素人Ableton Live DJメモ 09

bt_dtm_01.jpg多分、時間が経つと私自身が何を書こうとしていたのか分からなくなってくると思うので、今のうちに書いておきます。書いておこうと思うのですが、今回の話、私の分かりにくい説明を全開にしても説明しきれないところが多々あります。

前回は、私の使っているDJセットにおいて「Impulse」の演奏だけがセッションビューの操作でもオートメーションの操作でもないため記録されない、と言う話でした。

それを記録するためにはトラックのアームボタンを押せばいいだけなのですが、そうするとアレンジメントビューに約30分の長さのクリップが作成されることになります。BPM=120だとすると900小節と言う事になるでしょうか。しかもずっと演奏しているわけではないのでほとんど空、場合によっては全く空のクリップが出来上がることになります。なんだかそれも無駄な感じがするので出来たらやりたくないなあ、と言うのが個人的な本音です。

しかし実際のところは、私の本音に関係なく、トラックのアームボタンを押しても「記録」は出来ますが「再生」ができません。厳密に表現すると「音が出ません」。今度はAbleton Live内部での「モニター」(下図黄枠内)と若干「ルーティング」(下図緑枠内)が影響してきます。

live_160710_01_01.jpg

以前にも少し書きましたが「Impuls」は単独で演奏できるだけでなく「Beat」トラックからMIDIクリップの入力を受けてドラムパターンを再生します。「Beat」からのMIDI入力、「Impulsへのチャンネル10のMIDI入力(直接演奏)」の両方を音声として出力する為には「Impuls」トラックのモニター設定を「In」(上手黄枠内参照)に設定する必要があります。この設定はトラック自体にあるクリップを無視して、別トラックやMIDIコントローラからの入力信号のみを再生する、という設定です。つまり、Impulsトラックに記録されたMIDIクリップによる音声は出力されないと言う事です。(下図参照、参考になるかどうかは別として)

live_160710_01_02.jpg

となると今度はこの状況をどう解決できるのかと言う事になりますが、選択肢がありすぎてなんだかよく分からなくなってきました。例えば、

  • 面倒くさくても記録時と再生時でモニターの設定を変える。
  • 「Beat」と「Impuls」それぞれに音源を入れて、何とかする。
  • いっそ「Impuls」をなくして「Beat」はオーディオクリップにする。

等々。

で、結局どうなったかと言うと、こうなりました。

live_160710_01_03.jpg

「Beat」トラックと「Impuls」トラックを統合、Impulsの直接演奏は廃止、キックとかクラップとかを鳴らしたければSEのトラックにオーディオクリップを置いてください。冒頭でもちょっと書きましたが、Impulsを直接演奏る事はほとんどないんです。これでいいんです。

もう書いてるこっちの方が疲れてきたので最後にまとめると、今回のこの問題、「このセットを作った時にはプレイを記録することなんて考えてなかった」と言う事が根底にあったのだと思います。まあそうですよね「ちょっとやってみようか」程度のノリで始まりましたから。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画