ダンボール・ラプソディー

dolma012_04.gifそんなわけで、引越す前、業者さんが来て六畳一間の私の部屋に対して60箱のダンボールを置いていきました。「おいおい、ボクちゃん、六畳だよ、一畳あたり10箱ってwwwww」と思ったのですが。きっちり60箱使いました。さすがプロフェッショナル。あと、私、物溜め込みすぎ。具体例として、

  • ドリカラ(ドリームキャストカラオケ)
  • 使ってないMIDIキーボードx3台
  • MSX用熱転写プリンター

など、意外な物がいろいろ出てきました。

それらを3日でダンボールに詰めなくてはならなかったのですが、詰めれば詰めるほど私の居場所がなくなり、布団も敷けないので雑魚寝。それが意外とつらかったので、前日、前々日はネットカフェへ。しかし私は自分のテリトリー(巣)の中でなければリラックスできないタイプなので、結局十分な睡眠はとれず。「みつどもえ」と「侵略!イカ娘」と「デッドマン・ワンダーランド」を読んで無駄に体力を消耗してしまいました。

荷物を引越し先に収めてからもひどかった、八畳の部屋が荷物でいっぱい。開梱して布団を敷いて眠れるようになるまで三日。そして現在も完全には片付いておらず、日中はごみをまとめたり、もろもろの収納先を考えたり、、、私は、いつ、この引越しから解放されるのでしょうか。

引越しは、精神的にも肉体的にも大きな負担を強いる危険な行動です。友達とも離れ離れになり、見知らぬ土地で常にあなたは孤独と隣り合わせになるでしょう。それでもあなたの引越しを止める権利は私にはありません。ただ!これだけは覚えておいて欲しい!「引越しは計画的に!」

でも、正直なところ、ネットカフェで無駄に夜更かしして、夜食を食べながらマンガを読むのは、結構楽しかったです。

あと、不用品の処分とあわせて、引越し代が10万円かかったのは、結構楽しくなかったです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画