素人「IllustStudio」道場 01

bt_dolma027_16.gifそれにいたしましても、全くブログに書くこと、書けることがありません。仕方ないので、思いつきで「IllustStudio」を使ったイラスト制作プロセスを素人目線で説明してみようと思います。あくまでも「私はこうやってます」程度の話です。スーパーテクニックとかではありませんが、もしなにかの参考とか、暇つぶしにでもなれば幸いです。

「IllustStudio」は「株式会社セルシス」から発売されている、デジタルペイントツールです。たぶん、このブログでは何度か話題が出ていると思います。今回は以前に描いた「アイドルマスター」の「水瀬伊織」さんのイラストを使って、製作過程、というか、「下絵から塗りまで」くらいの感じで振り返ろうと思います。

まず下絵ですが、私はペンタブレットでの下絵が描けないタイプなので、紙とシャーペンで描きます。紙には特にこだわりは無く、ケントとか、上質紙とか、そんなような紙を使っています。シャーペンはHか2Hの芯を使っていると思うのですが、最近は何を使っているのか自分でもはっきりしません。

紙とシャーペンを用意したらおもむろに描きはじめます。マンガの入門書でよくあるように、丸を描いて、その中に十字を切って、顔を描く、といったオーソドックスな感じで進めます。全身を描く時も全体的なバランスを大まかに決めておきます。

大体の顔の大きさが決まったら、まずは目、鼻、口等をかいて、輪郭を整えます。対象の髪が肩よりも長い場合、その後、体を描いたり消したりして、結局いっしょに消えてしまう事になるので、髪は体がまとまってきた頃に描き始めます。

で、描けたのが以下の下絵です。

iori_110623_01.jpg
■伊織さんの下絵(部分)

さて、ウチの場合、アナログで下絵を描く際に、必ず守らなくてはいけない制限事項があります。それは「サイズはA4まで」と言う事です。なぜなら、ウチのスキャナーがA4サイズまでしか読み込めないからです。でも、A4サイズが読み込めれば大体は何とかなります。ウチでは。

とりあえず今回はここまでです。今回、「IllustStudio」が全く出てきていない気がしますが、気のせいでしょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画