2016反省会(イラスト肯定編)

bt_amane_01.jpgイラストの描画と言う点において、最近良くない流れになってきているので、年末のついでに今年描いたイラストの「良かったヤツ」を振り返って、流れを変えたいと思います。

今年の描画数は単純に「pixiv」と「ニコニコ静画」にあげた枚数で計上すると、33点でした。と言っても、描き直したり流用したりと言ったものも少なくないので、「作品」として完成したものは8点くらいです。

しかしここでは「作品」にこだわらず、単純に自分で気に入っているものを挙げますが、そうなるとまずは文句なく「辻小芽ちゃん」です。

illust_2016_161231_01.jpg
全体

illust_2016_161231_02.jpg
バストアップ

何度かブログでも書いているのでここでは詳細を書きませんが、自分のイメージをそれなりの水準で具現化できた事と、ソフト内での効率性向上に貢献したという点で今年を代表する1点です。

次は「キュアイーグレット」。改めて考えると、今年はこれくらいの大きさ(B4横に上半身)で人物を描く事が少なかったように思います。と言うのもそれまでが人物の全身を描く事が少なかったので、意図的に全身ばかり描いていたと言う事ではあるのですが。

illust_2016_161231_03.jpg

これくらいの大きさだと細かい所まで描き込めるので、そういった意味で描いていて気持ちよかったですし、改めて観ても自分の好きな線の流れです。そう考えると、最近全身を描く時のキャンバスサイズはB5の350dpiなんですが、もっと大きいサイズでもよいのかもしれません。

最後に「ドリームクラブのるいさんに似た誰か」。普段こういう感じの表情を描かないのですが、それでもイメージをそれなりに具現化できているのでよかったと思います。でもこのイラスト、実は一番気に入っているのは背景のミラーボールの表現です。

illust_2016_161231_04.jpg
全体

illust_2016_161231_05.jpg
バストアップ

自分で良かったと思える作品は、他の方の良い作品を観た後でも「でもコレ(自分の作品)も悪くないよね」と素直に思えます。ちょっとでも隙がある作品だと他の方の作品を観た後「なんで私なんかがイラスト描いてるんだろう、、、」と言う気持ちになります。そういった後悔が少なくなるように来年も描けていけたらいいなあ、と思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画