スパーク(今週のDTM)

bt_riho_03.jpg今月はDTMをガンバル」の時に書き忘れたのですが実はもう一つ目標を立てていました。それは「ドラムトラックの制作には『Spark』を使う」です。

Arturiaの「Spark」はコントローラーとソフトウェアがセットになっているドラム音源ですが、私は「V Collection 4」に同梱されていたものを使用しているので、コントローラーは持っていません。

spark_170423_01.jpg
メイン画面

ドラムトラックの制作に「Spark」を使おうと思った理由は単純で、「使い方が分からないから」です。最初につまづいたポイントは「VSTとして使用している際、DAWで再生を始めるとSparkのシーケンサーも勝手に演奏を始める」事でした。その辺はむしろスタンドアローンでの使用を前提としているのでさすがと言えるのかもしれません。ちなみにこの現象の解決するには「HOST」ボタンをOFFにするだけです。

つまり、無理矢理使ってこういった不明点を解消しようというのが目的です。

実際マニュアルを見ながら動かして、ねらい通りいろいろと分かってきて、「こいつはいいな」と思いましたが、前述のとおりスタンドアローンを前提としているので、機能が充実しているがゆえに迷うところもあります。具体的には「DAWとSpark、どちらに打ち込めばいいんだ?」と言う事です。

spark_170423_02.jpg
Sparkのシーケンサー画面

当初は「Sparkの性能を最大限活かすためにはやっぱりSparkで打ち込むべきだろう」と考えていたのですが、各音源のボリューム、ピッチ、その他エフェクト等、細かい設定の変更もDAWのオートメーションとして記録できるので、結果、普通にDAWで打ち込むことになりました。

そんな感じで、おそらく基本的なところは押えられたと思いますし、実際、とりあえずプリセットを選んでその後自分の都合に合わせた調整も行っているのですが、今回あきらめたのが「モジュラー」です。

spark_170423_03.jpg
各音色の設定画面(概ね分かる)

spark_170423_04.jpg
モジュラー画面(概ね分からない)

この手の話も理解していれば各音色もより踏み込んだ調整が出来たのですが、人間時間にも能力にも限りはあるので今回はすっぱりあきらめました。と言うか、ちょっといじってみたのですが、外した線がどこにつながっていたのか分からなくなったり、元に戻せなくなったりして、これは触らない方が無難だと思いました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画