中の下級ギターメモ 04

bt_riho_01.jpgイラストに関することを書いて一息ついたので、懲りずに「リズムパターンに合わせた練習」について書いてみようと思います。と言うか、今更ですが「リズムパターンに合わせた練習」と言う表現は正しくないような気がします。「リズムパターンに合わせた練習が出来る環境」とした方が正しい感じです。しかも「ウチ、こんなんあったで」的なノリで。

今回は自分の中ですっかり忘れていた「JamVOX」です。

「JamVOX」はPCを使用してギターを楽しむためのソフトウェアです。各種アンプ、エフェクターがそろっている事はもちろん、画面(下図)左側を見ると、チューナ、シングルコイル←→ハムバッカーのシミュレーション、メトロノーム、ドラムマシーン、そして音楽ファイルのインポート等、少なくとも中の下クラスにとっては必要なものがすべてそろっています。

guitar_memo_180520_01.jpg

何故これを購入したのか、なぜ購入した事を忘れていたのか、全く思い出せません。と言う事もあり、逆に新鮮な気持ちで使ってみましたが、前述の機能の他、よくある「ギターパートを抜く」機能では、左右の位置的な設定だけではなく周波数帯域も設定できたり、インポートした楽曲の指定位置でアンプ、エフェクトの設定を自動的に変更出来たり、動画を撮れたりと、なんだかやたらと機能が充実しています。

ただ、難点もいくつかあって、一番問題になると思われるのは「古いソフト」と言う点です。参考までに、私がこのソフトを購入、登録したのは2013年の10月でした。一応Windows10には対応しているのですが、文字表示がおかしく、複数行のテキストが一行に収まってしまうので、何を言っているのか分かりません。また、一応自分でも調べた結果、やはりそういう仕様だと思っていのですが、せっかくループする箇所を設定できるのにそれを保存する事が出来ません。他のファイルを開いたり、ソフトを終了させるとループは解除されます。これは自分にとっては痛い。

と言う感じで、機能は十二分なのに少し残念、という感じです。

では例の唐突な評価です。
セッティングの手軽さ:★★★☆☆
本体性能の充実性:★★★☆☆
練習における実用性:★★★★☆
総合評価:★★★★☆

「セッティングの手軽さ」に関しては、機能が充実しているがゆえに煩わしさがあると思いました。それと併せて、ギターとPCをつなげるのに何らかの「オーディオインターフェース」が必要となり(そもそもPCが必要になる訳ですが)、環境によっては導入即利用、と言う訳にはいかないと思うので、深読みしすぎて厳しめ評価です。

guitar_memo_180520_02.jpg
概要図、矢印がオーディオインターフェース。

「本体性能の充実性」も、前述の「古いソフト」と言う点が足を引っ張って本来より低めに評価しました。

何と言うか、「機能は十分なのに残念」と言うより、「思い出すのが遅すぎた」と、結局自分が悪いんじゃないか的な感じもしますが、何はともあれ、現在も元気に販売、サービス継続中(2018年5月現在)なので、興味がある方はどうぞ。

JamVOX-Online
https://www.jamvox-online.com/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示