「TAB-MATE CONTROLLER」と私

bt_dolma005_09.gif株式会社セルシスが、「CLIP STUDIO PAINT」などで使用できる作業補助的なコントローラ、「TAB-MATE CONTROLLER」(以下TAB-MATE)を発表したのも発売したのも、結構前だと思います。つまり、例によって今更な話になります。

発表当時私はそれを特に必要としていませんでした。現在の作業環境で満足していたと同時に、タブレットでの描画時、私の左手は「頬杖を付く」という重要な役割を持っている為、使用する余裕がありませんでした。職場で仕事しているわけではないので、自分がリラックスできる体勢で作業するのも大切だと思います。

話は一気に飛んで数日前になるのですが、ちょっとした理由から「プログラマブルキーボード」と言うヤツを物色していました。それは思ったより高価で、そこまでして必要ないという事になったのですが、そのついでに一つの可能性として「TAB-MATE」の情報も確認してみると、その価格の安さに驚きます。通常4,000円、優待割引で2,000円です。そんな訳で、多分使わないだろうなぁと思いながらも購入してみました。

現在の作業環境では、タブレットとペンとボタンの組み合わせで、回転、拡大、スクロール、アンドゥ、リドゥは全て右手だけで操作でき、また「TAB-MATE」と比較すると、やはり現状のほうが操作に慣れているので快適といえます。

そんな訳で早速出番がなくなってしまった「TAB-MATE」ですが、やはりその価格を考えるとその手の悩みをお持ちの方には結構お買い得だと思います。また、「マウスモード」もなかなか良く設計できていて、その手の入力デバイスをお探しの方も選択肢の一つに入れてみるとよいと思いました。

clip_141105_01.jpg

しかし、私の作業環境で「TAB-MATE」の出番が無いというのも、使い慣れた「Intuos 3」が使える事が前提。コレもいつかは修理不能な状況になり、新しいタブレットを購入したら、その時は「TAB-MATE」の出番が来るのかも知れません。または、Intuosの新モデルでは再び両側にボタンが配置されればいいんだけどなぁ、、、

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画