ニコ生をやってみよう (ボタン押し忘れ編)

bt_chihaya_01.gif先日、「ニコニコ生放送」(以下、ニコ生)をやってみたわけですが、自分がやりたいと思った事、出来ると思った事と、実際に出来る事、それをやる為にやらなくてはならない事、用意しなくてはならない物で、結構色々調べたり、悩んだりしました。という訳で何回かに分けて、それらを振り返りながら頼まれてもいないのに情報を提供してみようと思います。

さて、ニコ生と言っても色々な放送形態があります、リクエスト放送、顔出し雑談、ゲーム配信等。結果として私が行った放送の形態は「描いてみた放送」です。具体的には、

  • PCの画面をキャプチャーして配信する
  • 必要に応じて画像を表示する

と言った2点に特化した放送です。「リクエスト放送」はやったこと無いので全く仕組みが分かりません。その為たぶん、それを目指している方にはあまり参考にならないと思います。

ニコ生知識ゼロから放送を開始しようと思った際、まずはやはり、ニコ生のサイトやヘルプで基本的な情報を収集する訳ですが、その際目に付いたのが「Nikoniko Live Encoder」(以下、NLE)です。知識がゼロだった事と、公式アプリケーションと言う事で、あまり考えずこれを使う事に決めましたが、正解でした。上記で挙げた2点が簡単に設定、配信できます。後はヘッドセットがあれば音声も乗せられますし、Windows上で再生している音声も放送にのせられます(Vista/7に限る)。

具体的な使い方については、長くなってしまうので、申し訳ありませんがNLEのサイトやヘルプを参考にしてください。また、配線や音の流れを分かり難い図にまとめると、以下のような感じです。

nicolive_121130_01_01.jpg

但し、実際に放送を行う際に重要なのは、「配信開始」ボタンを押し忘れない事です。ボタンを押し忘れた為に15分ほど全く何も配信されなかった放送を私はよく知っています。皆様も始めての放送の時にはその点十分にご注意ください。

次回は「DWAの音がのせられなかった」話になる予定です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画