2016反省会(イラスト肯定編)

bt_amane_01.jpgイラストの描画と言う点において、最近良くない流れになってきているので、年末のついでに今年描いたイラストの「良かったヤツ」を振り返って、流れを変えたいと思います。

今年の描画数は単純に「pixiv」と「ニコニコ静画」にあげた枚数で計上すると、33点でした。と言っても、描き直したり流用したりと言ったものも少なくないので、「作品」として完成したものは8点くらいです。

しかしここでは「作品」にこだわらず、単純に自分で気に入っているものを挙げますが、そうなるとまずは文句なく「辻小芽ちゃん」です。

illust_2016_161231_01.jpg
全体

illust_2016_161231_02.jpg
バストアップ

何度かブログでも書いているのでここでは詳細を書きませんが、自分のイメージをそれなりの水準で具現化できた事と、ソフト内での効率性向上に貢献したという点で今年を代表する1点です。

次は「キュアイーグレット」。改めて考えると、今年はこれくらいの大きさ(B4横に上半身)で人物を描く事が少なかったように思います。と言うのもそれまでが人物の全身を描く事が少なかったので、意図的に全身ばかり描いていたと言う事ではあるのですが。

illust_2016_161231_03.jpg

これくらいの大きさだと細かい所まで描き込めるので、そういった意味で描いていて気持ちよかったですし、改めて観ても自分の好きな線の流れです。そう考えると、最近全身を描く時のキャンバスサイズはB5の350dpiなんですが、もっと大きいサイズでもよいのかもしれません。

最後に「ドリームクラブのるいさんに似た誰か」。普段こういう感じの表情を描かないのですが、それでもイメージをそれなりに具現化できているのでよかったと思います。でもこのイラスト、実は一番気に入っているのは背景のミラーボールの表現です。

illust_2016_161231_04.jpg
全体

illust_2016_161231_05.jpg
バストアップ

自分で良かったと思える作品は、他の方の良い作品を観た後でも「でもコレ(自分の作品)も悪くないよね」と素直に思えます。ちょっとでも隙がある作品だと他の方の作品を観た後「なんで私なんかがイラスト描いてるんだろう、、、」と言う気持ちになります。そういった後悔が少なくなるように来年も描けていけたらいいなあ、と思います。

アイ・テノゴール(テキサス出身)

bt_asuka_01.jpgふと「最近はオリジナルの歌を作ってないな」と思ったんですが、振り返ってみると私の作る曲のほとんど全ては「エキサイティンソング」だった事に気が付きました。そんな訳で、12月8日はうちへかえろう、「バトルドーム発売祭冬」です。

ですが気がついた時には動画をツクってるような時間もなかったので、イラストを描く事にしました。予定では十分余裕があるはずだったのですが、小路さんの反省会が始まってしまい、「小路綾を描けずにアイ・テノゴールを描ける訳がない!」と、よく分からない勢いで1週間予定が後ろに倒れて、結局結構ギリギリでした。多分何かやり忘れています。

ai_161208_01.jpg

pixivとニコニコ静画、どっちがバトルドームかと言えばやっぱり「ニコニコ静画」だと思うので、そちらにあげてあります。と言ってもpixivにも89万引いたバージョンをあげています。

アイ・テノゴール(ver.-890,000) | プロフェッサーアン [pixiv]

ちなみに「なんで腹筋がそんなにマッチョメなの?」と思われるかもしれませんが、それほど深い理由と必要性はありません。以前ドリームクラブのあすかさんを描いた時、描いてる途中で「あ、腹筋描こう」と思ったのですがやはり途中からだと無理があったので、いつか下描き段階から描いてやろうと思っていて、そのいつかが今だった、ただそれだけです。魅力的な女子腹筋としてはもう一歩、二歩、散歩と言った感じだと思います。また描かなきゃ、、、

反省会綾

bt_dolma022_06.gif前回は「機会があったら何とかしたいと思います」とか言ってましたが、実際のところ翌日には気になりすぎて一日中悶々としていました。と言う訳で小路さんを同じ構図で一から描き直しました。

失敗後の描画と言う事もあり慎重になりすぎためか、または単純に平日作業なので一回一回それほど時間を取れなかったせいか、なんだかやたらと時間がかかりました。今週の予定はすべてパーです。(「予定がパー」って今どきのヤングジェネレーションも言うんでしょうか?)

aya_161203_01.jpg

あんまり早く描こうとするとどうしても一旦寝かせて冷静に見直す、と言う作業がおろそかになるので、あんまりよくないなと思いました。

と言う事を踏まえ、集合絵の方も差し替えてみました。せっかくなので大宮さんも修正してあります。

kiniro_mosaic_161125_02.jpg
とにかく横に長いのでlightboxの使用も避けました。普通に別ウィンドウで開きます。

とかなんとかやってる間にもう12月ですか。なるほど。

きおくいろモザイク

bt_dolma013_11.gifそんな訳で、一人で細々とニコ生をやりながら描いていた「きんいろモザイク」のキャラクターがとりあえずまとまりました。

前回の「記憶の中のご注文はうさぎですか?」と比べると、なんだかすごく描きやすかったのですが、それは私自身が記憶目的で一生懸命作品を観ていたからかもしれません。

それはそれで、変な意味で面白くないので、次にやる時は「描く三日前から視聴禁止」とかにしてみるのもいいかもしれません。ただそうした場合、例えば三日間きんいろモザイクとかご注文はうさぎですか?とかが観れないと考えると、、、つらいッス。

kiniro_mosaic_161127_01.jpg
横に長いので全然サムネイルに収められませんでした。

本当は綾ちゃんがいまいちだったのでやり直そうかとも思ったのですが、記憶力お絵かきとしては何となく一発勝負的にとらえているところもあるので、とにかく描いたものをそのままあげる事にしました。反省するところは反省点として取っておいて、機会があったら何とかしたいと思います。

ちなみに、個別のイラストはやっぱりニコニコ静画にあがっています。

まかせて★スプラッシュ☆スター★

bt_dolma022_20.gif最近は「観た事ないアニメ」のイラストを描くことが多いなと思います。と書いて調べてみたら実際にはこれと「コメットさん」の二つだけでした。少なくとも年内では。数の話は置いておいて、なぜそういった事になるのかと言うと最近は「曲から入る」事が多いからだと思います。「何のアニメの曲なのか分からないけどこれいいな」って感じで。そして調べてみたら10年前のアニメで今更観る機会もないとか。

で、前に書きましたがそういった経緯で購入したのが「プリキュア オープニングテーマコレクション 2004~2016」で、その中からどれか一曲選ぶとしたらどれだろうと、聞かれてもいないのに考えたところ、すごく悩みましたが「まかせて★スプラッシュ☆スター★」に決まりました。

と言う訳で描いたのがこのイラストです。なにがどう「と言う訳」なのかは私にも分かりませんが。

splash_star_161113_01.jpg

意外とこれくらいの大きさで人物を描く事が少ないので、面積の大きさと構成する要素の細かさで塗るのにそこそこ苦労しました。特にキュアブルームの髪を描いている時は学生時代に聞いた「仏像が袈裟をどのように纏っているか」という学術的研究の話を思い出しました。

ちなみに、キュアイーグレットはそれだけでも行けそうだったのでシングルカットしてニコニコ静画にあげておきました。

splash_star_161113_02.jpg

それはそれとして、オープニングコレクションが出たので今度は「エンディングコレクション」が出ればいいなと思います。

「エッチな写真撮ろうとしたでしょ!」

bt_asuka_01.jpg辞書によると「文化の日」とは、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」との事です。

イラストを描く方だと割とそんな事あると思うんですが、ある時突然イメージが頭にフッと浮かぶので、特に理由も必要性もないのにやたらとそれを具現化しなくてはいけない気がする、そんな事が私にもたまにあります。つまり今回のイラストはそんな感じのモノなので、季節感も文化の日も全く関係ありません。なにやってんだろ、私、、、

本当の事を言えばこのイラストには二つの課題があったような気がします。一つは「ローアングル」、もう一つは「Tシャツを透けて見える水着」。と言う事を踏まえて改めてみると、どちらもそれほど結果を出せていないような気がします。

苦手なんですよね、極端なアングルをつけて描くのが。

girl_161103_01.jpg

それと、もうちょっとまともなタイトルは思いつかなかったんですかね。これは。(まるで他人事)

最近ニコニコ静画にあげたもの3点

bt_asuka_01.jpg「pixiv」と「ニコニコ静画」、この二つのサービスを両方利用したのは今考えてもどちらかと言えば失敗だったともいます。だってどっちも根本的には同じじゃんって話になってきますよ、コレ。

そうは言っても今更どっちか停止するのも何なので、特に最近は、「pixiv=作品として完成したもの」、「ニコニコ静画=思い付きで描いたカット的なもの、または完成した作品の別バージョン」と言うように使い分けるようになりました。

その結果、「pixivにあげたものは作品として完成しているのでブログで報告する」、「ニコニコ静画にあげたものはそうでもないのでブログにも書かない」と言うような差別化も発生しています。

ただ実際には、試験的に描いたカットのようなものの方が個人的に気にっていたりする事もあり、なんかもったいない感じもするので最近描いたものから3点、ブログに載せておこうと思います。(それぞれクリックするとニコニコ静画にとびます)

sasame_160918_01.jpg
三者三葉の「辻小芽ちゃん」。「いいんじゃん、そこまで色管理しなくても」と言う勢いで描いた結果、実際色を管理しなくても問題ない事が分かり、その後の作業速度加速に大きな影響を与えた一品。なぜかドリクラのノノノさんの格好。

uritan_160918_01.jpg
えとたまの「うりたん」。やっぱり割と軽いノリで描いているのでレイヤー効果(発光)の処理が適当です(青くはみ出した感じになっているところ)。描き終わった後に耳を描いていない事に気が付いたのも、今では良い思い出です。

kanon_160918_01.jpg
あにゃまる探偵キルミンずぅの「羽鳥カノン様」。先日描いたイラストではその構成上せっかくの水着があんまり目立たないので、別途描いてみました。それはそれとして、カノン様の髪はどう描けばいいのか、私にはもう分かりません。

また機会があったらまとめてみようと思います。

夏の思い出 カノン様

bt_dolma022_06.gif以前にも同じようなテーマで描いたのですが、改めて見るといろいろとヤバい感じだったのでいつか描きなおしたい、と思ったのが事の始まりです。

で、描きあがったのが今回の作品です。つまり、これを今の感覚で描くとこうなる、と言う事でしょうか。何にしても比較的思ったように描けたのでよろしいのではないかと思います。ただ、背景を描くのは、面白くないし、面倒くさい、、、(あーあ、言っちゃったよ。)

illust_link_160904_01.jpg

ついでに、描き込んだ割に目立たなかったので、カノン様の汗ここに載せときます。

kanon_160904_01.jpg

ドリームクラブのようなどこか

bt_mari_01.jpg全然関係ない話ですが、「キュアビューティー」を名乗るのはそう容易い事ではないのだろうと思いました。自分が名前に負けず、他人がそれを認めるには外面よりも内面が重要になってくると思います。つまり「ビューティー」とは外面ではなく内面の美しさを表しているのかもしれません。

それはそれとして、正直これはあげようかどうしようか悩んだ作品です。悪くはないですが良くもない、でも何がそう思わせるのかわからない。私にとってはそんな位置にある作品です。

でもまあ、一応描きあがった訳だしあげるだけあげてみました。やっぱり人には描けるものと書けないものがあると、改めて思いました。ちなみに、pixivは玲香さんっぽい誰かに、ニコニコ静画はるいさんっぽい誰かにフォーカスがあっています。

ようこそ!ドリームク、、、どこだここは? by プロフェッサーアン on pixiv

「ビューティー」と同じように「ピュア」もやはり外面ではなく内面に宿るものであり、つまりお二人ともそんな顔してますがやっぱりここはドリームクラブなのかもしれません。

reika_160821_01.jpg
これくらい寄るとそんなに悪くない気もしてきます。

記憶の中のご注文はうさぎですか?

bt_giant_ozaki_04_01.gifある時ふと「そうだ、記憶力だけでどれくらいキャラクターが描けるかやってみよう」と思ったわけです。学生の時なんかは友達とそんなことして遊んでいた事もありました。で、描けそうな気がしたので選んだのが「ご注文はうさぎですか?」

そんな事をニコ生で配信していたのですが、この度メインキャラクターの5人が描き終わったので、1枚にまとめてpixivにあげてみました。

記憶の中のご注文はうさぎですか? by プロフェッサーアン on pixiv

描く前の自信としては

  1. シャロ
  2. 千夜
  3. リゼ
  4. チノ
  5. ココア

だったのですが、結果の自己採点としては

  1. チノ
  2. シャロ
  3. ココア
  4. 千夜
  5. リゼ

です。リゼさん、なぜこうなったのか。(まるで他人事)

ちなみに個別のイラストはニコニコ静画にあがっています。→コチラ

人間の記憶力と女の言う事なんて、あてになんないんだよなぁ、、、

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画