レイヤー天国

bt_amane_01.jpg実際には天国なのか地獄なのか、よく分かりませんが、「ピュアはじめ 2016」を描いた際、自分でも何やってるんだろうと思うぐらいにレイヤーを使いました。贅沢に使ったと言うか、バカみたいに使ったと言うか、、、

と言うのも、デジタルツールで描画するメリットのひとつとして「簡単にやり直せる」が挙げられると思います。人生とは違うんです。そのメリットを活かす為に「別レイヤーに分散できるものはそうする」とした結果、そういう事になりました。そうなってくるとレイヤーをマスクする必要もあったりするので、それもレイヤー数増加に拍車をかけたようです。

自分でも興味があったので、いったいどれくらいのレイヤーを使ったのか数えてみようと、全てのフォルダを展開したレイヤーパレットの画像を作ってみました。

ちなみに対象となるのは仕上げ前の段階の、背景とかパターンブラシ等を入れていない状態の亜麻音さん(下図)です。

illuststudio_160211_02.jpg

で、全フォルダを展開したレイヤーパレットがこれです。ちなみに描いたけど使わなかったレイヤーや作業の進行に伴い非表示になったレイヤー等も含まれています。

illuststudio_160211_01.jpg

何か、見てたら数えるの面倒臭くなってきたので、興味がある方は数えてみてください。ちなみに、この状態で既にPCがヒーヒー言っていたので仕上げ作業は別ファイルを作成し、レイヤーを結合した亜麻音さんを配置して行いました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画