もっと簡単だったニコ生DTM放送

bt_dolma013_08.gif前々から、大した目的もなく買った「LaunchPad(しかも旧型)」をもっと使うべきだと思っていたので、暖かくなってきたこの季節、部屋にこもってDAW(Ableton Live)で遊ぼうと思った訳です。そうしていたら唐突に「以前考えていたような難しい接続をしなくても、ニコニコ生放送でDAWの音が流せるんじゃないか?」と言う事に気が付きました。

条件としては「ASIOに対応したループバック出来るオーディオインターフェース」が1台必要です。具体的に言うと例えば、以前大して必要ないのに購入した「XENYX Q502USB」(Behringer)です。「ASIO」も「オーディオインターフェース」も馴染みがあったのですが、「ループバック」(ニコ生でよく言われる「ステミキ」の機能)を必要とした事がなかったので、長い間こんな当たり前の事に気づけなかったのかも知れません。

そもそも「ループバック機能」とは何なのか。言葉で正確にかつ分かりやすく説明しようとすると、私の場合どんどん難しくなりそうです。よく言われるのが「PCの音をミキサーに戻す」機能、なのでしょうか?正確に言うとUSB経由で入力された音をMAIN MIXに混ぜて出力する機能と言えると思いますが、勢いよく分からなくなってくるので、もっと分かりやすい人の説明を参考にした方がよいと思います。

実際の接続例としては以下の通りです。以前の接続と比較するととんでもなく簡素になったと思います(省略している部分もありますが)。

nicolive_150328_01.jpg

せっかくなので、実例も書いておきます。

主な使用機材

  • NLE
  • Ableton Live(DAW)
  • XENYX Q502USB(USBミキサー)

nicolive_150328_03.jpg
Ableton Liveの出力先として、XENYX Q502USBで使用するASIOドライバを選択します。参考までにレイテンシーの情報も入れておきました。

nicolive_150328_02.jpg
XENYX Q502USBで必ず「TO MAIN MIX」を押します。ミキサーやループバック機能に疎い私が忘れがちなポイントです。これを押す=ループバック機能ON、です。ちなみに、上の写真のレベルは、ポータブルプレイヤーを接続して音楽を聴いていた時の設定なので、実際はMAIN MIXを調整するだけです。他の機器を使用しないのならば。

nicolive_150328_04.jpg
当然、NLEのデバイスは「XENYX Q502USB」に該当するものを選びます。

ただ、この設定だとどうしてもPCから出る音全てが放送に乗ってしまうので、システム音や棒読みちゃん等は必要に応じてミュートする事になります。

参考までに、実際に放送してみたのがこちらになります。視聴期限は限られますが載せておきます。


「放送放送」ってなんだよ。

コメント

この記事の内容も古いです

今はこうなっています。「より優れている」と言う事ではなく「今の環境にあってる」と言う事です。

最近のニコ生音声周り事情
http://lab12309737.blog104.fc2.com/blog-entry-525.html

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画