身に余るDTM:プラグイン編

bt_yayoi_01.gif最近はDTMにどっぷり(思ったように行かなかったと言う意味で)はまっていたのでDTMの話題が続きます。

映像でも音楽でも、そういったものを制作するソフトウェアでは「プラグイン」と言うものを使うのが当たり前になってきていると思います(いまさら感)。第三者が作成した追加機能と言うような考え方でよいと思いますが。

DTMでも「VST」という規格のプラグインが一般的に使用されていて、無料のものから有料のものまでそれこそ星の数ほどあるようです。

私程度のレベルであれば、やはりまず手をつけるのは無料のプラグイン。雑誌などで紹介されていると「とりあえず入れてみよう」とインストールはしますが、使い方が分からなかったり(説明が英語のものも多々あります)、入れたこと自体忘れていたり、そもそも何に使うものなのか理解していなかったりと、そういった「参考書を買っただけで頭がよくなった気になる」的な行動は今後反省して行こうと思います。

そんな中、「これは絶対に欲しい!」と思った有料のプラグインがあります。それがRoger Linn Designの「AdrenaLinn Sync」(99ドル)です。以前も書いた気がしますが、私が使っているDAW「Ableton Live 9」の64bit化を捨てて、32bit版を使い続けている理由は、「AdrenaLinn Sync」が(完全に)64bitに対応していないからです。

「AdrenaLinn Sync」は簡単に説明すると、DAW上で動くギターのエフェクトです。例えば、私が弾いた素人なコードでも、こんなに劇的に変化します。(前半8小節がエフェクトオフ、後半8小節がエフェクトオン)

そもそも「Roger Linn Design」という会社は、私が初めてギターを買って、ひたすらギター本体やエフェクターの会社のWebサイトを見ていた頃、「いつかはこんなの使ってみたいな」と思っていた憧れのブランドの一つです。当時はハードウェアとしての「AdrenaLinn」に興味がありましたが、私程度の人間が買うにはちょっと高価だったので(多分当時でも3~4万円くらい?)、結局手を出すことが出来ませんでした。

「AdrenaLinn Sync」はプリセットを選ぶだけで十分な効果が出てしまい、全体の構造の60%くらいしか理解していないと思います。それも良いんだか悪いんだか、と思いながら事ある毎に頼りしています。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画