FC2ブログ

今年の目標 来年の目標 2018-2019

bt_riho_01.jpg 最近、やたらと音楽関係の欲が出てきました。ギターに関してもそうなんですが、今まであまり活用できていなかった機材を掘り下げてみたり、自分に合わないジャンル、自分がやる必要もない事に対して、変に追及してみたり、そんな事に時間を取られています。それらは結局着地点が見つからずに終わると思うのですが、ブログのネタには出来ると思うので、それはそれで良しとします。

さて、今年の目標に関してですが、すでに敗戦が確定しているのでさっさとまとめてしまおうと思います。

今年の目標はココにあるように、

  • 武蔵野ロック研究所」の第二話を描く
  • その月にオリジナルをカラーで1枚、スケッチ的な物を3枚描いていない場合は二次創作物を禁止とする

でした。2番目の方は目標と言うより規制なので、出来る出来ないと言う事ではありませんが、「武ロ研」は間に合いませんでした。今10本目(全15本)の下描きをしているところです。

敗因としては、一本一本に時間をかけすぎているのかもしれませんが、別の見方をすれば、そんな事をやっている時間が足りないのかもしれません。そこは遠距離通勤のつらい所です。また、他の要因としては、なんといってもギターブームが来てしまった事が挙げられるでしょう。ペンは握らないけどギターは抱えている時間が大分あったと思います。

まあ、ダメなものは今更どうこう言ってもしょうがないので、開き直り来年の目標を立てました。

  • さっさと「武ロ研」の第2話を完成させる
  • 「武ロ研」の第3話を描く
  • 「武ロ研」のメンバーが作中で演奏している曲を作る
  • 二次創作に関して、月に1枚(スケッチ、カラーは問わず)は無条件で許可する、ただしそれ以上の制作は不可

と、やや盛沢山な感じにしてみました。今年の目標も達成できなかったのに図々しい感じもしますが、自分のやりたい事にウソはつけないので仕方ありません。とは言え、何かうまい手を考える必要はありそうです。

また、二次創作に関しては、全く出来ないのは意外とつらいです。今年も「やっちゃダメ」と言う訳ではありませんでしたが、結局「武ロ研」を描くのに追われて、カラーなんか描いてる余裕はありませんでした。スケッチ程度のものでもいいので、ある程度のゆとりは持たせようと思います。

それでは皆様よいお年を。

箱ボロ特価をねらえ!

bt_moutan_01.jpg先日、teenage engineeringの「PO-35 speak」を購入しました。購入した経緯はまた別途書こうと思うのですが、一つの引き金になったのが「アウトレット品が出ていた」からです。具体的には今回のテーマである「箱ボロ特価」で、現在の市場価格が概ね12,000円なのに対し、約9,000円でした。

私は結構アウトレット品にはお世話になっていて、よくあるのは「チョイキズ」「展示品」そして「箱ボロ」ですが、「箱ボロ」に関しては本体には破損、使用感がなく、その割に結構値引きされていて、アウトレットの中でも特にお得感があると思っています。

ですが、ネットショップでの買い物では具体的な状態が分からない事も多いので、話のネタ的に、3,000円も値引きされるような箱ボロがどんな状態なのか、あくまでも一例として載せておこうと思います。

今回の場合は「擦れあり」と言う事だったのですが、具体的な状態はこうです。

po-35_box_181223_01.jpg

値札か何かのラベルをはがしたのでしょうか、確かに擦れていますが内部に影響があったとは考えにくいですし、実際PO-35は1週間程度使っていますが外見的にも機能的にも特に問題はありません。これで3,000円引きだったら相当お得だと思います。

そうは言ってもやはり「一例」なので、実際の状態はアウトレット品それぞれにより当然異なります。例えばここでも書いていますが、「Holy Grail」に関しては「箱破損」と言う事で大分大きな穴が開いていました。「さすがにこの箱を取っておいてもしょうがないか」と思い廃棄するレベルでした(もちろん本体には問題ありません)。

出来るだけ安く購入したいけど状態が気になると言う方は、やはり一度店舗に問い合わせた方が良いでしょう。

ちなみに、PO-35(pocket operatorシリーズ)は箱の構造上、開封すなわち箱破損です。

po-35_box_181223_02.jpg
じゃあ、なおさらOK!

夢のペダルボード ルーパー編

bt_riho_04.jpgエフェクターではないんですが、自分のペダルボードの救世主(スペース的な意味で)的な存在、VOCUのパワーサプライ「Baby Power Plant」についてはココですでに書いているので、自分の使っているエフェクターに関して、あまり参考にならないウンチクをたれられるのも今回が最後になります。来週からのネタ作りが心配です。

最後は配列的にも購入的にも一番最後のMOOREのルーパー、「Groove Loop」です。

最初は個人的な好みから、「ココはやっぱりエレハモの『Nano Looper 360』」と考えていたのですが、このサイズでもペダルボード内に収まりそうになかったので、人気も高く安心感のあるTC Electronicの「Ditto Looper」でほぼ決めていました。

ですが、そろそろ注文しようかと考えていたところ登場したのが、MOOREの「Groove Loop」です。これを見たとたん「やっぱりコレ!」と、手のひらを返した訳ですが、その決定的な理由は「ドラム機能」です。

一般的なルーパーは(特に小型のものは)ギターで使用した際、「いかにしてリズムパートを入れるか」が使いこなす一つのキモになってくると思います。いくつかのルーパー動画を見ても、アコースティックならボディーを叩いたり、エレキギターの場合はあらかじめ録音しておいたり、また、ピックアップにスマートフォン等のプレイヤーを近づけて直接録音するなんて方法もありました。

「Groove Loop」の場合は8ジャンル×2種のリズムパターンが内蔵されているので、手軽にリズムパターンに合わせた録音ができます。また、ルーパーのみ、リズムパターンのみの使用も可能なので、広く応用が利きます。もちろんテンポの変更(タップによる設定ですが)もできますし、しかも価格も低め(「Ditto Looper」よりも安い)。

guitar_memo_181216_01.jpg

結構いいとこ尽くめな気がするのですが、あまり話題に上がらず、また「MOORE」というブランドもあまり聞いた事ないなと思っていました。そういった意味では少し不安があったのですが、使った感じではその心配は不要で、(他と比較した訳ではありませんが)音質的にも機能的にも、全く不満はありません。むしろ私のスキルが追いつかないので申し訳なく思います。

ちなみに、「聞いたことないブランド」と思っていたのですが、しばらく使ってから自分のエフェクターにつけている「スイッチキャップ」のブランドである事に気が付きました。結構いろいろな店舗で見かける製品なので、もしかしたら「MOORE」と言って話が通じなくても「スイッチキャップ作っているところ」と言った方が分かるかもしれません。

guitar_memo_181216_02.jpg
全てのエフェクターにMOOREのキャップをつけています。ただしMOOREのエフェクターを除いて。色が被るしこっちの方が質感的に合っていたので、、、

武蔵野ロック研究所 024

m-r-k_thumb.gifなんだかんだ言って第2話の9本目まで来ています、意外と進んだ感じがします。あと6本と考えると、例えばもう12月になっていたとかそういった状況なら話は別ですが、年内の完成も何とかなりそうな気もしてきます。上手い事時間をやりくりして今年の目標を達成したいと思います、、、、、はっ(気づかなければよかった何かに気が付いた時の表情)。

musashino_rock_laboratory_181209_01.jpg

musashino_rock_laboratory_181209_02.jpg

musashino_rock_laboratory_181209_03.jpg

musashino_rock_laboratory_181209_04.jpg

夢のペダルボード リバーブ編

bt_riho_05.jpg 次の「武蔵野ロック研究所」はペンを入れているところなのですが、もう少し時間かかりそうなので、例によって自分の使っているギターのコンパクトエフェクターについて、あまり参考にならない話を書こうと思います。

今回はリバーブ、Electro-Harmonixの「Holy Grail」です。いつの間にかペダルボードの中でも大分お尻の方まで来てしまったので、このネタで間をつなぐ事に危機感が出てきました。

以前この記事でも少し書きましたが、箱破損の為格安のモノが出てきたので、予定よりも大分早く購入したエフェクターです。

実をいうと「Holy Grail」との付き合いは意外と長く、一世代前のもう少し大きい形(一番古いものよりは小さいタイプ?)のモノを持っていました。その当時、私が見た限りではリバーブと言うとBOSSかElectro-Harmonixの二択だったのですが、スプリングリバーブに定評があった事と、シンプルな「ワンノブオペレーション」が素人の私には分かりやすかったので「Holy Grail」を選びました。

当時の事情を付け加えて要約すると、「サーフィンインストを練習するのに都合がよかった」訳です。

と言う事で、最近は思ったよりもいろいろなリバーブが出ていますが、そういった経緯も含め、概ね「Holy Grail」に決めていたところに、アウトレットが登場して決定打になりました。

guitar_memo_181202_01.jpg

「Tone Tattoo」と合わせるとちょうど足りない要素を埋めて機能的な幅が広がりますし、やっぱりこのシンプルな操作が煩わしくなく、良い買い物ができたと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示