柄を付けるのに苦労した話

bt_amane_01.jpg「今年はマシーンの様に描く!」と決めたら意外と毎日ちゃんと自分が描こうと思ったものに対する作業をするようになりました。とは言っても遠距離通勤の私は平日に使える時間が1、2時間程度しかないので、ブログとか、DTMとかは土日限定になりましたし、週末以外は寄り道したいのを我慢して帰ってきます。いつまで続くのか、心配です。(そこはかとない他人事感)

そんな訳で、また「ピュアはじめ 2016」の作業を振り返って見ます。今回は「コスチュームに柄を付ける」話です。もちろんあくまでも「私はこうやった」と言うレベルの話です。むしろ「どうすればよかったのかよく分からなかった」レベルです。

前にも書きましたが、この作品は一度失敗しているので、柄の付け方も一度実験済みと言う事になりますが、「成功した」と言う訳ではないのでいまひとつピンと来ないまま作業を始めています。基本的には

  1. 無地のコスチュームとして塗る
  2. 柄は別画像を作る
  3. 貼り付けてマスクする

と言う流れで、後はその都度調整しようと考えました。

amane_160124_01.jpg
そんな訳で、パターンブラシ等を使用して柄を描いて透過有りのpngで書き出しておきます。

amane_160124_02.jpg
一方、コスチュームは普通に陰影を付けます。多分この時点で既に「柄の有り無しそれぞれで完成させるのもよさそう」と思っていた様な気もします。

amane_160124_03.jpg
柄を貼ってコスチュームに沿ってそれなりに変形させます。

amane_160124_04.jpg
スカートの範囲でマスクします。

amane_160124_05.jpg
思ったよりハッキリしなかったので同じレイヤーをもう一枚重ねて明るくしてみました。この時点で何らかのレイヤー効果を使用すればいい感じに出来るような気がしていたのですが、上手くいきませんでした。

amane_160124_06.jpg
仕方ないので柄に対してマスクを作成して、柄自体に陰影を付けようとしているところ。ちなみに柄の薄いところが選択されていないように見えますが、実際にはちゃんと「薄く」選択されているようです。(「レイヤーから選択範囲」で選択範囲を作成)

amane_160124_07.jpg
フォルダ「影」にレイヤー効果「乗算」を適用し別レイヤーで陰影を付けたところ。この後最終的に線の色やハイライトで調整します。

話はこれで終わりなのですが、実は最近Twitterをほとんど使わなくなりました。その結果行き場所がなくなったどうでもいい画像「何かのソーシャルゲームのカードっぽい亜麻音さん」もココに載せておきます。

amane_160123_01.jpg

こんなのでもやたらと時間がかかってます、だったらやらなければいいのにと自分でも思わざるを得ません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画