素人Ableton Live DJメモ 07

bt_dtm_01.jpgそんな訳で前回の続き、「Lightshow」トラックの中身について書いてみようと思います。

では早速そのトラックの内容ですが、以下のMIDIクリップが一つ入っているだけです。このクリップがプレイの開始(楽曲の再生開始)と同時にチャンネル10のMIDI信号をひたすら「Launch Control」に繰り返し送信します。

live_160612_01_02.jpg

ここでポイントになるのが「オクターブ」と各ノートの「ベロシティ」です。

画像の記載にある通り、各オクターブが「Launch Control」の各テンプレートに対応しています。またベロシティはボタンを光らせる際の「色」に対応しています。画像では分かりにくいですがオクターブ毎に異なるベロシティが設定されています(各オクターブのノートの濃淡が異なるのはその為)。例えばC3~C4では「34」、C5~C6では「91」です。

と言う事を踏まえて、その結果「Launch Control」で何が起こるのかと言うと、「MIDI信号の入力に対して対応するノートのボタンがベロシティによって指定された色でノートのタイミングに合わせて光る」と言う事になります。

せっかくなので「Launch Control」の操作も合わせてGIFアニメにまとめると、こんな感じです。

launchcontrol_160612_02_01.gif

ちなみに、オクターブとテンプレートの対応に関しては「ウチではそうしている設定」、ベロシティと色の対応については「Launch Controlでそうなっている設定」です。

そんな感じで自慢げに書いてみましたが、これも例によってNovationのLaunchシリーズ界隈でさんざん語られている事をなぞっただけです。興味がある方は「Novation」のサイトで調べてみたり、YouTubeあたりで色々探してみるとよいと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画