最近の美希誕動画作業(13/10/18)

bt_dolma030_04.gif最近は音楽、と言うか「スターダストメモリー」の耳コピをやっていたわけですが、この作業がどうやら終わりそうです。予定よりも遅れていますが、考えていたよりも早く決着がつきそうです。と言っても、少しねかせて、改めて聴いてみて問題なければやっと描く作業に進めます。

DTM作業をやっていて、「あれ、意外とそうなのかな?」と思ったのですが、光デジタル接続、あれはもしかして機材の電源を入れる順番が決まっているんでしょうか。

以前オーディオインターフェースを買い換えて、個人的には地味な印象がある「光デジタル」の端子が使えるようになり、今回初めてギターのアンプシミュレーターとオーディオインターフェースを光デジタルで接続しました。ですが、ノイズが入ってとても使い物にならないような音になってしまい、なんだかよく分からないままアンプシミュレーターの電源を入れなおしたら直りました。その後何回か同じような状況になり、同じように解決しています。後で調べてみるのもよいかもしれません。(多分忘れてしまう流れ)

そんな事も含め、音楽の作業は私が素人という事もありますが、色々な発見があり、中々興味深いです。もう一つ例を挙げると、今回も例によってボーカロイドを使用したのですが、「スターダスト」の発音、原曲と比べるとどうも「ス」が遅い感じがして、一生懸命「ス」を前にずらして音声合成してもどうもノリが合いませんでした。という事は別の何かが影響してる、と言う事になるので、よーく聞き比べてみると、どうも「ス」が遅いのではなく「ス」が「長い」事が原因だったようです。結果としては「ス」を32分の1音符分短くして、その分「タ」を早くしたら大分まともになりました。意外とそういう所に気が付かないものです。

相変わらず読んでもさっぱり分からないような話ですが、人生は山あり谷ありなのです。

あ、ちなみに光デジタル接続、普通のフォンプラグでつなげた場合と比較すると、激烈にノイズが低いです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画