「ドリームクラブ2017」の苦労話

bt_asuka_01.jpg特にそうする必要もないのですが、一応ブログを持っているので週一で更新しようと思っています。となるとやはり週末に更新するのが時間的に一番余裕があると思うのですが、意外と変なところで時間を使ってしまったり、出かける用事もあったりなかったりするので、油断していると日曜の夜に慌てて更新するような事になります。正に今がそれです。

そんな訳で、何かサックリ書けそうな話題はないかと考えた結果、度々この話で恐縮ですが、先日完成した今年の目標の一つ「ドリームクラブ2017」について、Twitterにも書かなかったと言うか書き忘れたと言うか、そんな話を書いておこうと思います。

1. 遙華様のウインクについて

hostgirls_171224_01.jpg

この遙華様、片目を閉じていますがこれはウインクではなく「我々ミジンコ以下を見るのに目を二つも使う必要がないので片方閉じている」だけです。言おう言おうと思っていてすっかり忘れていました。

2. ナオさんにさんざん手を焼かされた話

ナオさんは今回のホストガールの中でただ一人、イチから描き直しになったのですが、実は描き直したヤツもしばらくしたら目の大きさが気になって仕方なかったので、さらにもう一度修正しています。

hostgirls_171224_02.jpg
最初

hostgirls_171224_03.jpg

hostgirls_171224_04.jpg
もう一回

おじさん、ナオちゃんにはホント手を焼かされたよ。でもやっぱりやってよかったと思います。

もうちょっとネタはあるんですが、もう疲れたので今日はこの辺にしておきます。

ザ・どうでもいい話

bt_riho_01.jpg最近はブログネタが結構たまってきたのでどれから書こうか逆に悩むくらいです。その一方で、今週末は割と、「これ今頑張らなくてもいいだろ」と言うどうでもいいような事で終わってしまい、せっかくなのでそれに合わせて最近思った割とどうでもいい話を書いてお茶を濁したいと思います。

1. OneDriveの整理

これが今週末頑張ったどうでもいい事なのですが、OneDriveのストレージ容量を増やした関係でiPhoneのカメラロール(写真)を自動で保存する事にしました。ですが、既存の写真もアップロードしてくれるのを知らずに手動でも写真をアップロードしていたので、重複している写真が多数発生してしまいました。

その為、一旦すべて削除して再び自動で保存してもらうと思ったのですが、すでに「すべて同期済み」と認識してしまい、アプリの再インストール、iPhoneの再起動など試したのですが結局うまくいかず、Microsoftフォーラムの情報では現在のところこの状態になってしまったら手動でアップロードするしかないようです。

それじゃあと言う事で手動でアップロードしてみたのですが、「これ本当に要るのか?」と言う写真の連続。自分でも「何でこんなに鳩の写真があるんだろう」と思いました。

pigeon_171217_01.jpg

pigeon_171217_02.jpg

pigeon_171217_03.jpg 好きな鳩を選んでください。

そんな事もあり、時間をかけていろいろ試したり調べたりした割には「まあどうでもいいか」的に、手動で必要な写真だけを保存する事になり、これでよかったようなそうでもないような、なんとも締まりのない結果になりました。

2. 提案 新痴漢対策

都心のいわゆる通勤ラッシュの電車に乗っていると自然と人の「向き」が決まってくるものだと思います。具体的にはドア付近では皆ドア方向を向く傾向にあると思います。

そんな中、先日ドア方向を向いている私に対して女性が私の方を向いて乗車してきました。混雑している電車の中で。想像するだけでも分かると思いますがなんとも気まずいです。痴漢に間違われないよういつも以上に気を付けました。

そこで私思った訳です。「これ痴漢対策になるんじゃないか」と。つまり、痴漢しそうなスケベ面の男性の近くに立つ時はあえてそちらの方を向く。そうすればお互い向き合ってるのにあえて触ってくるようなチャレンジャーはさすがにいないと思いますし、自分の後ろの人は背中合わせなのでこちらが男なのか女なのかも気が付かない。結構良いアイデアなのではないでしょうか。

そしてさらに思った訳です。「でもこういうのは男の私が知らないだけで、女性の間ではすでに浸透していたりして」と。そしてさらに思いました「つまりその女性の正面にいる男性はスケベ面」と。つまりそういう事です。隠しきれなかった本性、以後気を付けます。

3. 化粧品の使用期限

そんなスケベ面の私なのでそんなにおしゃれとか気を使う訳ではないのですが、不摂生な生活をしているせいか肌が乾燥しやすいようで、季節を問わず口の周りが粉をふいた様になっている事がよくあります。気を使わないと言っても自分で見ていてみっともないので今更ながらスキンクリームなど使うようになりました。

効果は十分で、これならスケベ面も多少まともになると結構満足したのですが、本当に口の周りに使うだけなので、何となく買ったその1本を1年以上経った今も使い切れていません。

そうなると品質的に「これ大丈夫なのだろうか」と思うのですが、特に使用期限的な物も記載がなく、さすがに不安になり調べてみたところ「特に問題なければ大丈夫」なようです。ずいぶんあいまいな感じはしますがあの「マンダム」がそうだと言うのですから間違いありません。もはやチャールズ・ブロンソンがそう言っているようなものです。

ちなみに使用期限が書かれていない理由はこちらです。

とまあ、そんな根も葉もない事を書いているうちに今週末も終わってしまったので、また来週からがんばりたいと思います。

比較 シャアたん vs シャアたん

bt_moutan_01.jpg自分がpixivに投稿した作品に対する「いいね!」に関して、以前から不思議に感じていた事があります。それは2016年8月に投稿した「記憶の中のご注文はうさぎですか?」の「いいね!」だけがなぜかぐんぐん伸びて最終的には42に達しました。ちなみにブックマークはたったの2です、何か特殊な事情があったように思えて仕方ありません。なんにしてもこの「いいね!」数、例によって大した数字には見えないかもしれませんが、少し前まではウチのナンバーワンでした。

と言う前置きを踏まえて、その元ナンバーワンを撃ち落としたのが例の「巳の寝室」です。最初の方のやつです。具体的にはこのブログを書いている現在で「いいね!」数55まで伸びました。ちなみにブックマーク数も55、この記事を書いた約1か月前から+13です。

と言う事で、対抗馬として出した「巳の寝室 -別の夜-」と比較して、どんな状況になっているのか確認してみようと思います。

pixivのアクセス解析による数値を基にして、12/3から今日までの約1週間を対象とした集計を質素(数値的にも)な表にまとめてみました。また、表中の「BM」は「ブックマーク」の略、「いいね率」と「BM率」は閲覧数による割合です。

table_171209_01.jpg

母数が少ないのでちょっとの差が大きな結果として表れていますが、その件に目をつぶって比較すると「いいね率」で約5倍、「BM率」で約2倍の差が出ています。また、それぞれの作品の投稿時期に約3か月の差がありながら、閲覧数がほぼ同じと言う事も注目すべき点だと思います。

そういった状況をまとめると、最初のシャアたんは投稿から約5か月たった今も元気いっぱいのようです。がんばれ、後の方のシャアたん。

何がその差を生むのか、これはもう憶測でしかないのですが「pixivのここから来ました」、いわゆる「リンク元」による違いが一つのカギになるのかもしれません。具体的には元気なシャアたんのリンク元は「pixiv公式アプリ(18件/51.4%)」、別の夜のシャアたんは「検索(16件/50%)」と、明確な違いが出ています。ただ、「pixiv公式アプリ」がリンク元として具体的にはどういうものなのかさっぱりわからないので、やっぱり単なる雲をつかむような話です。きっとシャアたんなら、「リンク元が影響してるのかもしれないし(しているのかもしれないし?)、していないのかもしれない~(えー、どっちー??)」と言うでしょう。

ドリームクラブ2017

bt_amane_01.jpg度々ブログの話題に挙げていますが、今年の目標の一つが「ホストガールを13+α人描く」です。11月23日に完了したナオさんの描き直しをもって、この目標自体は達成できました。

当初は単純に「ホストガールが全員揃った一枚絵があったらなかなか壮観だろう」と言う単純な動機だったのですが、微妙に方向性が変わったのは3月に「劇団ドリームクラブ」の最終公演が行われてからでした。実際観劇していて「せっかくだから劇ドリに捧げるようなものにしようか」と思った訳です。と言っても具体的な変更点は「+α(=受付さん)」に「ユウとエル」が加えられただけなんですが。

そういった経緯もあり、一枚絵にまとめる際に「舞台っぽくする」「最終公演が行われた施設の位置する『築地本願寺』を取り入れる」と言ったアイデアがあったんですが、上手くまとめる事が出来ず、結局「描きながら徐々にまとまってきたカラフルタイプ」「意外とその発想が出てこなかった集中タイプ」「当初からイメージがあった逆光タイプ」の3枚が完成しました。

pixiv_171203_01.jpg

ちなみに、1枚目と2枚目はそれぞれ1920x1080pxになっていて、Windows10の場合1枚目(人物無し)をロック画面、2枚目を通常の背景に設定するとログインする際にいい感じだと思います。

併せて、ちょうどこの目標に取り組み始めたころに、Twitterで「モーメント」の機能を知って、制作過程をコツコツとまとめてきたものをさらにまとめてみましたので、ブログに埋め込んで、、、みたら内容すべてがズラーッと表示され、やたらと長くなってしまったので、ツイートの方を埋め込んでおきます。

CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 04

bt_nao_02.jpg私なんかがpixivにあげるような作品は、仕上がりサイズに関する計画性がほとんどないので、とりあえずA4で描いて、何となく4:3とか正方形とかにトリミングして仕上げると言う事が良くあります。ただ、基のファイルをトリミングするのは結構度胸がいるので、IllustStudioを使っていた頃は、基のファイルをコピーしてトリミングするかPNGで書き出してそれをトリミングすると言う方法をとっていました。

そこで発生する問題が「トリミングしてる時にミスを見つけてしまう事」です。コピーしたファイル(IllustStudio形式ファイル)を使用している時はついそのまま修正しちゃったりするのですが、それだと基のファイルとの誤差が発生しますし、基のファイルを修正するにしてもまたコピーとか書き出しとかして、結局トリミングはイチからやり直しです。

トリミング自体そんなに大した作業ではないにしても、やっぱり思うのは「よくある『外部参照』的な機能があればいいのに」と言う事だったのですが、CLIP STUDIO PAINTでついに追加されました。それが「ファイルオブジェクト」です。

利用方法の一例ですが、SNSにアップするために完成、未完成に関わらず作品の全体または一部をトリミングしたい、と言うシーンにおいて、

1. 希望するサイズのキャンバスを作成する。(例えばこのブログの記事エリアの幅に合わせて406pxの正方形) clip_studio_paint_171126_01.jpg

2. 「ファイル」>「読み込み」>「ファイルオブジェクトを作成」を選択して、希望のファイルを読み込む。 clip_studio_paint_171126_02.jpg

3. 基の解像度を保ったまま自由に拡大縮小できるので、キャンバスサイズに合わせて配置する。(画像はプロパティの一例) clip_studio_paint_171126_03.jpg

4. 好みの形式で書き出す。 clip_studio_paint_171126_04.jpg

と言う方法で作成すれば、ファイルを書き出してトリミングする必要もなければ、基のファイルを変に編集した状態でうっかり保存してしまうと言う事も無くなるでしょう。また、それと併せて、基のファイルを編集すればファイルオブジェクトを設置した側にも反映されるので、いちいち書き出しや読み込みをする必要がなく、管理が楽になります。

もう少し掘り下げられそうなので、あと何回かファイルオブジェクトについて書いてみようと思います。

巳の寝室 -別の夜-

bt_moutan_01.jpgpixivは特に海外で新規ユーザー獲得のためのキャンペーンでもやったのでしょうか、最近妙にフォロワーさんが増えています、特に海外の方の。増えていると言ってもぽつぽつと言う感じですが、何にしても興味を持っていただけるのはありがたい話です。ただこう見えて私、R18のイラストは描かないので、そっちの方で期待されている方がいたらと思うと申し訳なく思います。

さて、先週修正したえとたまのシャアたんのイラスト。pixivにはアップロードしないつもりだったのですが、その後もちょいちょいブックマークなどが増えて、そんなに大騒ぎするような数ではないにしても自分としては「こっちの方がいいんだよ!」と思わずにはいられないので、結局アップロードしました。

ただ、再アップロードではなくてあえて新規でアップロードして、基のヤツにぶつける感じにしてみました。現在「巳の寝室」がほぼ3ヶ月でブックマーク数37なので、今回の「巳の寝室 -別の夜-」がそれを超えたらシャアたんの勝ち、超えられなかったらシャアたんの勝ち。どっちにしてもシャアたんが勝つ出来レースなのかもしれないし、そうじゃないのかもしれません。

pixiv_171118_01.jpg

まあ、私の予想では、3か月後に私自身がこの事をすっかり忘れてる結果になると思います。

修正「巳の寝室」

bt_asuka_01.jpgpixivに「いいね」や「ブックマーク」の機能がありますが、私自身があまり気にしていないせいか、私の作品もそういった概念とは結構離れた世界にいて、いずれも10を超えたら大分高い値だと思います。そんな中なぜかやたらとブックマークを稼いでいるのが「巳の寝室」(「えとたま」のシャアたん)です。具体的にはこのブログを書いている時点でブックマーク数32です。平均的な値から見たら大した事無いかもしれませんが、ウチにおいてはナンバーワンの実績です。

そんな事もあり最近改めてこの作品を見ましたが、結構怖いと言うか、気持ち悪いというか、「なんでこうなっちゃったんだろう」と思いました。当時はこれでよかったのかもしれませんが、多分「目」と「舌」が良くないんだと思います。

と言う事で修正してみる事にしました。実際手を加えてみると他にも気になるところが出てきたので、それらも併せて修正点を挙げてみます。(つか、修正の工程を記録しておけば、ブログネタが一つ稼げたな。失敗しました。)

syatan_171111_01.jpg
まずは顔、問題の目と舌をもっと普通にしてみました。もともとは一つのテーマとして「ヘビ女」があったのですが、ヘビの舌は人間の口に対してやっぱり構造的に無理があるのだと思います。せめて口を閉じていればよかったのかもしれません。というか、普通の舌になると今度は舌を出している必要性が薄くなり、これはつまり、、、何なんでしょうか。

目については、カラーラフの段階では上目使いで怪しい雰囲気にしようと思ったら、怪しいと言うか「妖」みたいな感じになって、完全に行き過ぎてしまったと言う経緯があり、そのため、遠慮して逆に見下ろすような視線にしたのですが、それもかえって良くなかったようです。修正してみると無難に正面(若干上目使い)で正解だと思いました。

syatan_171111_02.jpg
次に胸。体との結合部分が大分少ないような、立ち上がったら胸部の真ん中あたりから垂れ下がりそうな雰囲気なので、もうちょっと胸部全体に結合しているような表現になるよう修正しました。というか、この体の構成自体結構無理があるような気がします。腹部に対して胸部と言うか肋骨がやたらと大きいような。

syatan_171111_03.jpg
最後はタトゥー的なもの。もっと色が薄くてもいいのかもしれないと思ったので単純に透明度で調整しました。ちなみにこの模様、真ん中がシャアたんのマークになっています。ちょっと洒落てみました。

と言う事で全体的にはこうなります。全体的にも手を加えてあって、修正前よりも周りを暗い雰囲気にしてみました。こっちの方が背景と人物がより分離して見やすくなったと思います。

syaatan_fix_171111_01.jpg

一応pixivには再アップロードの機能がありますが、現在のいいねやブックマークは現在の状態に対してのものなので、修正結果はここに挙げておくだけにしておきます。

三連休のあれとかこれ

bt_alice_01.jpg今週はブログに何を書こうか考えてみたのですが、書きたい事がいくつかありながらもいづれも今一つ話がまとまらず、なんだか分からなくなってきたので断片的にいろいろ書いてみようと思います。

まず何と言っても「Ableton Live 10」の発表です。確かに現在のバージョンが9.7なのでそろそろかと言う印象はありましたが、とうとう来ました。実際の発売は2018年上旬。前回のアップデートが2013年3月頃だったのでちょうど5年ぶりです。一応概要は見ましたが、これまでの仕様を継承しつつ、変更するところはそれにとらわれず90度くらい曲げてみると言うような思い切りがあり、好印象です。

発売直前まで先行割引(9 Suite→10 Suiteで35,800円→25,440円)があるようなので、経済的な都合がつき次第予約しようと思います。

そんな流れに押された勢いもありますが、以前作った楽曲「サンデー☆シュークリーム(TimeOverMix)」のキックがスカスカなのが以前から気になっていたのでこの機会に再ミックスしてみました。そしてこれを使って「Pawoo Music」への投稿を試してみようと思った訳です。

イラストのSNS「pixiv」がなぜか始めた音楽系のマストドン「Pawoo Music」。これが「SoundCloud」の代わりを務めてくれるんじゃないかと個人的に思いました。が、結果としてはそううまくは行きませんでした。

何がうまくいかなかったかと言うとブラウザです。どうやら楽曲の投稿に関しては「Edge」には対応していないようです、少なくとも私が試した限りでは(2017/11/4現在)。じゃあ「Google Chrome」使えばいいじゃんって話なんですが、以前何度かOSを巻き込んで落ちた事があるので、出来たら避けたい選択肢です(他PCでは症状が出ないので、単純な「相性」だと思います)。

と言うところで動きが止まってしまったのでそれ以上動作確認できていませんが、多分その投稿をブログに埋め込む事は出来ないような感じです。投稿するとスペクトラムアナライザーがビジュアルエフェクト的に追加されるので、いいなーと思ったんですけど。

と言う事で、再ミックスしたそれを「SoundCloud」へあげようかとも思ったのですが、再ミックス前のものがすでに上がっていますし、あえて追加するほど大きく変わっている訳でもないので、それもどうかと思い、結局それは行くあてのない作品になってしまいました。個人的に聴いて再び反省点を探すのに使ってみようと思います。

まとめると、「Ableton Live 10」以外は思ったよりもぱっとしない結果になった三連休という感じです。まだ終わっていませんが。

割と終盤2017

bt_amane_01.jpgあっという間に今年も残り2か月となりましたので、今年の目標の進捗を確認してみようと思います。

今年の目標は「ホストガールを13+α人描く」なんですが、まさに昨日、13人目が描きあがりました。と言ってもここまでは大して不安はなかったので、妥当な線だと思うところもあるのですが、やはり13人揃うとなかなかの満足感があります。

ちなみに、改めて考えると今月(10月)は3人描いていて、序盤に比べるとなかなかのハイペースです。やはり焦りが出てきていたのだと思います。実際、あと2枚描くつもりではいるので、あまり油断はできないと思っています。

というか、最終的には1枚の絵にまとめるつもりなんですが、そういったプラン、アイデアは全くありませんので、まあ、困ったものです。(全くの他人事感)

そう考えるともう一つの目標「ニコマスを描く」はやっぱりアウトなのかなとも思うのですが、何とかならないものでしょうか。(ダメ押しの他人事感)

と言う訳で、とりあえず13人並べてみました。最初から分かっていた事ですが、やっぱりとんでもなく横に伸びました。

hostgirls_171030_01.jpg

鏡の中とパラダイス

bt_amane_01.jpgすでに何回か書いていますが、今年の目標は「ホストガールを13+α人描く」で、現在12人描けました。最終的には全員を一枚絵にまとめようと思っているのですが、それとは別に何となく勢い的に「小グループ」的なまとまりも出来てきました。

その一例が「アイリ」と「ノノノ」なんですが、この二人はキン肉マンで言えば「超人師弟コンビ」、あるいは「ロビンマスクとケビンマスク」でしょうか、そうなんでしょうか、何言ってるのか分からなくなってきましたが、とにかく、二人は仲良しと言う訳です。

と言う事もあり、二人だけでもまとまるようなポーズにしたのですが、これが思った以上にうまくまとまって、ちょっと加工したらばっちり組めるようになりました。

ili_and_nonono_171022_01.jpg

それに気をよくした私は、これをシングルカット的に一枚絵としてまとめようと思った訳です。

pixiv_171022_01.jpg

ただ、もともと予定していなかった事なので言うまでもなくノープランによる作業となり、やっぱり何とも言えないやっつけ感はあります。ですがその割に、

  1. IllustStudioで描いて
  2. Illustratorで背景を作り
  3. CLIP STUDIO PAINTでまとめる

と、なかなか贅沢なアプリケーションの使い方をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示