B型のDAW 後編

dolma022_06.gif寝起きで頭がボーっとしているので、ブログ更新して慣らしてみようと思います。

前回は「Ableton Live」でのDTMにおいて「ファイル管理が下手なので自分でも何が何なのか分からなくなった」と言う話でした。

と言う訳で、ファイル名の決め方に一貫性が無い事が原因だと思い、それ以降は単純に通し番号でSetの名前を決める事にしてみました。

live_130706_01.jpg

確かに見た目はまともになりましたが、実は制作によりどんどん増えていくSet、必ずしも数字の大きいものが完成度の高いものと言うわけでは無いんですね。「ミキシングやり直してみたけど前の方がまだよかった」とか、後は「イントロをカットした」みたいに完全に別アレンジだったり。

やはり各Setに対しての情報をどこかに書いておく必要があるようですが、ファイル名に書き込むと、結局最初の状態と同じになってしまいますし、別途テキストファイルを作ってそれにメモをしておくのも「別ファイル」を使用する手間が個人的には好きではありません。

と言う事を考えていて「あ、これか」と思ったのが「インフォビュー」機能です。

live_130706_02.jpg

上の画像の説明にあるように、ロケーターやクリップに自分の好きなように「メモ」を残すことができます。最近はこれを使ってそのSetについての説明を書き、後で見ても分かるように管理しています。これはこれで「その都度Setを開かなくてはならない」という手間はありますが、今のところこれが一番いいかなと思っています。

なんだか最近はAbletonの回し者みたいになってきました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画