最近変わった事 02

bt_mio_01.jpg技法的には割と変化が続いていますが、使っている道具は「Intuos 3」「ComicStudio」「IllustStudio」と、販売終了したもの、サポート終了したものばかりで構成されています。いったい何年前から使っているのか、私にも分かりません。

と言う訳で今回は「線」についてです。話が長くなりそうな予感がします。ちなみに、使用ソフトはもちろん「IllustStudio」です。

何が変わったのかと言うと「線を描くレイヤー」です。具体的には「ラスターからベクター」になりました。正確に言うと「今までは使い分けていたのですが最近はベクターに限定」しています。

「ラスター」「ベクター」それぞれについてはいまさら私が説明するまでもありませんし、話がより長くなりそうなので省略しますが、実例は下の図です。左がベクター、右がラスターです。

drowing_170122_01.jpg
目付きの悪い二人。原寸の200%表示です。(クリック時)

私にとってのラスターレイヤーのメリットは「描き心地が良い」と言う点です。ただこれはラスターレイヤーの特徴と言うよりも、鉛筆っぽいパターンブラシの恩恵によるものです。鉛筆っぽい感じで描けるのでアナログから始まっている私には使いやすく、好んで使っていました。そのパターンブラシはラスターレイヤーにしか描画できない、だからラスターレイヤーを使う、と言う事です。

ではデメリットは何かというと「塗りにくい」と言う点です。具体的には「下地を塗りにくい」と言う事です。

私の場合、線を描いた後、それを境界線としてそれぞれのパーツごとにレイヤーを作成し「基になる色」を塗りますが、バケツツールで塗るとどうしても線の中心部に「隙」が出来ます。それはラスターレイヤーに描画した鉛筆っぽい線の特に中心部が必ずしも不透明度100%ではないからです。だからこその鉛筆っぽさと言う事ではありますが。

実例を挙げると下図の状態です。

drowing_170122_02.jpg
線の所々で背景の色(水色)が透けています。

これを回避する方法は色々あるのですが、一つ一つ話すとやっぱり長くなるので簡潔に説明すると「どれも面倒くさい作業」です。

ではベクターだとどうなるかと言うと、バケツツールで塗る際「ベクターの中心線まで含める」というオプションがあるので、これを使えば線の中心まで塗ってくれますし、ベクターレイヤーに描画した線の中心は間違いなく不透明度100%なので、ラスターの様な隙ができる事は体感99.95%ありません。(わずかな線と線との重なり具合で1ドットレベルの空白が出来る事があります)

それでも今までラスターレイヤーを使っていた理由は、描き心地が良いと言う事の他に「アナログっぽい感じが出る」と思っていたからです。でも、結構前から気が付いてはいたのですが、結局差がそれほど感じられません。特にオリジナルから50%とか40%に縮小したサイズを作品として公開しているのでなおさらです。

drowing_170122_03.jpg
二人とも目付きが悪いですが、クリックで原寸の50%表示です。

だったらもういっそベクターレイヤー使った方が楽でいいか、と言う事になりました。実際、大分楽です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画