素人「IllustStudio」道場 04

dolma022_20.gifえー!もう1週間たってるの!とりあえずブログ更新してから、他の事は考えます。

さて、下絵のスキャンも終わったので、いよいよ描き始めます。とはいっても、作風によって手順は大きく異なると思います。私の場合は「線画を描いて着色する」という作風なので、仕上がりまでの手順を大まかに説明しますと、

  1. 線画を描く
  2. 下塗りをする
  3. 着色する
  4. 仕上げ

となります。そのため、今回はまず最初の手順として、線画を描いていきます。

線画というと「ペンツール」を使う方も多いと思いますが、私は「パターンブラシ」に標準で入っている「色鉛筆」を使います。少しアナログっぽい感じが出るので気に入ってます。

110719_01.jpg
↑「色鉛筆」ストローク(拡大200%)

線画を描く際にもうひとつ必要なのが、線画を描くための「レイヤー」です。わたしは基本的には「グレースケールのラスターレイヤー」を使用しています。

これを使用するメリットは、「レイヤーカラー」を変更する事により、黒を代替色に変更する事ができるので、線画として描いた線と下絵の線との区別が付きやすくなります。また、仕上げの段階でも線の色を変えて調整が可能である、という点も期待できます。

110719_03.jpg

と、ここまで準備が出来れば後はひたすら描くだけです。基本、下絵に沿って線をなぞるのですが、大体200%以上に拡大した状態で作業を行います(描きやすいから)。そのため、下絵の段階で線がきっちり決まっていないと、「結局この線は何なんだ?」という事になり、拡大→縮小を繰り返して確認するので、効率が悪くなります。と、毎回思います。

110719_02.jpg
(拡大するとこんな感じです)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画