物欲!DTM 2016

bt_dolma026_11_01.gif率直に書きますと、Novationの「Launchpad S Control Pack」を購入しました。

「別に買えばいーじゃん」と言う話ではありますが、DTMに関する製品の中で特に「Novation」とか「Ableton」とかが好きな方からすると「え!何で今ごろ!?」と思われるでしょう。と言うか私自身、某電気量販店で売れ残っているのを見て、「こんなのw、今頃誰が買うんだよw、コレだから電気屋はwww、やれやれ、、、」と小バカにしてました。私でした。

どういう事かと言うと、「Launchpad」シリーズは現在第3世代、RGBフルカラーに対応したパッドの「Launchpad Mk2」が現行機です。それに対して「Launchpad S」は一世代前、パッドもマルチカラー(基本は赤黄緑)、このタイミングで欲しいと思う人は少ないでしょう。

では何故あえてコレを買ったのかと言うと、セットになっている「Launch Control」に用があったからなんですが、具体的には、

  1. 自分のDJっぽいセットに関して、「Launch Control」を使ったイイ事を思いつく。
  2. 「Launch Control」単体で15,000円くらいである事を確認。
  3. そういえば「Launchpad S Control Pack」ってあったな、と思い出す。
  4. 「Launchpad S Control Pack」が35,000円くらいである事を確認。
  5. 輸入代理店のオンラインストアで約30,000円のアウトレット品を確認。
  6. 某オンラインストアで20,000円のアウトレット品を発見。
  7. 「5,000円プラスすればLaunchpadとスリーブがついてくるのか、、、」と言う考えから逃げられなくなる。
  8. 「は、早く買わないと誰かに買われちゃう、、、」と言う疑心暗鬼が生じる。
  9. クリック。
と言う感じです。

それと、「Launchpad Mk2のパッドはベロシティーに対応している」と勝手に勘違いしていたのですが、どうやら対応していないようです。となると色が着くか着かないかだけならどっちでもいいや、とも思いました。

※旧世代のLaunchpadと「Launchpad Mk2」の違いは私も明確に把握していない部分があるので、興味のある方はご自身でも確認してみてください。

そんな訳で、唐突に斜め方向へまとめると、皆さんも欲しい機材のあるないに関わらず、メーカーや輸入代理店のオンラインサイトを覗いて見てください。買う必要のないあんな機材、こんな機材が意外な価格で売っているので、用事も無いのに欲しくなり自分が欲望にまみれた事を実感できるでしょう。それが物欲DTM。

dtm_160312_01.jpg
将来的にこうなる予定な私のプレイスタイル。いったい何をそんなにコントロールするつもりなのか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画