プロデューサー生活始めました

dolma013_11.gif「いまさら何言ってんだこいつ」と思われるかもしれません。

2009年6月13日に投稿した「DOLM@ンガシアター 第三幕」の動画の説明文に「アイドルマスターツインズを購入した」という事を書きましたが、「アイドルマスター(L4Uでない方)」は以下の理由から、未だに起動していませんでした。

  • 時間が無かった
  • 初プロデュースを誰にするか決められなかった
  • 活動終了時に結果に関わらず泣きそうな気がした

ですが、雪歩さん誕生祭動画を作成するにあたり、雪歩さんの事をもっと理解しておきたかったので、ついに先日プロデューサー生活を開始しました。「プロフェッサーアン」という名前が入りきらなかったので、プロデューサー名は「アンP」、ユニット名はティンとくるものが思いつかなかったので、アンつながりから「アン ルイス」にしました。この時点で何か間違えた感じがします。

多くの方が仰っているように、「オーディション」のゲーム性が思った以上に高く、毎回スリリングな展開を楽しんでいます。と言っても、まだまだタイミングにあわせてボタンを押すのに精一杯で、気がついたら審査員が帰っていたということもあります。

現在既に活動期間を半分過ぎたくらいですが、これまでで一番印象に残ったのは、雪歩さんが泣いてしまって初めてのタッチイベントが発生した際、わざわざ「目を突かないように気をつけよう」と警告されたにもかかわらず、光速で目にタッチしてしまい散々な結果になった事です。そんなつもりは無かったのです。雪歩さんごめんなさい。

でも、本当の事を言うと、初めてのプロデュースは「あずささん」って決めていたのに、、、あの時私にもっと勇気があれば、、、

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画