FC2ブログ

メイク ボイス メルト!

bt_riho_03.jpg修理に出たNovation「Circuit」ですが、現在絶賛対応中で見積もり待ちです。ただ、修理不能だったり金額によってはRoland「SP-404SX」に買い替えようかとも思っています。使用する電池、大きさがほぼ同じなので結構都合よいと思ったのですが、片や他には類を見ないグルーブボックス、片や純粋なサンプラー、似ている様で出来る事が大分違います。

そんな訳で、とりあえず流れ的に「アニソンからボーカルを抽出した」時の話を書いておこうと思います。思いますが、過去にそういった事を何度もやっている訳でもないので、大して参考にならない話です。加えて、やはりコピーライト上その結果をあげる事が出来ないので、なんとも具体性のない話です。

まず、使用した楽曲ですが「ハロー!!きんいろモザイク Music Palette 3」より「こはくいろパンプキン」です。オフボーカルは「練習用」と記載されているあたり、なかなか気が利いています。かわいいなぁ、穂乃花ちゃんは、、、フヒヒッ(気持ち悪い所)。

さて、それをとりあえずDAW(Ableton Live)に取り込まなくてはいけないのですが、単純にオーディオI/Fからライン入力で取り込みました。ただ、1秒間に44,100回サンプリングした(はず)の音声を2つ並べて、片方の位相を逆にして、ぶつけていらない音を消そう言うのにそんな雑な方法で良いのだろうかとも思うのですが、それ以外方法がないので仕方ありません。

取り込みが出来たらそれぞれのトラックを並べて、前回書いたように片方の位相を逆にして、並べて、再生すればボーカルだけ残るはずのですが、やはりそう簡単には行きません。まず、その1秒間に44,100回サンプリングした波形を、可能な限りぴったり並べなくてはいけないのですから、耳で聞いて「ダブってない」レベルでは対処できません。Ableton Liveで最大限オーディオクリップを拡大して、その状態で移動できる最小単位で調整します。

ableton_190224_01.jpg

具体的には上の図のような感じなのです。色的に見にくいですが、画像下部にある数字が時間を表しています。つまり前の数字と次の数字の間が1千分の1秒です。しかもこれ、数字を2つ表示するために遠慮気味に拡大しています。つまり実際にはさらに拡大して調整しました。

それぐらいシビアに攻めると確かにボーカルのみが残ってきます。ただ、やはり前述のとおり結構アナログな方法で取り込んだ影響でしょうか、1曲の間に数回「山」が発生し、きれいに抽出できるところと、そうでもないところが発生します。そのあたりはそもそも無茶な事やっているので、これが限界なのだと思います。

また、今考えると私のDAW環境上、さらに1秒間に48,000回のサンプリングに変換されるので、もっと根本的なところで気を使う必要があったのかもしれません。

と言う事で、今週は時間がないので、今回はここまでです(なかなかのやっつけ感)。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示