後からビショ濡れ

bt_mio_01.jpgなんでそう考えたのかは覚えてないのですが、なにかのタイミングで「透ける表現くらいできないとダメなんじゃないか?」と思ったみたいです。私が。具体的にはTシャツから透けて見える水着とか。

そんな訳で描いたのが先日の「エッチな写真撮ろうとしたでしょ!」何ですが、描いてる途中で「透けるには濡れてないとダメなんじゃないか?」と思いました。ですがそういう設定ではなかったのでとりあえずそのまま描き上げました。

そもそも、「透けるTシャツ」という表現をどう描けばいいのかよく分からなかったこともあり、復習的な意味も込めていったん完成したモノを「濡れて透ける」表現にしてみたので、書いておこうと思います。例によって「こうすればいい」と言う事ではなく「どうすればいいか分からなかった」という話なので、そういう感じでご覧いただければ幸いです。

とりあえず完成したものがコチラです。

girl_161105_01_10.jpg

で、その手順ですが

girl_161105_01_01.jpg
まず、基の状態がこうです。元々の色調を確認しながら描画したかったのでレベル補正とか合成モードのレイヤーとかは表示にしてあります。

girl_161105_01_02.jpg
さてその後どうしようかと考えて、Tシャツの内部も描いてマスクで処理してみる事にしました。これはこれでオーソドックスだと思います。Tシャツの内部は完全に前面に出る訳でもないので、とりあえず雰囲気が出る程度に描き込みます。

girl_161105_01_03.jpg
重ねるとこんな感じです。意外とこの先の雰囲気がつかめません。

girl_161105_01_04.jpg
描画したTシャツの内部(レイヤーフォルダ「水着」の中にあるレイヤーフォルダ「水着」、分かりにくい)とマスクレイヤーを同じフォルダに入れます。この状態だとマスクレイヤーに黒で描画した部分の水着が現れます。

girl_161105_01_05.jpg
あまり具体的な資料が見つからなかったので、そういった意味でもどうすればいいのか分からなかったのですが、基本的には濡れて肌に密着した部分が透ける、密着していない部分はシワになる。という感じだと思ったので、とりあえずシワのアタリをつけつつ描画してみます。レイヤー構成的には無難に別レイヤー「シワ_影」を作って合成モード「乗算」を使用しています。ちなみに最初にニコ生をやりながら試した時は先に水着の表現を決めたのですが、一晩寝たらシワが先の方がよさそうな気がしました。

girl_161105_01_06.jpg
一通りシワを描いたら水着を描く、というか塗る、というか。肌に密着していると思われる部分のマスクレイヤーを黒で塗り、水着を表示させます。

girl_161105_01_07.jpg
雰囲気がつかめてきたのでシワの「光」にあたる部分を描画します。レイヤー構成的には、やっぱり無難に別レイヤー「シワ_ホワイト」を作りました。

girl_161105_01_08.jpg
最初からそのつもりではいましたが、やっぱり陰影が濃すぎると感じたので「水着」、「シワ_影」、「シワ_ホワイト」の不透明度を調整して、陰影感を抑えました。

girl_161105_01_09.jpg
最終的に非表示にしていた各調整系レイヤーを表示して、必要に応じて発光(レイヤーフォルダ「発光_全体」)等を描き込みます。また、判断に迷いましたが最終的にレイヤーフォルダ「水着」は合成モード「乗算」に設定しました。

まあ、結局は最初の時点でそういうところまで決められるのが、一番偉いんだとおもいます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画