亜麻音さんを塗った時の流れ

bt_amane_01.jpg昨年末にスマートフォンを買い換えて、何だか色々便利になった影響もありますが、最近は今描いているものの現在の状態をクラウドサービスとかにアップしておいて、いつでもスマートフォンでチェックできるようにしています。

そんな事をしていたら、自然と制作のプロセスが記録されたみたいになってきたので、縦に長くなるのは分かっていますが、聞かれてもいないのに解説してみようと思います。まあ、正直なところ「Lightboxが活用できる」と思っただけと言えなくもないですが。

ちなみに、今回解説するのは「ピュアはじめ 2016」の「塗り」についてです。

amane_160116_01.jpg
唐突ですが、全体の基本色が塗り終わって、肌の陰影を付けて、コスチュームの柄で躓くのが分かっているのでその様子見から始めたところ。

amane_160116_03.jpg
いけそうな気がしたので柄を付けはじめたところ。お尻の辺りで比較すると前の画像よりも柄が鮮やかになっていると思います。

amane_160116_04.jpg
コスチュームの次に色的にも面積的にも大きく影響すると思われる髪を塗ったところ。

amane_160116_06.jpg
残った部分を塗りつつ気になる箇所を修正したところ。分かりやすいところで言えば首や肩周辺の髪をより暗くしてメリハリを付けました。

amane_160116_07.jpg
フィルタをかけてパーツ毎に色を調整しながら気になる箇所を修正したところ。具体的には瞳のハイライトが強すぎるし、設定していた光源とは違う向きから入っているので、今頃になって調整しました。

amane_160116_08.jpg
とりあえず背景と合わせてみたところ。

何か、改めて見るとフィルタかける前の方がよかったような気もします。その辺りは背景との兼ね合いもありますが。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画