トーンカーブ、あなた無しでは生きていけない

bt_chihaya_02.gif今やろうと思っている事があまり上手くいかないので、ブログを更新してみようと思います。

先日「花のあるスタジオ」と言うイラストを描いた訳ですが、改めて自分は全体の色の調子を見る事が出来ないなと思いました。ただ、良いのか悪いのか、デジタル環境ではさらに色を重ねなくても「トーンカーブ」を使う事で調整する事が可能です。と言う訳で、私がどれだけ文明の利器に頼っているか、反省の意味もやや込めてここにさらしてみようと思います。

最初にレイヤー構成を説明しておきます。

illuststudio_130423_03.jpg

完成段階でのレイヤー構成は図の通りですが、今回の画像では「メイン」フォルダの上位にあるエフェクト的なレイヤーは非表示にしてあります。現在選択状態の「トーンカーブ_千早」が説明の対象になるフィルタレイヤーです。

次にこちらが単純に色を塗った段階の千早さんです。実際に塗る時は周りの小物はすでに塗り終わり、背景も大まかな色は決まっていたので、それらを意識しながら描画したのですがごらんの有り様です。思ったより薄いです。

illuststudio_130423_02.jpg

そしてこちらがフィルタレイヤーを適用した後の画像です。

illuststudio_130423_01.jpg

ちなみに、実際のトーンカーブはこのようになっています。

illuststudio_130423_04.jpg

最初に全体をより強い色にしたかった為、「設定」で「RGB」を選択し、全体を調整しました。その後、もう少し青みが欲しかった為、「Blue」のみを調整しています。

それと、フィルタレイヤーに対して色を描画すると、フィルタをマスクする事が出来ます。基本的には「黒=不透明100%、白=不透明0%」です。「トーンカーブ_千早」レイヤーも、千早さん以外の部分に、見えてはいませんが黒が描画されています。以前、気が付かずにフィルタレイヤーに色を塗ってしまった際にこの機能に気が付きました。当時は裏技を発見したような気分でしたが、後で見たら「CLIP」でも普通に説明されてます。

別にそういう機能があるのだから便利に使えばいいのかも知れませんが、描画する段階でもう少し何とかならなかったのかと、我ながら思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画