ペインホイールホイール

bt_skullgirls_01.gif前回描いた「僕の考えたステージ衣装」は、明確に反省する点が多かった作品だったのですが、今回描いた「ペインホイールホイール」はその反省を活かせたと思います。もうこの歳だと、ましてや学生でもないので、周りからどうこう言ってもらえる機会に乏しいので、自分判断でいいと思います。

そもそも、前回の作品の反省点とは何なのかと言うと、今回の作品と比較して明確なのは「バランス」です。例えば前回の千早さん、左右の目の大きさがパッと見て違和感があるくらいにバランスが悪いです。でも描いてると意外とパッと見てそれに気が付けないんです。だからバランス悪いまま上がってるんですが。

私も顔を描く際、よくあるように丸を描いて縦横に基準線を引いて、それを基に描いているつもりではいたのですが、そこが適当になっていたのだと思います。

塗りについても、前回というか今までとは随分違う感じになりました。私はアナログ環境から出発した年代の人間なので、どうしてもその感じに近づけようとしていましたが、デジタルはデジタルとして、ある程度の割り切りが必要なのかもしれないと思えるようになりました。正直、今回塗るのがラクでした。ただ、今までの自分らしさ的な物は乏しくなった感じはします。良いのか、悪いのか、分かりませんが。

線の太さも明確に変わっています。今までは「ホワー」っとした感じを出そうとしていたのでとにかく細くしなくてはいけないという意識があったのですが、これもやはり前回の千早さんを描いている時に、「私が描きたい線はこの太さではない」と感じたので、素直に自分のやりたいようにやりました。

今後どう展開するかは分かりませんが、とにかく吹っ切れた感はあります。何にしても自分がその時描きたいと思った感じが出せればいいなー、と思います。

painwheel_150118_01.jpg
おまけ、描いてる途中。何の疑問も無くとりあえず裸体を描き始めるので、後で服を着せたり「わっか」を付ける時に色々と「あっ」と言う事になります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画