素人Ableton Live DJメモ 05

bt_dtm_01.jpg前回は例のドラムトラックに入っているデバイスを一通りなぞって、その後何を書けばいいのか分からなくなったところまで書いたので、今回はとりあえず具体的な操作について書いてみようと思います。

基本的に、このトラック「Impulse」やSE等、おまけ的というか、サンプラー的というか、そっちの方の操作は全て「Launch Control」で操作が完結できるようにしているつもりなので、図にまとめるとこんな感じです。

live_160529_01.jpg

パッドの部分を叩けば音源が鳴りますし、ノブをひねれば各種コントロールの値を変えられるのはいかにもそんな感じですが、ちょっと変なのは「Beat Repeat」の操作です。図にある「Device On」のボタンを「押している間だけ」リピートが有効になります。いわゆる「Gate」と言う事になるのでしょうか。なぜこうなったかというと、最初に設定した時にそうなっていたからです。つまり特に理由はありません。ありませんが使ってみたらなんだか使いやすい気がしたので、結構気に入って使っています。

デバイスがオンになっている時に「Beat Repeat Grid」のノブを回すと、4分の1進む毎にリピートの間隔が、1/4→1/8→1/16→1/32と変化します。間を飛ばす事は出来ません。でもこれはこれでそんなに使い勝手悪くないです。

思えば、「Beat Repeat」は元々楽曲を再生するトラックに入っていたのですが、全く使いこなす事が出来なくて、全く出番がなかったため結局削除されてしまったデバイスです。ウチにおいては。それがこうして有効に活用されるようになったのはなかなかよかったのではないかと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画