きおくいろモザイク

bt_dolma013_11.gifそんな訳で、一人で細々とニコ生をやりながら描いていた「きんいろモザイク」のキャラクターがとりあえずまとまりました。

前回の「記憶の中のご注文はうさぎですか?」と比べると、なんだかすごく描きやすかったのですが、それは私自身が記憶目的で一生懸命作品を観ていたからかもしれません。

それはそれで、変な意味で面白くないので、次にやる時は「描く三日前から視聴禁止」とかにしてみるのもいいかもしれません。ただそうした場合、例えば三日間きんいろモザイクとかご注文はうさぎですか?とかが観れないと考えると、、、つらいッス。

kiniro_mosaic_161127_01.jpg
横に長いので全然サムネイルに収められませんでした。

本当は綾ちゃんがいまいちだったのでやり直そうかとも思ったのですが、記憶力お絵かきとしては何となく一発勝負的にとらえているところもあるので、とにかく描いたものをそのままあげる事にしました。反省するところは反省点として取っておいて、機会があったら何とかしたいと思います。

ちなみに、個別のイラストはやっぱりニコニコ静画にあがっています。

挫折ゥ!CLIP STUDIO PAINT!

bt_chihaya_02.gif最近のニコニコ生放送における描いてみた系放送では「裏作業」って言うのが結構あるんですね。いつ頃からあったのでしょうか、そのまんま作業を裏でやっているので画面上には映らない放送。確かに私もサボリ防止目的でニコ生を利用する事がありますし、いわゆる「仕事絵」を放送しながら描いている方をみると「業務上」これは大丈夫なのかな、と素人ながらに心配してしまう事もあるので、まあ確かに有りだとは思います。思いますが、人が描いているところを観るのが好きな私としてはちょっと残念な感じもします。

と、文字数稼ぎの前置きも終わったのですが、今週は本当に書く事がないので、ブログネタメモから「CLIP STUDIO PAINT」(以下、CSP)に関する何度目かの挫折について書いてみようと思います。

これまで、CSPにノれない最大の理由は「ベジュ曲線で定規を作れないから」だったのですが、ある日何となくいじっていたらそれが出来る事に気が付きました。言ってよ、誰かもっと早く言ってよ。

clipstudio_161120_01.jpg
例えば、曲線定規のツールプロパティにあるこれですね。

「だったら俺だって使うよ」と思ってとりあえずマニュアルを「なるほど、あれはこうするのか、IllustStudioとはここが違うのか、あれは出来ないのか、、、」と読み進めていたのですが、しばらく読んでいたらなんだか覚えるのが面倒くさくなってしまい。「だったらComicStudioとIllustStudioでいいじゃん」という結論に達してしまいました。

実際ComicStudioもIllustStudioも現在の環境で問題なく動作していますし、とくにCSPに乗り換える理由もない訳で、CSPについては何らかの理由でそれしか手段がなくなってしまった時に考えようと思います。

まかせて★スプラッシュ☆スター★

bt_dolma022_20.gif最近は「観た事ないアニメ」のイラストを描くことが多いなと思います。と書いて調べてみたら実際にはこれと「コメットさん」の二つだけでした。少なくとも年内では。数の話は置いておいて、なぜそういった事になるのかと言うと最近は「曲から入る」事が多いからだと思います。「何のアニメの曲なのか分からないけどこれいいな」って感じで。そして調べてみたら10年前のアニメで今更観る機会もないとか。

で、前に書きましたがそういった経緯で購入したのが「プリキュア オープニングテーマコレクション 2004~2016」で、その中からどれか一曲選ぶとしたらどれだろうと、聞かれてもいないのに考えたところ、すごく悩みましたが「まかせて★スプラッシュ☆スター★」に決まりました。

と言う訳で描いたのがこのイラストです。なにがどう「と言う訳」なのかは私にも分かりませんが。

splash_star_161113_01.jpg

意外とこれくらいの大きさで人物を描く事が少ないので、面積の大きさと構成する要素の細かさで塗るのにそこそこ苦労しました。特にキュアブルームの髪を描いている時は学生時代に聞いた「仏像が袈裟をどのように纏っているか」という学術的研究の話を思い出しました。

ちなみに、キュアイーグレットはそれだけでも行けそうだったのでシングルカットしてニコニコ静画にあげておきました。

splash_star_161113_02.jpg

それはそれとして、オープニングコレクションが出たので今度は「エンディングコレクション」が出ればいいなと思います。

後からビショ濡れ

bt_mio_01.jpgなんでそう考えたのかは覚えてないのですが、なにかのタイミングで「透ける表現くらいできないとダメなんじゃないか?」と思ったみたいです。私が。具体的にはTシャツから透けて見える水着とか。

そんな訳で描いたのが先日の「エッチな写真撮ろうとしたでしょ!」何ですが、描いてる途中で「透けるには濡れてないとダメなんじゃないか?」と思いました。ですがそういう設定ではなかったのでとりあえずそのまま描き上げました。

そもそも、「透けるTシャツ」という表現をどう描けばいいのかよく分からなかったこともあり、復習的な意味も込めていったん完成したモノを「濡れて透ける」表現にしてみたので、書いておこうと思います。例によって「こうすればいい」と言う事ではなく「どうすればいいか分からなかった」という話なので、そういう感じでご覧いただければ幸いです。

とりあえず完成したものがコチラです。

girl_161105_01_10.jpg

で、その手順ですが

girl_161105_01_01.jpg
まず、基の状態がこうです。元々の色調を確認しながら描画したかったのでレベル補正とか合成モードのレイヤーとかは表示にしてあります。

girl_161105_01_02.jpg
さてその後どうしようかと考えて、Tシャツの内部も描いてマスクで処理してみる事にしました。これはこれでオーソドックスだと思います。Tシャツの内部は完全に前面に出る訳でもないので、とりあえず雰囲気が出る程度に描き込みます。

girl_161105_01_03.jpg
重ねるとこんな感じです。意外とこの先の雰囲気がつかめません。

girl_161105_01_04.jpg
描画したTシャツの内部(レイヤーフォルダ「水着」の中にあるレイヤーフォルダ「水着」、分かりにくい)とマスクレイヤーを同じフォルダに入れます。この状態だとマスクレイヤーに黒で描画した部分の水着が現れます。

girl_161105_01_05.jpg
あまり具体的な資料が見つからなかったので、そういった意味でもどうすればいいのか分からなかったのですが、基本的には濡れて肌に密着した部分が透ける、密着していない部分はシワになる。という感じだと思ったので、とりあえずシワのアタリをつけつつ描画してみます。レイヤー構成的には無難に別レイヤー「シワ_影」を作って合成モード「乗算」を使用しています。ちなみに最初にニコ生をやりながら試した時は先に水着の表現を決めたのですが、一晩寝たらシワが先の方がよさそうな気がしました。

girl_161105_01_06.jpg
一通りシワを描いたら水着を描く、というか塗る、というか。肌に密着していると思われる部分のマスクレイヤーを黒で塗り、水着を表示させます。

girl_161105_01_07.jpg
雰囲気がつかめてきたのでシワの「光」にあたる部分を描画します。レイヤー構成的には、やっぱり無難に別レイヤー「シワ_ホワイト」を作りました。

girl_161105_01_08.jpg
最初からそのつもりではいましたが、やっぱり陰影が濃すぎると感じたので「水着」、「シワ_影」、「シワ_ホワイト」の不透明度を調整して、陰影感を抑えました。

girl_161105_01_09.jpg
最終的に非表示にしていた各調整系レイヤーを表示して、必要に応じて発光(レイヤーフォルダ「発光_全体」)等を描き込みます。また、判断に迷いましたが最終的にレイヤーフォルダ「水着」は合成モード「乗算」に設定しました。

まあ、結局は最初の時点でそういうところまで決められるのが、一番偉いんだとおもいます。

「エッチな写真撮ろうとしたでしょ!」

bt_asuka_01.jpg辞書によると「文化の日」とは、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」との事です。

イラストを描く方だと割とそんな事あると思うんですが、ある時突然イメージが頭にフッと浮かぶので、特に理由も必要性もないのにやたらとそれを具現化しなくてはいけない気がする、そんな事が私にもたまにあります。つまり今回のイラストはそんな感じのモノなので、季節感も文化の日も全く関係ありません。なにやってんだろ、私、、、

本当の事を言えばこのイラストには二つの課題があったような気がします。一つは「ローアングル」、もう一つは「Tシャツを透けて見える水着」。と言う事を踏まえて改めてみると、どちらもそれほど結果を出せていないような気がします。

苦手なんですよね、極端なアングルをつけて描くのが。

girl_161103_01.jpg

それと、もうちょっとまともなタイトルは思いつかなかったんですかね。これは。(まるで他人事)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画