XSplitの音声設定事情

bt_chihaya_02.gif本題に入る前に、前回の記事で書きもらした事を少し。実は本来USBミキサー(=オーディオI/F)である「ZENYX Q502」のUSBが外れています。これにより今まで悩まされていた「グランドループっぽいノイズ」から解放されました、おそらく。少なくとも以前にもまして気になりません。こうなってくるとなんで今までオーディオI/Fを2つも使っていたのか、と言う感じです。

ここから本題になりますが、そのUSBを外すきっかけになったのはこの「XSplit」の音声設定にあります。

まず「XSplit」ですが、簡単に言うと生放送配信ソフトです。無料版から有料版までいくつかの種類があります。「Niconico Live Encoder」の代わりとして概念やインターフェースがよく似ているので選択しました。もちろんNLEの方が真似したのだとは思いますが。また、私が使用しているのは「パーソナルライセンス」(有料版の安い方)です、ここでの話もそれを前提にしています。

細かい話をする前にまずはXSplitの音声設定画面を。

xsplit_160731_01.jpg

XSplitにおいてUSB接続のオーディオI/Fからの音声を拾う場合には「マイク」からオーディオI/Fの入力チャンネルを選択することになりますが、それだと何か都合が悪い事があったんだと思います。まるで他人事のような書き方ですが、すいません、もう2ヶ月前の話になるのでそれが何だったのか、よく覚えてません。モノラルでしか拾えないとか、そんな事だったような気がします。

となると、他の方法として「システムサウンド」でPCからの「出力」チャンネルを選択する方法があります。これが意外と曲者だったのですが、ニコ生配信でよく言われる「ステレオミキサー」とか「ループバック」みたいなものなので、「出力」されている音声でないと拾えません。つまり、前回の図にあるようにミキサーからの出力をPCの「ライン入力」に接続してもそもそも「入力」チャンネルの選択肢がないので、それだけでは拾いようがありません。

と言う訳で、PCのライン入力に入った音声をどこかに出力する必要があるのですが、以下の2点がポイントになります。

  1. システム音声と同じチャンネルを使用すると、システム音声(ポーンとか、ピコーンとか)も放送に入ってしまう。(ウチ的にはよろしくない)
  2. 音声自体はミキサーから別途スピーカーに対して出力されているので(前回の記事参照)、聴覚的な意味で実際に聞こえる必要はない。

と言う事を踏まえてウチの出力チャンネル、すなわち「再生デバイス」画面を見てみましょう。

sound_device_160731_01.jpg

基本的にはメインで使っているオーディオI/F「FA-66」のどれかを選択することになりますが、上記ポイント1により「規定のデバイス」に設定されている「Out1」は選択肢から外れます。と言う訳で「Out2」「Out3」のどちらかを選択する事になりますが、将来的に何かが接続される可能性がより低い「Out3」(光デジタル出力)を選択します。

その選択と言うか設定の方法も一癖あるというか、実際見てみて「へーこうなってるのか」と感心したのですが、具体的には以下のように行います。

  1. 「録音デバイス」画面で入力チャンネルである「ライン入力を」選択して「プロパティ」をクリック。
    sound_device_160731_02.jpg
  2. 「聴く」タブをクリックして「このデバイスを聴く」をチェック。
    sound_device_160731_03.jpg
  3. 「このデバイスを使用して再生する」から目的のデバイス、今回の場合ならFA-66のOut3を選択。

そして最後にXSplitのオーディオ設定で「システムサウンド」から目的のデバイス、今回の場合ならやっぱりFA-66のOut3を選択します。(一番最初の画像参照)

思ったよりも長い話になりましたが、ウチではこうなりました、と言う話でした。曖昧な部分もありましたが、やっぱりオーディオI/Fをひとつに出来たのは結果的によかったと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画