実は三日くらい悩んだキュー抜き放送

bt_dtm_01.jpgこれもカテゴリーを「ニコニコ生放送」にするか「DTM」にするか悩むところですが、とりあえずニコニコ生放送にしてみました。DTMとして捉えると出力設定して終わり、と言う事になるので。

私の使っているDAW、Abletonの「Live 9」ですが、「キュー(Cue)」と言う概念があります。具体的にはメインの出力とそれ以外、例えばメトロノームとか、インストルメントのプレビューとかを分けて出力する機能です。どっちかと言うと、DJミキサーなんかで使われる機能なんだと思います。

どんな利点があるかというと、ニコニコ生放送(以下ニコ生)での利用を想定した場合、放送には出来あがっているトラックをメインで流して、自分は次に加える音源をプレビューしたり、メトロノームを聞きながら練習したり、クリップを録音したり、と言うように、相手に聞かせたい音と、聞かせたくない音を分ける事が出来ます。私が模索している時のフレーズなんかはやっぱり聞かせたくないですよね。問答無用でスケールから外れたりしますし。

そんな訳で、私もキューを分けて出力しようかなと思ったのですが、これが意外と手こずりました。とりあえず、機材と仕様と私の要望を書いてみます。

Behringer「XENYX Q502USB」(USBミキサー)

  • ASIO対応でループバックが出来るので、これ一台でDTM放送が出来る。お手軽。
  • 出力が2chしかないのでメインとキューを分けて出力できない。

EDIROL「FA-66」(IEEE1394オーディオI/F)

  • 6IN/6OUT(OUT5/6は光デジタル)
  • メインで使っている機器。特にDTMはやっぱりこれを使用したい。
  • PCのシステムサウンドやニコ生のコメント読み上げも基本的にはココから出力。
  • ループバックは出来ないので、直接DTM放送を行う事はできない。
  • ダイレクトモニタリング対応、ただしその出力はOUT1/2からのみ出力される。
  • ヘッドホン端子からはOUT1/2の音声のみ出力される

私の要望

  • 私の方はメインもキューも聞えるようにしたい。
  • 放送の為の設定変更は少なく済ませたい。
  • システムサウンドやコメントの読み上げも私の方では聞えるようにしたい。

という事を踏まえて、最終的にまとまった接続が以下の様になります。赤が私もあなたも聞きたい音、青が私だけ聞きたい音です。一応入出力の系統も書いて、より分かりにくくなりましたが、単純にINかOUTか、同系統か別系統かとして捉えていただければよいと思います。

nicolive_150419_01.jpg

実はこれ、FA-66がOUT3/4もヘッドフォンから出力してくれるのだったらもうちょっと楽だったんですけどね、MAINの出力をXENYXに送るだけですから。

ポイントをまとめると、

  • 普段からNLE(Niconico Live Encoder)ではXENYXを使用しているので、その設定は変えない。
  • その為、放送に乗せるメインは無条件でXENYXに送る。
  • そのままではメインがこちらに聞えないので、XENYXのMAIN OUTからFA-66のIN3/4に戻す。(IN1/2でも可だが物理的な構造上こちらの方が都合良い)
  • XENYXからFA-66へ入った音声はダイレクトモニタリングで聞く。つまり再びOUT3/4から出て行く事はない。
  • システムサウンドやコメント読み上げは特に設定の必要なく、こちら側にだけ聞える。
  • システム的な変更はDAWでMEINをOUT3/4に設定するだけ。(加えてミキサーのレベル調整)
と言う感じになります。

放送のシステム的には大分充実してきましたが、内容がそれに伴うかどうかは、まあやっぱり別の世界のストーリーである事は間違いないでしょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画