DOLM@ンガシアターができるまで 01

dolma014_03.gif 以前「IllustStudio」についてのもろもろを書いたので、今度はもっとお世話になっている「ComicStudio」についてのもろもろを、DOLM@ンガシアターの制作過程をなぞりながら書いておこうと思います。例によってスーパーテクニックがあるわけでもなく、「ComicStudio」にあまり触れる機会がない方が読んで「へー」と思える程度のものですが、これを読めば今日からあなたもプロフェッサーアンです。

今回は「原稿用紙を用意する」という話です。

DOLM@ンガシアターはニコニコ動画に動画としてアップするのが最終的な発表形式になります。その為、「ComicStudio」に標準で設定されている普通の漫画用の原稿用紙では、何かと不自由します。つまり、最終的には縦横比4:3の画像として書き出す事になり、それに適した原稿用紙が必要になります。

実際に用紙の設定をいろいろ変更しながら、それなりに描画しやすかったサイズが「2800x2100pixel」でした。特に仕上がりや基本枠は使用せず、単純に2800x2100pixelの用紙を使用しています。下の図が具体的な設定です。

comicstudio_111117_01.jpg

しかしこの用紙の設定、DOLM@ンガシアターの第一幕から第二十一幕まで使い続けていましたが、実は小さな問題がありました。

最近は最終的な画像の仕上がりサイズを「640x480pixel」としているのですが、「2800x2100pixel」をComicStudioで「640x480pixel」に指定して書き出すと、割り切れない為か「641x480pixel」になってしまいます。これによってどんな問題が発生するかと言うと、実は全く問題ありません。単純に私が気になると言うだけです。

とは言え、毎回毎回この1pixelが気になるので、現在は「2800x2100pixel」に近く、かつ割り切れる大きさとして「2560x1920pixel」の原稿用紙を使っています。これなら25%縮小できっちり「640x480pixel」になるので、私もすっきりした気持ちになります。

さて、PC上で下絵も描くのならこれでよいのですが、私の場合は下絵は紙といつものシャーペンでなければ描けません。その為、A4の紙にこんな枠を印刷して、それを下絵用の原稿用紙として使っています。

comicstudio_111117_02.jpg

正直、何を基準にしてこの大きさにしたのかは、よく覚えていません。本当は1枚に4コマ入れたかったけど、窮屈になるか、小さくなってしまうのでこうなった、そんな気がします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画