描けない時にいろいろ書いてみるブログ

bt_chihaya_02.gifそんなに、Ableton、Ableton、DJ、DTM、DJみたい事ばかり書くのもいかがなものかと思うので、このブログの本来の目的に近い方向で何か書こうかと思ったのですが、最近また描けない時期に入りました。とは言っても、12月に動画をあげる予定があるので、そんな事も言ってられず、とりあえず描いて乗り切るしかないと思います。と言うような事を書くのもこれで何回目なのでしょうか、、、

と書きながら、方向性が似ている話題として「CLIP STUDIO PAINT」(以下「CSP」)について、思い出した事を書いておきます。

未だに私は「ComicStudio」(以下「CS」)、「IllustStudio」(以下「IS」)ユーザーなのですが、CSPのEXのライセンスだけは何故か2つ持っています。そんな事もあり、また、時代の流れ的にも使えるようになっておいて損は無いだろうと、過去数回挑戦し、挫折しているのですが、先日改めて挑戦し、やっぱり挫折しました。今回の原因は「ベジュ曲線が描けない」と言う事です。私としてはロングヘアーの様な長い曲線をきれいに書く為にベジュ曲線を使用した定規が絶対に必要なんですよね。

illuststudio_151128_01.jpg

ただ、これも以前から気になっていたことなのですが、CCもISも定規を使用して描画した線が妙にギザギザするんですよね。使い始めた頃はそんな事無かったような気もするので、もしかしたら何か設定をいじってそのまま数年経っているのかも知れないのですが、これも何度か調べているので、多分そんな事は無いと思います。多分。

そんな事もあり、CSPに乗り換えたいのですがなかなかそうも行かないと言う状況が続いていて、そしてこれからも続いていくのだと思います。というか、CSPならギザギザしないかどうか分からないのですが。

ついでにリハビリ的に描いて、ちょっと描けそうな気がしてきた亜美さんを載せておきます。

ami_151128_01.jpg
あんまり小学生っぽくないなぁ、、、と言うか、いつの話だ、それ。

コンビニの光沢紙及び生きると言う苦悩

bt_dolma018_01.gifもうここ数年は作るのも使うのもデジタルと言う状況なので、少し前にプリンターはしまってしまいました。ただ、カラーのイラストを描いた時、「制作環境以外で作品がどのように見えるか」を確認する為に、別のモニターやスマートフォンで作品を表示させる事があり、その一環として印刷物の確認を行う事もあります。もちろんその作業が必要か、必要でないか、と言う事で言えば全く必要ないので、完全に個人的な楽しみですが。

そんな時、近所のコンビニエンスストアのコピー機を使います。最近では様々なメディアからPDFを印刷する事もできます。また、そういったサービスがあるからプリンタをしまってしまおう、と言う事にもなりました。

ただ、近所のコンビニエンスストア、もう何ヶ月も前から「光沢紙」の裏表が逆なんですよね。いつも裏面に印刷されて出てきます。あくまでも「印刷するとどうなるか」を確認したいだけであって、「裏面に印刷したらどうなるか」を実験したい訳じゃないんですよね、、、

お互いの為にも店員さんに教えてあげた方が良いとは思うんですが、

「あ!そうなんですか!すいませんでした!じゃあ今回の印刷分は返金するので印刷物確認させてください!あらあら!なんですかこれ!かわいいですね!お客さん描いたんですか!?お客さんが描いたの!あらー!マンガのキャラクター!?何てマンガ?あにゃ、、?え、何?もっと大きな声で!ハイッ!」

みたいな事になるのもやだなぁ、と思いますし、返金になったら当然印刷物は店舗回収と言う事になります。

「これ、お店に飾っときましょうか?」

そんな事にはならないにしても、結局毎回裏面に印刷された印刷物を逃げるように持って帰ってきます。

生きるって難しいです。

photo_150901_01.jpg
でも意外とよく印刷できてます。

そろそろPCを買い換えようか悩む話

bt_dolma003_05.gif最近は、いまひとつブログに書く事があるようなないような日が続くのですが、とりあえず、PCを買い換えようかと思っている話を載せておこうと思います。

今使ってるPCのスペックを簡単に書いておくと、「Core2 Quad 2.33GHzの8GBメモリ」です。これで困るかと言うと、本気を出さなければ大して困りません。むしろ快適です。

では「本気を出した時」とはどのような時か、具体的には

  • ニコニコ生放送を配信している時
  • DTMでそれなりの楽曲を作っている時
  • イラストの効果で「ぼかし」を使用する時
  • 動画の難しい編集

と言う感じだと思います。この中でも比較的日常的にスペック不足を感じるのが「ニコニコ生放送」です。ただ、私がやっている放送の内容を考えると、それだけの為にPCを買い換えるのもどうなのだろう、と言う感じで、いまひとつ決定打に欠けます。

むしろ今回買い替えを検討するきっかけになったのは「DTM」です。

先日書いた「サンデー☆シュークリーム(TimeOverMix)」、その時のトラックがこんな感じなのですが、再生するとCPU使用率が70%前後になり、ノイズ、音切れが多発するのでミキシングどころではありません。まあ、このトラックの組み方が良いのかどうかという事もありますが。

live_150724_02.jpg
(クリックで原寸大)

ですがこんな時、DAWには「フリーズ」と言う便利な機能があります。簡単に言うとトラックの編集が出来なくなる代わりにCPUの使用率を抑える機能です。実際、可能なトラックを全てフリーズするとCPU使用率は20%程度まで下がるので、問題なくミキシングも出来ます。

ただ、私作業の途中で気が付きました。フリーズとはすなわち「トラックをwaveに変換している」と言う事に。つまり「フリーズ→解除して編集→フリーズ」という事を繰り返していると、その分waveファイルが溜まっていく事になります。作業の途中で調べてみたところ、その時点で約5GBの使用されていないフリーズサンプルが存在していました。

このご時勢、5GB程度なら腰が抜けるほどの容量ではありませんが、「そうかー、未使用のファイルが5GBかー、、、」という気分にはなりますし、何しろ「フリーズ→解除→再フリーズ」と言う編集はやっぱり面倒臭いです。

それらがPCスペックによってどの程度改善するのか、本当のところははっきりしないのですが、何にしても先立つものが用意できてから考えればよい事なのかも知れません。

誤算2015

bt_dolma003_05.gif「ごさんじゅうご」と「ごさんにせんじゅうご」って、そこそこ語呂が合ってて幸先いと思いました。

さて、遊ぶのに一生懸命になっていら、いつの間にかブログの更新もやや間が空いててしまいました。とりあえず前々から思っていた、ココ数ヶ月の間にあった「アイヤー」な出来事を書いてみます。

まずは体重について、体重が増えても別にそんなに気にしないのですが、ただ、服が着られなくなるのであれば話は別です。私は細めのスーツが好きなのですが、流石にパンパンになってしまってみっともないので体重を落とす事にしました。また新しいスーツを作るとなると、そこそこの出費になりますから。

私としては「普通に生活して太ると言う事であれば、それは食事を取りすぎなのだろう」と考えるタイプなので、単純に食事を減らしてみる事にしました。(一日完全二食、間食もなし、1回の食事量も従来比50%~80%)

その結果、約2ヶ月で概ね8kg程度落ちたのですが、今度はスーツがダボダボになりました。結局スーツは新調しなくてはならないようです。ちなみに、体重を何処まで落として、どうやって止めればいいのか、よく分かりません。

次がコンデンサーマイクです。コンデンサーマイクを私が買う必要があるのかないのかで言えば全くないのですが、やっぱり見てると欲しくなりますし、「もし自分の歌に生のボーカルを入れるとしたら必要」と、いらない妄想も手伝って買ってしまいました。(誰が歌うんだよ)

購入にあたって、やっぱりニコニコ生放送も視野に入ってくるので、ミキサーとの接続を考えたのですが、前にも書いたように私のミキサーのファンタム電源は15Vくらいです。となると、別途電源が必要になってきます。

そこで目に付いたのが「真空管コンデンサーマイク」。真空管を使うと言う事で専用の電源が付いてきます。また、物によってはケースやショックマウント等一式付いて14,000円程度で購入できるので、自分のような素人には都合が良いです。簡単に言えば、結局例によってBehringer製品のお世話になったと言う事です。

ただ、電源は電源であってアンプではないんですよね。当たり前ですが。ミキサーとの接続だったらまだいいんですが、手持ちのポータブルなMTRにつなげたら音量が足りませんでした。となるとやっぱりプリアンプが必要になりますが、プリアンプには大体48Vの電源が付いているので、つまり、結局、、、何?みたいな感じになりました。

最後に丁度今日あった事。最近ずうずうしくもニコニコ生放送でDJ放送(曲を流すだけ)をやり始めて、専用の放送画面を作りました。実際放送する前に何度も動作確認はしたのですが、やっぱり実際にやってみないとわからない事もありますよね。と言うか、テストするのであれば可能な限り本番の環境に合わせないとダメですよね。改めてそう思いました。コメントビュアーの事をすっかり忘れていました。

nicolive_150503_01.jpg
想定

nicolive_150503_02.jpg
誤算

最近の記事の訂正を2件

bt_dolma026_11_01.gifさむいです。4月だと言うのに異例の寒さで机やキーボードに体温を奪われながら書いています。

それほど重要な話でもないと思いますが、比較的最近書いた記事の内容について、実際はそうではなかった、あるいはそうではなくなった事を書いておこうと思います。

まずは、平成27年1月24日日に書いたノイズが消えた話について。単純に消えてませんでした。おかしいな、その時は明確に消えたと思ったのですが、最近になってまた出ている事に気がつきました。

これはいわゆる「ハムノイズ」かと思ったのですが、たまたま最近ハムノイズを体験する機会があり、どうもそれとは違うような気がします。ですが、USBミキサーのUSBを外したり、オーディオインターフェースとUSBミキサーの接続を外すと消えるあたり、やっぱりハムノイズ、すなわちグランドがループしているのか?とも思います。とは言え、私にとって重要なのはそれがハムノイズかどうかではなく「聞えるのか聞えないのか」という事なので、単純にボリュームを可能な限り絞って対応しています。

もう一点は平成27年3月22日に書いた、うちの「Niconico Live Enccder」の話。その中で、とりあえず「640x480」でやってますと書いたのですが、唐突に「960x720」になりました。単純に「もうちょっときれいに見えてもいいんじゃないかな」と、いまさらながら思った訳です。

IllustStudioを使ってると、回転や拡大がやっぱり重くなったような気がしますが、元々重かったですし、描画は特に問題ないので、許容範囲だと思っています。

以上です。よろしくお願いします。

失敗!如月千早(2回目)

bt_chihaya_03.gifやっぱり下絵が終わった段階で一晩くらい、少なくとも3時間くらいねかせた方がいいと思うんですよね。時間をおく事によって、目を離すことによって、自分が描いた絵の中の「どこかおかしい」ところがはっきり見えてきます。

先日、2月25日は如月千早さんのお誕生日だったので、私も勢いでイラストを描いたのですが、これがまたおかしな事になっていました。具体的には首が長いんです。実際、人間の首は意外と長いので、これくらいでいいだろうと思ってたんですが、やはりそこは「現実」ではなく「作品」として良い方を選ぶべきでした。

千早さん対しても、自分の作品に対しても申し訳なく思い、可能な範囲内で修正してみたのですが、改めてtwitterにあげるのもしつこいし、pixivにあげると言う前提で描いた訳でもないので、ブログに載せておこうと思います。

chihaya_150225_01_thumb.jpg
修正前

chihaya_150225_02_thumb.jpg
修正後

それぞれクリックでもうちょっと大きな画像が出ます。

次に、千早さんを描く時は上手くいくといいなーと思います。(運任せ)

埼玉県民、USBメモリに驚く

bt_dolma003_05.gifPCのスキルや利用頻度に関して、私自身としては全国的な平均値を下回ってはいないつもりです。ですが、いまの環境で十分満足しているので新しい情報に触れないせいでしょうか。ちょっとした機器でも意外な事になっていて驚かされます。

事の始まりは、プリンタを使う機会が減った、と言う所から始まります。全く使わない訳ではないのでしまってしまうのもどうかと思っていたのですが、かといって出しておいてもジャマです。そこで、ちょっとしたものならコンビニエンスストアでプリントすればいいやと思いました。

となると、どうやってデータを持っていくかと言う事になったのですが、ネットワーク経由だとユーザー登録やアプリのダウンロードなど、かえって煩わしいと感じました。物理的に持ち運ぶのなら単純にSDカードでも悪くありませんが、それだとちょっと小さすぎるので、ある程度の大きさのあるUSBメモリが良いと思いました。とか書いてみましたが、実際の所、前日手に入れたクロステルマン中尉(ストライクウィッチーズ)のキーホルダーを付けたいだけです。

と言う事で、秋葉原に寄ったついでに物色してみましたが、まず予想以上に安い。メモリに関してはいまの世の中、私が思っているよりもはるかに安くなっているのは分かっていましたが、それにしても安い。せいぜい4GBあればいいと思っていたのですが、16GBで1000円。キリがいいのでそれにしましたが、多分もっと安いのはいくらでもあるのだと思います。

それと、形が違う。最近では近所のスーパーでもUSBメモリが売っていて、スライドして端子を出したり引っ込めたり出来る物もある事は知っていましたが、今回買ったやつはとにかく私の知っているUSBの形では無い(写真参照)。間違って何か違う規格の機器を買ってしまったのかと思いました。

価格も技術も競争が激しいのでしょうか。ありがたいとは思いますが、そちらの業界はこれでやっていけるのか、勝手に心配になったりもします。

usb_150224_01.jpg
ハーイ、マイネームイズ、ペリーヌ。(特に意味は無い)

「ブラッディ・ヴァレンタイン」で苦労した事

bt_dolma018_14.gifさて、ブログに書こうと思うネタがいくつかあるので、何を書こうかと思ったのですが、前回の記事で自分が描いた作品について、「色々苦労があったので、次回はその事について書こうと思います」と言っている事に気が付きました。ですが、その苦労が何だったのか、すいません、もう覚えてません。

そんな訳で、作品自体を改めて見直してみたら、何となく思い出しました。そうそう、途中まで色を塗っていたんですが、何か納得出来ない感じがして描き直したんです。塗りもそうなんですが、線がやっぱりまだ「細くしなくてはいけない」感にとらわれていて、塗りに負けている感じでした。

valentine_150129_01.jpg 最初に描いた線画

valentine_150206_01.jpg それに色を塗ったもの

valentine_150129_02.jpg 描き直した線画

背景を黒くしようと思っていたので、塗りもコントラストを強くしようと思っていたのですが、思った以上にそうなっていなくて、しかも妙にムラが出来ているのも気になります。その辺も「人がそうやっているから自分も」と、無理に真似しようとした結果が良くない方向に行ったのだと思います。

それと今まで線画の段階で描いていた髪の質感。その描き込み、以前からいらないんじゃないかと思っていましたが、やっぱりいらないみたいです。

まあ何にしても、今度から「次はこれを書きます」とか、へたに言わない方がいいかもしれないと思いました。

ペインホイールまとめ

bt_skullgirls_01.gif最近の自分を振り返って、描画について色々考えたんですね。もう少し厳しくバランスを見てもいいんじゃないかとか、対象を立体的に捉えた時にそれをどのように線で表現するのかとか。

そんな訳で普段あまり表現できていなかった角度で人物(顔)を描画する練習を行っていたんです。ペインホイール(スカルガールズ)で。何でペインホイールなのかというと、単純にかわいいからなんですが。で、そのスケッチに使っていたファイルもそこそこ容量が増えてきたので一旦締めて、ツイッターにダラダラとあげていたものをまとめてみようと思います。pixivにあげるほどでもないので。

painwheel_150125_01.jpg
こういう鼻が目にかかる角度は苦手です。

painwheel_150125_02.jpg
髪を下ろしたペインホイールがかわいいだけ。ついでに色を塗る練習。髪にグラデーションかけるのが流行っているように思います。

painwheel_150125_03.jpg
こういう角度も描ける様になりたいんですが、何か思ったような感じになりませんでした。

painwheel_150125_04.jpg
ただのネタ。もはや練習でもなんでもない。

結構良い練習になったと思います。

「ULTRA-PRISM」と私

bt_chihaya_01.gifそんなタイトルをつけるほど、私が「ULTRA-PRISM」(以下、ウルプリ)と深くかかわりがある訳でもないので恐縮ですが、そもそも私が始めてウルプリの曲と接したのは、、、いや、それはやっぱり「侵略ノススメ☆」になりますが、初めて強く意識したのは「るーるぶっくを忘れちゃえ」になります。

と言っても、インターネットラジオを聞いていたらたまたま流れてきて、当然タイトルもアーティストも分からなかったのですが、サビのところの盛り上がりが非常に心地良く、とりあえず何となくでメロディーと歌詞を覚えて、後で探そうと思った訳です。

曲の感じから恐らくテニスのアニメの歌だろう(何となく聞いていた人間にそこまでの印象を与えられると言うのも凄い事だと思いますが)と言う事で、最初は「てーきゅう」に目をつけたんですね。でも当然1期、2期とも当てが外れて、「あ、3期があるじゃん!」と期待はしたものの、もちろん作品が違うので結局しばらくお手上げ状態でした。

そんなある日、多分以前名前だけは聞いていたのか、ふと「『そふてにっ』てアニメ無かったっけ?」と気がついて、やっと見つかったと言うわけです。

アルバム「ULTRA-DATE!」は全体的な統一感があり、どの曲も聴いていて楽しくなってくるので気にっていますが、ニコニコ動画での承諾楽曲になっている事もあり、たまに生放送を行う際にお世話になっていますし、確かそもそもはそれが目的で購入したのだと思います。

そんなウルプリの2ndワンマンライブが本日ありました。一つ一つ書いていくととても書き切れないので箇条書きでまとめると、

  • 月宮さんの衣装の着替えが早い、設計の段階から考慮されていると思われる。
  • やっぱり生バンドがいると一味違う。
  • 小池さん、アニキから「会長」に昇格。
  • 月宮さんと小池さんのやり取りが面白い。小池さんの前説も良かった。
  • 衣装、映像だけでなく大道具的なものも月宮さんの手作りと聞いて驚愕。
  • ウルプリとつながるきっかけになった「るーるぶっくを忘れちゃえ」が聴けてよかった。
  • 次回からは「最後の曲です」→「ダイスケー!」の流れ。

と言う感じです。恐らく3時間くらいだったと思うのですが、本当にあっという間でした。次回は来年1月4日(日)にワンマンを予定しているようです。それ以外にもご出演の予定はあると思うので、皆様も是非。

ultra-prism_141109_01.jpg
なんだかイベント限定っぽいので思わず買ったCDと、退場時にいただいた手書きのメッセージカード。思わず匂いを嗅いだ事は黙っておこう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画