宅録の限界

dolma014_03.gif今回は「DTM」(DeskTop Music、パソコンで音楽を作る事)のお話です。ご存知の方にはわかりきったお話ばかりですが、よろしければお付き合いください。

雪歩さん誕生祭の動画は予定通り遅刻します。現在の進行状況としては30%位といったところでしょうか。思っていたよりも全く進んでいません。

慌てても仕方ないので、今日は落ち着いて「宅録」を行いました。宅録とは、その名の通り、ギターやボーカル等を自宅で録音する事です。もっとも私の場合、歌は歌わないので、録音するのはギターとベースです。

エレキギター、エレキベースの場合、アパートなどの集合住宅でも、音を気にせず録音する事ができます。というのも現在のDTMにおける一般的な接続方法としては、

  1. ギター
  2. (私の場合はアンプシミュレーター)
  3. PCのオーディオインターフェース
  4. PC
  5. ソフトウェアで録音
  6. ヘッドホンでモニター

という接続になり、ギターのアンプからマイクで音を拾わなくても録音が可能です。また、そもそもエレキギター、ベース自体がそれ単体では大きな音が発生しない為、ご近所の迷惑になる事はほとんどないでしょう。

そんな中、実はもうひとつ自分で演奏して録音してみたいと思っている楽器があります、それが「タンバリン」です。

もちろん、ソフトウェア内でタンバリンの音をサンプリングした音源もあるのですが、それほど演奏が難しいわけでもなく、単純に音源を並べるよりも実際に演奏したほうがなんとなくいい感じが出るんじゃないかと思っています。

というわけで、実際に買ってみたのですが、これが予想以上にうるさい。自宅でマイクを使って録音してもご近所から苦情は来ないかもしれませんが、確実に「なにこいつノリノリ」くらいには思われます。

そうなると今度はレンタルスタジオに行って録音するという事になりますが、タンバリンひとつ持って「コンチハー」とスタジオに入るのもなんだか珍妙です。

さて、いかがしたものでしょうか、、、

ちなみに、これが私の買ったタンバリンです。

pic_10121801.jpg

値段もそこそこ(1,300円くらい)でしたし、いかにもおもっちゃっぽい音がしそうだったのが、私の理想と一致しました。でも後で見たら、本格的なタンバリンも値段はそれほど変わりませんでした。

コメント

No title

以外に電子タンバリンとか電子カスタネットとか電子トライアングルっていうのは無いんですね

楽器の事はよく知りませんが、DIYでピックアップを装着させるとか?

Re: No title

コメントありがとうございます!久しぶりのコメントなのでおどろきましたw

実はこの記事を書いた後、どうしても今すぐ(夜中に)作業を先に進めたかったので、結局ソフト内の音源で済ませてしまいました。「けいおん!」タンバリンの出番は次回に持越しです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画