラストや「武ロ研」が自分の中では優先事項になっています。

さて今回のお話は「使いもしないのにソフト音源を買った」と言う内容になりますが、話の発端は2013年に「Arturiaのキーボードを買った」所から始まります。このキーボードに付属していた「ANALOG LABORATORY」と言うソフト音源、基本的には実在したシンセサイザーをモデリングしたソフトの簡易版を集合させた音源なのですが、これがAbleton Liveの内蔵音源とはまた一味違った方向性で、素人的には「音」として分かりやすく好んで使っていました。

それからしばらくして2016年1月、ArturiaからANALOG LABORATORYに収録されているシンセサイザー等のソフト音源の完全版をまとめた「V COLLECTION 4」のアップグレードに関する優待販売のお知らせが来ました。うろ覚えですが本来500ユーロ程度(今現在の換算で約60,000円)が期間限定で69ユーロ(約8,300円)。当時すでにDAWをいじる機会も減っていたのですが、割引率の高さと気に入っていた音源と言う事もあり、とりあえず購入しました。

ただその音源、2016年の間に使ったのか使わなかったのかと言えば、使っていないと思います。「起動させた」記憶はあるような気がします。(気がするレベル)

そして今年の同じく1月。さらにアップグレードした「V COLLECTION 5」のオファーがありました。今度は499ユーロが99ユーロ。しかし前年に「使っていない」と言う決定的な実績があるので「安売りしたって、かっ、買わないんだからね!」と決意したものの、うっかり内容を見てしまったら「Piano V」というアナログピアノをモデリングした音源が新たに収録されています。

自分の現在の環境だとアナログピアノ音源の選択肢が少ないので、それをもう少しどうにかできたらいいなー、と、若い頃(DAWをよくいじっていた頃)思っていた私にはなかなか魅力的な存在。でも「だったらPiano V単体で買うから!安売りされれば何でも買うような安いユーザーじゃないんだからね!」とけじめをつけたのですが、肝心のPiano V単体の価格を見たら「199ユーロ」。何かがおかしいこの世の中、ここから先はあえて書く必要はないと思います。手のひらの上でクルクルと見事に踊る私にArturiaもさぞご満悦だった事と存じます。

v_collection_170205_01.jpg
ソフト音源は音を出して曲を作るものです。眺めてうっとりするものではありません。

激メシ!!変態牝牛の晩ごはん

bt_dolma013_11.gif私の中で声優の松井恵理子さんと言えば、えとたまの「モ〜たん」と未確認で進行形の「夜ノ森紅緒」なので、その見事な演技からきっとご本人もそうなのだろうと思ってしまい、申し訳ない気持ちで一杯です。

そんな訳で「モ〜たん」を描きました。先日ふと「今なら2009年よりも前みたいな感じで描けそうな気がする」と思った時に、対象として挙がったのがモ〜たんでした。まあ結局、2009年よりも前みたいな感じにはならなかったのですが、いつもとは若干方向性が違っていると思います。

moutan_170204_01.jpg

このイラスト、とりあえず人物を普通に描いて後から色々やってる訳ですが、せっかくなので色々やる前のモノをニコニコ静画に上げておきました。

moutan_170204_02.jpg

でもこう見えて私、お尻にもマッチョメにもそんなに興味はないんです、いや本当に。

最近変わった事 02

bt_mio_01.jpg技法的には割と変化が続いていますが、使っている道具は「Intuos 3」「ComicStudio」「IllustStudio」と、販売終了したもの、サポート終了したものばかりで構成されています。いったい何年前から使っているのか、私にも分かりません。

と言う訳で今回は「線」についてです。話が長くなりそうな予感がします。ちなみに、使用ソフトはもちろん「IllustStudio」です。

何が変わったのかと言うと「線を描くレイヤー」です。具体的には「ラスターからベクター」になりました。正確に言うと「今までは使い分けていたのですが最近はベクターに限定」しています。

「ラスター」「ベクター」それぞれについてはいまさら私が説明するまでもありませんし、話がより長くなりそうなので省略しますが、実例は下の図です。左がベクター、右がラスターです。

drowing_170122_01.jpg
目付きの悪い二人。原寸の200%表示です。(クリック時)

私にとってのラスターレイヤーのメリットは「描き心地が良い」と言う点です。ただこれはラスターレイヤーの特徴と言うよりも、鉛筆っぽいパターンブラシの恩恵によるものです。鉛筆っぽい感じで描けるのでアナログから始まっている私には使いやすく、好んで使っていました。そのパターンブラシはラスターレイヤーにしか描画できない、だからラスターレイヤーを使う、と言う事です。

ではデメリットは何かというと「塗りにくい」と言う点です。具体的には「下地を塗りにくい」と言う事です。

私の場合、線を描いた後、それを境界線としてそれぞれのパーツごとにレイヤーを作成し「基になる色」を塗りますが、バケツツールで塗るとどうしても線の中心部に「隙」が出来ます。それはラスターレイヤーに描画した鉛筆っぽい線の特に中心部が必ずしも不透明度100%ではないからです。だからこその鉛筆っぽさと言う事ではありますが。

実例を挙げると下図の状態です。

drowing_170122_02.jpg
線の所々で背景の色(水色)が透けています。

これを回避する方法は色々あるのですが、一つ一つ話すとやっぱり長くなるので簡潔に説明すると「どれも面倒くさい作業」です。

ではベクターだとどうなるかと言うと、バケツツールで塗る際「ベクターの中心線まで含める」というオプションがあるので、これを使えば線の中心まで塗ってくれますし、ベクターレイヤーに描画した線の中心は間違いなく不透明度100%なので、ラスターの様な隙ができる事は体感99.95%ありません。(わずかな線と線との重なり具合で1ドットレベルの空白が出来る事があります)

それでも今までラスターレイヤーを使っていた理由は、描き心地が良いと言う事の他に「アナログっぽい感じが出る」と思っていたからです。でも、結構前から気が付いてはいたのですが、結局差がそれほど感じられません。特にオリジナルから50%とか40%に縮小したサイズを作品として公開しているのでなおさらです。

drowing_170122_03.jpg
二人とも目付きが悪いですが、クリックで原寸の50%表示です。

だったらもういっそベクターレイヤー使った方が楽でいいか、と言う事になりました。実際、大分楽です。

酉年

bt_amane_01.jpgえとたま」も楽曲から入って作品を観るようになったアニメの一つです。「ピヨたん」はそのえとたまに登場する酉の干支神です。作中、ピヨたんが話の中心的人物になる回で妙にお尻が強調されるシーンがあり、それが印象的だったので私の中では「ピヨたん=おしり」と言うキャラクターになっています。私は悪くありません。

そんな事もあり、酉年なのでおしり、もといピヨたんを描きました。

piyotan_170115_01.jpg

酉年と言う事もあるのですが、ちょうど一年前に描いた「ピュアはじめ 2016」に関して、見れば見るほどポーズが不自然で、お尻を強調したいのかしたくないのかはっきりしない、何とも煮え切らない仕上がりになっているのが気になっていました。そのため、同様のテーマで再挑戦したかったと言う事も理由の一つです。

それはそれとして、ピヨたんが参加しているミニアルバムの「激メシ!!わがにゃの晩ごはん」という楽曲。すき焼きを作るはずだったのにビーフカツが出来きあがり、ピヨたんが「おい!すき焼きは!」とツッコんでいたり、再生直後のにゃーたんが飛び込んでくるところで、おそらくピヨたんは蹴られたのか、「いってぇ!」と言っていたり、なかなか自由な楽曲で楽しいです。

去年の目標 今年の目標

bt_amane_01.jpg特にどこかで明確に示した訳ではないのですが、2016年、私は「マシーンのように描く」と言う目標を立てていました。この目標を立てるに至った経緯があったような気がするのですが、さっぱり覚えていません。きっとそんなものなかったのでしょう。(都合の良い生き方)

年も明けたので、その目標に対する自己評価をしてみようと思います。

「描いたのか、描いてなかったのか」と言う事で言えば比較的描けたと思います、それほど根拠のない体感的な判断ですが。と言うのも、去年は週末にやたらとイラストを描きました。結果、カラーのイラストを描く機会が多かったと思います、2015年と比較しても。

例えば、pixivの投稿数で見ても2015年が11点なのに対して2016年は9点で、2015年の方が多いじゃないか。と言う事になってくるので、それは数えなかったことにしましょう。世の中pixivが全てではありません。

それはそれとして、この目標本当は「『武蔵野ロック研究所』を描く」と言う事を意味していました。それに対してどうだったかと言うと、「あと一歩」と言う感じです。

前半は割と文句なかったと思います。更新頻度も意気込みも。それに対して後半は何を描けばいいのか分からなくなったり、作業中頻繁にフリーセルをやっていたり、出来もイマイチだったりと、もっとガンバレたでしょうと言わざるを得ません。一応年内に8ページ分描き終わったので、その点は評価したいと思います。

まあ、終わった事を振り返っていても時間はどんどん進んでしまうので、済んだ事は気にせず今年の目標を立てました。

  • ホストガールを13+1人描く
  • ニコマスを描く

あと一つ何かあった気がするのですが、思い出せません。そんなノリで今年も都合よく生きていこうと思います。

最近変わった事 01

bt_dolma005_09.gif去年の今頃かそれ以前の描き方と比較して、手段とか思想とかでずいぶん変化したと思う点がここ最近の間に色々発生したので、何回かに分けて書いてみようと思います。

今回は「鼻」について。私はこう見えてもデッサンとかクロッキーから始まった人間なので、人物や石膏像をデッサンしながら「鼻ってこんな複雑な形をしているのか」とよく思いました。例えば鼻孔のふちとか鼻柱の付け根とか、そういった細かい部分の陰影も先入観なくとらえて表現しないと、何ともしまらない結果になってしまいます。

「絵画」ならそうなんですが「かわいいイラスト」においてはそんなところ描き込んでる場合じゃありません。大体線とか点です。確かにそうだなと思いながらも私のこれまでのそういった経緯もあり、自分で描いて「これは何なんだろう」と思っていました。

一応、自分の中では「線は鼻背か鼻柱を表す」、「通常は鼻孔のある面に影ができる」と定義していました。ですが最近は「線で表すのは鼻背のみである」、「陰影に関しては鼻背から鼻翼にかけてを『濃く』する」と考えるようになりました。

その変化を実例で見てみましょう。下の図は左から2016年1月、同11月、後の二つは2017年1月、つまりつい最近です。

nose_170107_01.jpg

一番左は正に鼻柱を線でとらえたもの。どちらかと言えば鼻柱の面がこちらを向いている時はそうすべきだと思っていました。ただ表現として何ともしっくりこない感じはしていました。この頃から。

左から2番目は線によって鼻背から鼻尖あたりまでを表現したもの。大きく描いた事とそういった角度だったと言う事からこうなりましたが、これくらいの大きさで表現するのであればこれはこれでありだと思います。

右から2番目は表現を変えるきっかけになったもの。正直この線が何を表しているのか私自身もよく分からず。影もどう塗ればいいのか分からないので全体的に色を付けてごまかしたら、意外とそんなに悪くない気がしました。

その経験から改めて他の方の作品を観てみると、確かに「理論的な陰影」と言う概念とは別の感覚で塗られているものも少なくない事に気が付きます。と言う事でその方向をもう少し追及してみたものが一番右です。

確かに、あれだけ複雑な造形を単純な線とか点とか、場合によっては描かない事もあるような表現において、それを陰影でとらえようとする事は無理があるのかもしれません。

キュアラブリー

bt_amane_01.jpgいわゆる「ニコマス」に馴染みがあるのでタグに自分のハンドルネームを入れるのが今まで当たり前だったんですが、最近になって実は全体的にはそうやってる人はそれほど多くないんじゃないか、と言う事に気が付きました。ニコニコ動画でも、pixivでも。それとpixivではキャプション(投稿者のコメント的なもの)を書かない方も多いようです。意外とそういう所に気が付きませんでした。

それはそれとして、「キュアラブリー」を描きました。実はこの作品には2つ大きな目的がありました。

一つは「そういったセンス(カワイイものを描く)に乏しいのでプリキュアを描いてセンスを吸収する」、もう一つは「ms先生みたいに塗る」です。

もう何回目になるか分かりませんが、相変わらず「もっとナウい塗り方を身に着けたい!」と思っています。いい加減そういった解説的なものを見ようと思ったのですが、せっかくなのでやっぱり自分が崇拝しているようなビッグネームからご教示いただきたい。しかしそんな都合の良い話があるだろうかと半ばあきらめていたのですが、考えたらとっくの昔に見ていました、「CLIP」の使い方講座、「ms先生のメイキング編」。しっかりお気に入りにも入っていました。

「じゃあ早速」と始めてはみましたが、やっぱり理屈が分かってもセンスが違うと全く上手くいきません。結構粘ったのですが、結局挫折しました。

cure_lovely_170107_02.jpg
もっと時間をかければ(長期的な意味で)化けたかもしれません。

ただ、「下のレイヤーでクリッピング」の利便性に気が付けたのは大きな収穫でした。今まで「してどうすんの?」くらいに思っていたのですが、基本の塗りに対して効果や調整を加える際、実に使い勝手が良いです。

まあ、そんな事もありましたが、描き始めたものは仕上げようと言う事で自分の行けそうな道を掘り下げてみました。もっと深い所まで行けそうな気がします。

cure_lovely_170107_01.jpg

あんまりキュアラブリーっぽくないのは、やっぱり未だにプリキュアシリーズを観ていないからだと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画