DOLM@ンガシアターができるまで 13

bt_chihaya_01.gif時間がナイヤガラの滝、もとい、無いながらも、ドリームクラブZEROには頻繁に通っています。あすかさんのプロフィールをコンプリートするはずだったのに、なぜか亜麻音さんのプロフィールをコンプリートして1年が終わりました。

遊んでばっかりみたいになるのも嫌なので、ブログを更新しておこうと思います。

今回は「素材」についてです。内容はそんな対したものではありません。と書いて、「じゃあいつもはたいした内容なのか」と、自分で自分にQuestion。まあ、それはさておき、実は今回の内容は次回の為の前置きだったりします。

「素材」とは、レイヤー、レイヤーをまとめたフォルダ、定規など、ComicStudioで制作、使用される様々なものを登録して使いまわすことが出来る、便利な機能です。「Adobe Flash」の「シンボル」と似てるかもしれません。「シンボル」と「シンボルインスタンス」がリンクすると言う点を除いて。

まずは、これが素材フォルダです。今回の説明で対象になるのは[マテリアル]>[ユーザー]のフォルダなので、注意です。

comicstudio_120417_01.jpg

使い方については私が説明するまでも無いのですが、簡単な方法としては、「レイヤー」のウィンドウから登録したいものをこのウィンドウにドロップ、素材を使う時はここからページにドロップするだけです。ページ内に、登録した素材と全く同じレイヤーが作成されます。もちろん編集も出来ます。

私の具体的な使い方ですが、まずは左上の「765プロ」。お話が765プロで起こっている時の必須背景です。ちなみに「使うときはページのドロップ」と書きましたが、ドロップするとドロップした場所が中心になってしまいます。素材を登録した時と同じ場所に配置したい場合は、(上の画像では分かりにくいですが)ウィンドウ左上にある「素材の貼り付け」アイコンをクリックします。

残り三つはテキストレイヤーです。「タイトル」については毎回全く同じものなのでそのまま使いまわします。「サブタイトル01/02」は毎回内容は変わりますが書式が同じなので、素材として登録しておけば、いちいち「フォントなんだったっけ、サイズこれでいいんだっけ」と悩まなくてすむので、ラクチンです。

でも、改めて見ると、頻繁に使うとは言え、素材化してるのはこれだけなので、なんだかさみしい感じです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画