FC2ブログ

カモン アンド スピーク

bt_nao_02.jpgこのブログ、始めてから今年で10年経つみたいです、んなバカな、んなバカな、、、、。

動揺して何を書けばいいのか分からなくなってきたので、先日少し書いた「PO-35 speak」について、購入に至った経緯と軽いネタを書いておこうと思います。

そもそものきっかけは、「Circuit」です。いまだにちょいちょいいじっているのですが、やっぱり思うのが「パート(トラック)数の少なさ」。プロモーション的には「2シンセエンジン、4ドラムパート」と言われていますが、各ドラムパートは同時発音数「1」なので、使用感としては「2シンセエンジン、1ドラムパート(同時発音数4)」と言う感じです。

「何とかならんのか」と思い考えたのが、Circuitの導入により出番がなくなった「Pocket Operator」シリーズの活用。Circuitの出力をPocket Operetorの入力に入れればミックスして出力されるので、ミキサーなどを必要とせず、コンパクトに使用できます。

では手元にあるPocket Operatorの何を使うかと言う事ですが、リズムマシーンの「PO-12」は、Circuit自体がリズムマシーンみたいなものなので、合わせてもそれほど幅が広がらない。ベースやメロディーの「PO-14」、「PO-28」は欲しい所だがスケールが限定されるので、Circuitの方に制限がかかりそう。コードが出せる「PO-20」も、出せるコードの種類が制限されるので、上手く使えば活かせるのかもしれないが、私の知識では活かせるかどうかもはっきりしない。

「Pocket Operator」を使うと言うアイデアは良かったのですが、どうも今一つ決め手に欠ける、さてどうしようと思っていた時に考えたのが「別シリーズの導入」。具体的にはサンプラーの「PO-33」、そして「PO-35」。これなら自由度が高いので臨機応変に使えると思いました。

ただ困ったのが、説明を読んだり動画を見てもこの2つの違いがはっきり分からないので、どちらがいいのか判断できない事。恐らく「PO-35」なんじゃないかなー、と思っていた矢先出てきたのがPO-35のアウトレット品。「じゃあそれ、決まり」と言う事で購入に至りました。

さて、ここからはネタ的な話になりますが、「Pocket Operator」シリーズには最初から設定されているBPMが3つあります、「HIP HOP (80)」、「DISCO (120)」、「TECHNO (140)」です。ですがある英語圏の方の動画で「TECHNO」の事を「テンチョ、テンチョ?」と言っていて、「いやいやテクノでしょ、英語圏の方でもやっぱり読み間違える事あるんだ」と思ったのですが、よく見たら確かに「TENCHO」でした。

po-35_190127_01.jpg
テンチョ!

恐らくPO-35の背景に「言葉をしゃべり始めた赤ちゃん(正にSpeak)」というストーリーがあるので、その影響だと思います。実際、何もしない状態で画面を見ていると画面上の赤ちゃん(tony)のセリフが表示されるのですが、その中に「play more tencho」と言うものがあります。

ちなみに、激しくネタバレすると、この「PO-35」、実はCircuitに対して「無くてもよかった」と言う結果になるのですが、それはもう少し先の話です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示