あれ?、、、こんなだったっけ!?

bt_mio_01.jpg今年の目標が「ホストガールを13+α人描く」と言う事もありますが、なんだかんだ言っても今まで一番多く描いたテーマはやっぱり「ドリームクラブ」だと思います。

そんな訳で結構「過去の作品」があるのですが、当時とか結構最近まで「そこそこだろう」と思っていたものが改めて見ると「あれ、こんなだったっけ?(悪い意味で)」とビックリする事が少なくなかったので、並べて見てみようと思います。

いずれも左が過去(2015年頃)、右が現在(2017年)です。

hostgirls_170625_01.jpg
まずは亜麻音さん。これ(古い方)も結構苦労して描いたんですけどね。確か構図を頑張ろうとしたのでその影響か、顔のバランスが当時としてもあんまり自分の絵っぽくない感じがします。

hostgirls_170625_02.jpg
次はあすかさん。方向性がずれたので若干比較しにくい感じもしますが、これは改めて見てもそこそこだと思います。

hostgirls_170625_03.jpg
次は魔璃さん。これが一番「あれ!?」って思いました。過去の方のイラストは結構気にっていて、アニソンDJっぽい放送をやっていた時に結構よく使っていたんですが、あー、そうですか、、、。

hostgirls_170625_04.jpg
最後は番外編的な感じですがノノノさん。比較するとかよりもなんか「20年後」みたいな感じです。

今描いているホストガールのイラストも数年後に見たら「あれ?(悪い意味で)」と思うかもしれませんし、むしろそうあるべきでしょう。と、まだ半分も描けていないくせにそんな事を考えました。

ようこそ、ドリームクラブへ(小声)

bt_asuka_01.jpgノノノ(12歳)」を描いた後、「幼女を描いたら次は熟女だろう、順番的に」と思ったのは事実です。残念ながら。

で、描くのは結構なんですが、そのシチュエーションが「ノノノ(母36歳)が自宅の木造2Kアパートで誰かと飲んでいるところを、隣の部屋からノノノ(娘12歳)が覗いている」と言うもの。いま改めて考えると、設定ととキャラクターがどうやっても、1ピースも合っていないと、自分でも思います。

まあ、描いちゃったものは仕方ありません。

pixiv_170618_01.jpg

最近思うんですが、私は描画方法と併せて描画以外の要素についても、もっと見る人の視線で考え直した方がよいのかもしれません。

ノノノ12歳(割とどうしようもない話)

bt_chihaya_02.gifそういえば、「小芽革命」の時もノノノさん(辻小芽ちゃん)でした。転換期には何かとノノノさんが訪れるのかもしれません。

なんでそうなったのか自分でもよく分からないのですが(そんな事ばっかり)、ふと「ロリノノノ」と言う単語が思い浮かびました。だからって何でもかんでも描く必要はないのですが、描かずにはいられませんでした。

でとりあえず描いたのがこれです。

nonono_170614_01.jpg

嫌いではありませんが「ロリノノノ」というテーマに対しては未消化だと思いました。あまりそういう感じがしません。

描けないのは悔しいのでもう一回描いてみたのがこれです。

nonono_170614_02.jpg

これもそれなりにまとめた感はありますが、「ロリノノノ」と言うよりもただのデフォルメと言った感じです。

描けない理由は、結局私が「危険な幼女崇拝」(ノノノさんがゲーム中そう言います)ではないからだと思いました。つまり自分の中に「こうしたい」という理想が無いからです。

と言う事で、まず「ロウきゅーぶ」を観ました。第一話はバンダイチャンネルで観れます。次に「ロリ」と言うキーワードでネットを検索しました。するとBing(最近使うようになりました)が「やめときなよ」と止めてきたのですが、制止を無視してセーフサーチを切り、やっぱりBingの言う事が正しかったと、セーフサーチを再びオンにしました。

そんな事もあり、「何やってるんだ、私、、、」とか思いながらpixivなどを利用し、社会的に問題ない範囲でそういった要素を分析した結果、以下のように定義しました。

  • そもそも、何をもって「ロリノノノ」とするのかが不明瞭だったので「ノノノ12歳」と定義しました。
  • 体のバランスが頼りない細さである。ウチにないバランス感。具体的には体は顔の幅よりやや広い程度。
  • 腰のくびれがない訳ではない。ないと思い込んで描いてはいけない。
  • 腕と脚がとにかく細い(普段自分が描く女性と比較して)、特に脚。脚と脚(つまり股)に十分な空間ができる。
  • 目を大きく描く。これは昔「ちゃお」の付録でついてきた「完ぺきマスター!少女まんがテクニック」で学びました。具体的には通常頭部の高さに対して6分の1を目の高さとしていますが今回は4分の1を意識しています。

で、出来上がったのがこれです。

nonono_170614_03.jpg

せっかくなので(何がせっかくなのかは不明)、エプロンが外せるようにしてみました。また、洒落て(どう洒落たのかは不明)スーツをスクール水着風にしてみました。

nonono_170614_04.jpg

ついでに等倍画像。

nonono_170614_04.jpg

まだまだ追及できる要素はあると思いますが、とりあえず私自身としては結構納得できました。しかしなぜでしょう、「描かなくてもよかったシリーズ」と言う言葉が頭に浮かびました。

pixivとDeviantArt

bt_riho_04.jpg「pixiv」(ピクシブ)は国内では有名なので今更言うまでもないのですが、「DeviantArt」は「海外のpixiv」と言えば語弊があったとしても分かりやすいと思います。ただ、イラストに興味がある方でも意外となじみがないのかもしれません。と言うのもやはり基本英語ですから、私も半分以上よく分かってません。

「pixiv」を使っていて最近ふと思ったのが、「pixivもSNSなんだなぁ」と言う事です。今更ですが。

たくさんのユーザーがいて、描く人がいて、観る人がいて、例えば何かの企画であったり、リクエストであったりと、ユーザー同士が交流する場所として存在していると言う事が、やっと見えてきました。それが今まで見えなかったのは私は「私の描きたいものを描く」だけで、主体が自分だからなのだと思います。そしてこれからもそうだと思います。(偏屈)

それはそれとして、「DeviantArt」で数週間前から頻繁に「Llama badge」(リャマバッジ)が届くようになりました。どこから届くのかと言うと、他のユーザーからです。何故そうなったのか、届いてどうなるのかと言うと、それがよく分からないんです。

ただ、もらったのでお礼くらいは言いたいと思うのが万国共通の人情。でどうするかと言うとそれぞれのユーザーのプロフィールページにコメント出来るようになっているので、そこに一言お礼を残せる、と言う訳です。実際すでに「Thanks for the llama!」的なコメントが大量に投稿されているケースも多いので、そういった意味では安心して投稿できます。

そうやってお礼を書きに行けば、そこにあるそのユーザーの最近の投稿にも目を通しますし、興味があればブックマークもウォッチ(pixivで言うフォロー)もします。

で、何が言いたいのかと言うと、この謎の「Llama badge」ひとつで、ユーザー同士が交流する流れが自然に出来上がっているのが「DeviantArt」をSNSとして見て場合、面白いし上手いなと思いました。またプロフィールのページも、何を載せるのか載せないのかカスタマイズできるので、フォーマット自体は共通ですが内容には個性があって、そういった意味でもpixivよりも一枚上手と言った印象を受けました。

興味があったら皆さんも見てみてください。
http://www.deviantart.com/newest/

まあ、そんな事言ってますが、すべてにおいて書いてある事の半分くらいしか理解できていませんし(英語だから)、「Llama badge」が何なのかはいまだによく分かりません。

輪廻

bt_alice_01.jpg「魔法少女育成計画」を観て、内容自体は結構残酷な話なのですが、なぜか「ハードゴア・アリス」と言うキャラクターの事が変な解釈で印象に残って、落書き的に四コマ漫画を描いたりしていました。しかし、描けば描くほどアリスのあの独特の雰囲気が表現できなくて、妙にモヤモヤするのでいっそちゃんと描いてみようと言う事になったのですが、これがひどい泥まみれ。まさに泥レス、いやむしろ底なし沼、と言うくらいに作業が難航、あるいは沈没しました。こういう生気のない感じのキャラクターって意外と描いた事がなかったのも原因の一つかもしれません。必要以上に血色悪く描こうとしていたようです。

最終的にはそれなりに仕上がったので、そういった意味ではよかったと思います。

pixiv_170603_01.jpg

せっかくなので泥沼具合を振り返ってみようと思います。

alice_170603_01.jpg
例によって塗り始めてから何かおかしい事に気が付いたところ。

alice_170603_02.jpg
塗り方で何とかしようと迷走し始めたところ。

alice_170603_03.jpg
改めて塗り直して心が折れたところ。

alice_170603_04.jpg
「アリスが描けなくてホストガールが描けるか!」と、赤いきつねのCMみたいな事を言い出して下描きを見直しているところ。

alice_170603_05.jpg
下描きがまとまってきたところ。

alice_170603_06.jpg
いざとなったら下塗りの状態に戻れるようにファイルを別名で保存したところ。

alice_170603_07.jpg
背景までまとめてから「顔四角くないか?ペヤングじゃないんだから」と思い始めたところ。

alice_170603_08.jpg
顔を修正して完成としたところ。

そんな感じでまとまりましたが、結局アリスで2週間取られました。まったくハードゴア。今年の目標「ホストガールを13+α人描く」が達成できなかったらアリスのせいにしようと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画