オーディオインターフェイス 2012

dolma005_09.gif皆様ご機嫌いかがでしょうか。皆様のコンピューターシステムはご機嫌いかがでしょうか。以前、私のコンピューターはご機嫌ななめだった時があったのですが、その時はメモリの不具合が原因でした。

ですが、最近、また新しい問題が発生しました。ニコニコ動画を再生している際に度々音声が瞬間的に途切れたり、それに合わせて映像も止まったりします。全くだめというわけではないのでそのままにしていましたが、さすがに気になるので、少し原因を探ってみたいと思います。

まず、症状が発生する条件としては、主にニコニコ動画、あまり利用しないのですがYouTubeでも確認できた事があったので、おそらくFlashPlayerを使用して動画を再生している時(ブラウザの種類を問わず)。また、DAWソフト「Live 8」を使用している時も、若干「にぶい」と感じる時がありました。

「Live 8」の現象は処理に負担がかかったと仮定すると、やはりFlashPlayerに原因があるのではないかと思われます。が、別のPCでは症状は発生しないので、その可能性は低いようです。

となると、私の思いつく原因は後二つ、「オーディオインターフェイス」と「IEEE1394(FireWire)」です。

まずオーディオインターフェイスですが、実はこの症状が発生する際、たまにですが、完全に音が出なくなってしまい、オーディオインターフェイスを再起動すると復旧できます。ならば、当然オーディオインターフェイスで何か問題が発生している可能性は高いと思います。試しにオーディオインターフェイスを外して、PC既存のサウンドボードから音声を出力すると、症状は発生しませんでした。

やはりオーディオインターフェイスに原因がある可能性が高いようですが、「IEEE1394」についても少し気になります。というのも、この現象、ご存知の方もいると思いますが、「オーディオインターフェイスが対応していないIEEE1394に接続した時の症状」を思い出させます。

たぶん、最近のオーディオインターフェイスでもまだその傾向はあるのかも知れませんが、IEEE1394接続のオーディオインターフェイスには「Texas Instrument社のチップが搭載されているIEEE1394への接続」が推奨されている機器がよく見られます。それ以外のIEEE1394へ接続すると、音が途切れたりノイズが入ったりします。

今回の症状とは微妙に違いますが、切り分け云々というより、今使っているオーディオインターフェイスが5万円前後(うろ覚え)した事もあり、出来たらそっちで何か起こっているとは考えたくないので、IEEE1394のボードも疑って見ます。

都合の良い事に、以前使っていたIEEE1394接続のオーディオインターフェイスがあるので、それを接続してみると、現在のところ概ね良好なようです。残念ながら今回の症状の原因は、やはりオーディオインターフェイスのようです。

しかし、今回付け替えた以前のオーディオインターフェイス。2in2outのコンパクトなものですが、確かに私にはこれくらいのモデルで十分なのかもしれません。

しばらくこれで様子を見てみようと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画