「マニュアルは読みましたか?」

bt_dolma013_11.gif私事ですが、通勤に関して片道で約2時間半程度はかかっていて、そのうち1時間以上は電車に乗りっぱなしです。とは言え座れるのでさほど苦労はないのですが、狭くて公共の場と言う事もありあまりやる事がなく、なんとも退屈します。

大方は寝たふり(最近電車で眠れなくなりました)をしているのですが、結局寝てないのでそれそれで退屈になり、スマートフォンで楽器関係の中古市場、大して気にしていない天気予報、挙句の果てには自分のブログを読んだりしています。

そんな調子なので先日「CLIP STUDIO PAINT」の便利な使い方講座をまじめ読んでいたら、意外と知らなかった事があったので2点書いてみようと思います。

1点目はサブビューへの画像の登録、ドラッグアンドドロップでできます。「読み込み」はファイルの場所を開くのが地味に面倒くさかったので助かります。

clip_studio_paint_170812_01.jpg

2点目が「ラスターレイヤーがグレーまたはモノクロの時の表現色のプレビュー」です。具体的には下の図の赤枠内のボタン。何だろうと思っていたのですが、ハイライトされている色だけが表示される機能でした。

clip_studio_paint_170812_02.jpg

私の場合、ラフ、下描きの段階で部分ごとにレイヤーを分けて描くのですが、重ねるうちに「ここは消したくない、でもいらない」と言う部分が発生します。それくらいの段階だと頻繁に元に戻したくなる事も多いので。

例えば下の図の白くなっている部分です。レイヤーパレットにある「白」と言うレイヤーで不要な部分を隠している感じです。

clip_studio_paint_170812_03.jpg

ですが、さて次の段階に進もうと思った時、レイヤーは結合したい、でも白い所は残したくない、でもやっぱりいらないところも消したくない(作業が面倒くさい)、かと言って白い所を残したままだとそこもそのまま結合されて邪魔になる、じゃあどうすんだ?、と、何を言っているのか分かりませんが、結局渋々レイヤーごとにいらない場所を確認してコツコツ消すと言う事もよくありました。

「表現色のプレビュー」を知ってからは、とにかく結合してしまい、その後黒だけがプレビューされる状態にすればよいので、作業的にも気分的にもすごく楽です。

clip_studio_paint_170812_04.jpg

そのままカラーラフにも進めます。

clip_studio_paint_170812_05.jpg

まあ、例によってマニュアルをなぞっただけの話ですが、やっぱりたまにはマニュアルをなぞってみるのもいいなと思いました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画