CLIP STUDIO PAINTいまさらメモ 06

bt_riho_03.jpg前回のテーマ「読み込むファイルはどの形式が良いのか」と関係あるような気がするようなしないような話ですが、「IllustStudio形式(.xpg)」のファイルを読み込むにはどうすればいいのか、と言う状況になった時に気が付いた事象について、参考情報的に書いておこうと思います。

「IllustStudio形式」のファイルはファイルオブジェクトとして利用できない形式なので対応した形式に変換する必要があるのですが、最初に候補として挙がったのはやはり「PNG」と「CLIP STUDIO PAINT形式」です。そして私の判断では「状況によっては基のファイルを修正、編集する可能性もありうる」と言う点で「CLIP STUDIO PAINT形式」を選択しました。

その為、「IllustStudio形式」ファイルを「CLIP STUDIO PAINT」で開き、「CLIP STUDIO PAINT形式」で保存し、それをファイルオブジェクトとして使用しました。その作業自体は問題なく完了したのですが、ふと見ると、読み込んだ画像の一部に汚れのようなものが発生している事に気が付きました。

clip_studio_paint_180128_01.jpg
頬のところの黒い点状のもの。左が100%表示、右が300%表示。

最初はやはりIllustStudioの段階でついていたのだろうと思って確認したのですが、実際にはありませんでした。CLIP STUDIO PAINT形式で保存した段階で発生したもののようです。

具体的な汚れの正体に関しては主線を入れるのに使用していた「ベクターレイヤー」でした。恐らくですがIllustStudioの段階では表現されなかった描画、例えばうっかりペン先が触れたか触れなかったか程度のわずかな描画が、CLIP STUDIO PAINTでは表現された結果ではないかと思います。

画像のように目立つ場所にあれば分かりますが、目立たない場所にあるものをチェックするのは困難ですし、そもそもチェックする事自体不要な作業と言えます。

と言う事で、事象の報告と併せて、「IllustStudio形式」ファイルをCLIP STUDIO PAINTのファイルオブジェクトとして利用する際には「PNG形式」の利用をお勧めします。お勧めしますが、そもそも「IllustStudio形式」ファイルをCLIP STUDIO PAINTのファイルオブジェクトとして利用する事自体もうそんなにないのかもしれません。(いつものノリ)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示