素人「IllustStudio」道場 05

dolma012_04.gif7月になったらうちに帰ろう。お祭りかあるからうちに帰ろう。と言いながら、7月のバトルドーム関連祭り、いろいろ動画があがっていたようですが、まだほとんど見れてません。それくらい0905合作に全力投球です。

そんなわけで、ブログの更新もおろそかになりがちでしたが、「素人IllustStudio道場」、前回線を入れたので、がんばって下塗りをしたいと思います。

私の言う「下塗り」とは何なのか。私の場合、例えば「肌」や「髪」など、それぞれ別々に塗分けたいパーツ毎にレイヤーを作って色を塗っていきます。そのパーツそれぞれの範囲を単色で塗りつぶす作業、それがここで言う「下塗り」です。

下塗りのためのレイヤー設定は「グレースケールのラスターレイヤー」。つまり、線を入れるときのレイヤーと同じです。この設定を使う理由も同じで、「レイヤーカラー」を変更する事により、黒を代替色に変更する事ができるからです。ただ、レイヤーカラーを使用する目的が若干異なっていて、ここでは、作業中に作業しやすい色に変更する事が目的です。

そもそも、なぜ下塗りをするのかと言うと、以下の2つの目的があります。

背景が透けないようにする
私の場合は透明度を使用して濃淡を表現するので、色の薄い部分は下位レイヤーが透けて見えてしまうので、下塗りによりそれを防ぎます。

パーツの選択範囲を作成する
今のところ、私は境界線部分をペンのストロークにより塗分けることが出来ないので、とりあえず境界部分を気にせずに着色し、最終的に下塗りのレイヤーを使って範囲を選択して、不要な部分を削除します。これについては、塗作業の解説の際により具体的に説明します。

前置きが長くなりましたが、具体的な作業方法としては、境界部分をペンで塗り、その後ツールを使用して塗りつぶします。最初から塗りつぶしツールを使用してもよいのですが、結局、特に境界部分がちゃんと処理されているか確認する事になるので、初めから手作業で境界線を塗るようにしています。その方が、細かい部分や例外的に処理する部分(例えば必要に応じてはあえて線をはみ出して下塗りする場合もあります)も確実に処理できるので、安心です。

ちなみに使用しているツールは「水彩」の

  • 太さ=0.8~8.0くらい
  • 不透明度、絵の具量、絵の具濃度=100
  • 硬さ=80

です。

110729_01.jpg
↑こんな感じでちまちま境界線を塗っていきます。

境界線が塗れたら、後は「塗り」ツールを使用して塗りつぶしますが、やっぱり細かい部分で、意外と、本当にわずかに、塗り残しがあったりするので、特に境界部分は一通りチェックします。

110729_02.jpg

上の図が塗りつぶし後です。これは「肌」として処理する部分の塗りになります。この他の「髪」や「服」なども、同様にレイヤーを作成して下塗りしていきます。最後にレイヤーカラーを白にして作業完了です。

というわけで、最後まで言わないようにがんばったんですが、やっぱり言っておこうと思います。「デスラー!」

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画