ウチのNiconico Live Encoderさん(続映像設定編)

bt_dolma017_07.gif本当のところ、私がDTM放送をする必要があるのかないのかと言えば、全くないんですが、何が面白いんでしょうか、とにかくココ数日はずーっとDTM放送をどのように構成するのか、画面をどのように構成するのか、ビートメイクをどのようにこなせばいいのか、それに伴い、各機材のMIDIマッピングをどうすればいいか。そんな事ばかり考えていて、他の事が何も手につきませんでした。

そんな訳でブログ更新も遅れ気味だったのですが、以前出し惜しみしていたので、またウチの「Niconico Live Encoder」(以下NLE)について書こうと思います。

さて、映像設定で何が出来るかと言う事ですが、考えたらオフィシャルのヘルプがあるので、それについてはそちらを見ていただいたほうが良いでしょう(手抜き)。私もココ見て使い方覚えましたから。

そうは言っても、一般的には「メディアファイル」(画像)か「画面キャプチャ」を使用する事が多いのではないかと思います。また、「テキスト」は単純にテキストを表示するだけではなく、スクロールが出来るので、使い方次第で色々活用できると思います。

ところで、前回の記事で「意外と融通が利かない」と書いたのですが、具体的には何かというと、それらの登録した映像ソースの「大きさ」や「位置」等の設定が正確な数値で指定出来ない場合があります。

例えば私は今「960x720」のサイズで配信を行っていますが、その画面に対し、サイズ「960x190」の映像ソースを「X=0、Y=190」の位置に配置します。設定画面を閉じて再び設定画面を開いたり、別のシーンを選択してこのシーンに戻ってくると、サイズ「960x194」、位置「X=0、Y=187」になっています。

nle_150426_01.jpg
こんな感じです。

恐らくですが配信画面の解像度とアスペクト比に対する倍率が影響しているような気がします。と言うのも「960x720」や「960x720の映像ソースを640x480に縮小」ならぴったり収まってくれます。この辺も私ではよく分かりませんが、解決策をご存知の方はそれに従えば良いと思いますし、私は分からなかったので、きっぱりあきらめて、NLEが設定出来る値に合わせています。「まあ、それくらいならいいか」と思える程度の誤差ですし。

きっぱりあきらめても、イラストを入れてみたり、モニター上の必要な情報を切り取って組み合わせて配置してみたり、それだけでも結構楽しめると思います。(そんな設定で1時間半も経っていたりします)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画