ド素人Ableton Live DJメモ 03

bt_dtm_01.jpg「そうだ、ドリームクラブの『恋・KOI☆week end!』をコピーしてダンスミュージックっぽくアレンジしよう」と唐突に思ったのですが、やってみたら全然それっぽく、イカした感じに出来ませんでした。根本的な原因としては、そもそも私が普段それほどダンスミュージックを聴いていないからなんだろうな、と思います。なんか、テクノポップを作った時も同じような事を言っていたような気がします。

さて、こちらももっと根本的な話として、Ableton LiveでDJを行うにあたり、私が使っているセットはどういった構成になっているのかを書いておこうと思います。もしかしたら何かの参考になるかもしれませんし。

具体的にはこういったセットを使っています。

live_150618_02.jpg クリックで原寸表示

まずはオレンジと青のトラック。

  • Track A
  • Track B
  • A2
  • B2

これがメインのトラックです。下部にそれぞれ「A」「B」が点灯していますが、これがAbleton Liveでのクロスフェーダの設定になります。また、「A2」「B2」については補助的なトラックで、何かのループを重ねたい時などに使用します。

次に番号で言うと6番の「Setlist」、これは単純に今日使う曲を置いておくだけのトラックです。その為、とにかく音が出てしまわないようにしてあります。

そのSetlistの左側、

  • 7410
  • /852
  • *963.

何だかよく分からない名前が付いていますが、これが以前書いたテンキーによりクリップをトリガーするトラックです。せっかくなので3トラックに分けてみました。分けておけば「3音同時発音」と言う事になりますし、トラック毎にエフェクトやセンドを設定する事もできますし。

今度は「Setlist」の右側、

  • Filter A
  • Filter B

フィルターについてはまだまだ試行錯誤でその結果として現在は別トラックを作って、ルーティングさせています。センドリターンに近い感じです。

右端の2つはリターントラックなのですが、その右側にある「Replay」。これはプレイを録音するためのトラックです。単純にマスターの音声が入力されます。練習のプレイでも改めて聴いてみればもっと客観的に判断できるであろう、と言う事で入れてみました。

と言う事で、自分のセットについて書いてみましたが、単純にDAWなのでそれこそ十人十色だと思いますし、「DJ」と言ってもその目的がまちまちだと思うので、もしかしたら世の中に2つと同じセットは存在しないのかもしれません。

いや、さすがにそれは言いすぎかもしれません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画