素人Ableton Live DJメモ 01

bt_dtm_01.jpg理屈だけは一丁前なので、今回「ド素人」から「素人」にレベルアップしてみました。

物欲の話とか、テンキーに別れを告げた話とかでも若干ふれていますが、自分が使っているアニソンDJっぽい何かのセットにリアルタイムでプレイできる面白ドラムトラックをのせてみる事にしました。Traktorで言うところのリミックスデッキみたいなものです、たぶん。Traktorのリミックスデッキ、触った事もありませんが。

元々、よく使うSE的なものの中にバスドラムが入っていて、「あえてバスドラム足さなくてもいいだろう」と思うような楽曲でも意外と馴染むので、もっとノリとかビート感がほしい時なんかに重宝していました。また、ニコニコ生放送や実際のイベントなどでリミックスデッキを効果的に使ってよりビートを強調した、ダンス/クラブ的なノリでプレイしている方を見て、「ウチでもこんなこと出来ないかな?」と思っていました。リミックスデッキの事、よく分かっていませんが。

で、実際に組んでみたらまるで説明書でもあったかのようにほぼ想定通りのもの出来てしまったので、慌ててブログに書いておこうと思った訳です。

と言っても、例によって1度に全てかける様な物ではないので、何度かに分けて分かりにくく説明してみようと思います。当分ブログのネタには不自由しなくてすみそうです。

とりあえず今回は概要的に実際のトラックの画像のみ載せておきます。この週末は遊ぶのに忙しすぎて、もうくたくたなので、、、

live_160327_01.jpg
コレだけ見せられても何の事かさっぱりだと思いますが、各トラックのIN/OUTから色々想像してみると面白いかもしれません。

さらば!テンキー(MIDIコントローラ)

bt_dtm_01.jpgアニソンDJっぽい放送をやるようになって、SE的なものをトリガーする為の、機能的にも大きさ的にも適当な何かがないか、と探した結果たどり着いたテンキー。実際、とても重宝しました。

その一方で、自分の使っているセットに「ドラムトラック」的なものをのせようと思いました。その為、若干見切り発車気味に「Launch Control」を購入した訳ですが、コレが予想以上に上手くいっています。自分の思いついた機能がほぼ100%実現できています。

それに伴い、SEをトリガーする役目も「Launch Control」が引き受ける事になりました。今まで使っていたテンキーは大きさや打鍵感(打鍵感?)で納得いくものをじっくり選んだこだわりの一品なので、自分のプレイ環境から外してしまうのは自分でも残念な気がします。

これからは本来の「テンキー」として、その役割を果たしてもらえればと思います。

dtm_160321_01.jpg

まあ実際には、テンキーはテンキーで長年使っているそこそこご立派なやつがあるので、結局コレの行き所は何処にもないのですが、、、世知辛い世の中だなぁ、、、

武蔵野ロック研究所 004

m-r-k_thumb.gif「網点」を使用する関係上、「ComicStudio」で書き出すのがやはり安定するとは思うのですが、倍率をいくつにするかで結果が意外と変わってきます。具体的には、分かりやすい表現が見つからなかったのですが、「100%の半分とそのまた半分、以下同じ」だときれいに出力してくれるようです。すなわち「100%、50%、25%、12.5%」。ちなみにこのブログ用のコマは40%で出力しています。

musashino_rock_laboratory_160319_01.jpg

musashino_rock_laboratory_160319_02.jpg

musashino_rock_laboratory_160319_03.jpg

musashino_rock_laboratory_160319_04.jpg

 

物欲!DTM 2016

bt_dolma026_11_01.gif率直に書きますと、Novationの「Launchpad S Control Pack」を購入しました。

「別に買えばいーじゃん」と言う話ではありますが、DTMに関する製品の中で特に「Novation」とか「Ableton」とかが好きな方からすると「え!何で今ごろ!?」と思われるでしょう。と言うか私自身、某電気量販店で売れ残っているのを見て、「こんなのw、今頃誰が買うんだよw、コレだから電気屋はwww、やれやれ、、、」と小バカにしてました。私でした。

どういう事かと言うと、「Launchpad」シリーズは現在第3世代、RGBフルカラーに対応したパッドの「Launchpad Mk2」が現行機です。それに対して「Launchpad S」は一世代前、パッドもマルチカラー(基本は赤黄緑)、このタイミングで欲しいと思う人は少ないでしょう。

では何故あえてコレを買ったのかと言うと、セットになっている「Launch Control」に用があったからなんですが、具体的には、

  1. 自分のDJっぽいセットに関して、「Launch Control」を使ったイイ事を思いつく。
  2. 「Launch Control」単体で15,000円くらいである事を確認。
  3. そういえば「Launchpad S Control Pack」ってあったな、と思い出す。
  4. 「Launchpad S Control Pack」が35,000円くらいである事を確認。
  5. 輸入代理店のオンラインストアで約30,000円のアウトレット品を確認。
  6. 某オンラインストアで20,000円のアウトレット品を発見。
  7. 「5,000円プラスすればLaunchpadとスリーブがついてくるのか、、、」と言う考えから逃げられなくなる。
  8. 「は、早く買わないと誰かに買われちゃう、、、」と言う疑心暗鬼が生じる。
  9. クリック。
と言う感じです。

それと、「Launchpad Mk2のパッドはベロシティーに対応している」と勝手に勘違いしていたのですが、どうやら対応していないようです。となると色が着くか着かないかだけならどっちでもいいや、とも思いました。

※旧世代のLaunchpadと「Launchpad Mk2」の違いは私も明確に把握していない部分があるので、興味のある方はご自身でも確認してみてください。

そんな訳で、唐突に斜め方向へまとめると、皆さんも欲しい機材のあるないに関わらず、メーカーや輸入代理店のオンラインサイトを覗いて見てください。買う必要のないあんな機材、こんな機材が意外な価格で売っているので、用事も無いのに欲しくなり自分が欲望にまみれた事を実感できるでしょう。それが物欲DTM。

dtm_160312_01.jpg
将来的にこうなる予定な私のプレイスタイル。いったい何をそんなにコントロールするつもりなのか。

グラフィックボードが無いとどうなるの?

bt_chihaya_02.gif特にどうもなりません。なぜなら私の使っているグラフィックボードがそのくらいの性能だからです。

事の起こりは一昨日の夜。ニコニコ動画をみてニコニコしていたら突然画像が乱れてその後何も映らなくなりました。本体を再起動してみたのですが何度やっても電源は入るものの起動しません。というか、BIOSの起動画面も出ないので恐らくマザーボードなのかな、と思いました。

とりあえずはよくある「放電」(PC本体の電源を数分コンセントから外す)をしてみたり、マザーボードの電池を交換してみたりしたのですが解決せず。だめもとで全ての周辺機器(USBやPCI)を外したところ無事起動。その後順番に周辺機器の接続と起動を試してみたところグラフィックボードを接続した状態で症状再現。と言う事で、グラフィックボードを抜く事になりました。

そうは言っても、グラフィックボードと言うものを使うようになったのは今のPCが初めてですし、PC買う時に最初から付いてた物なので、特に性能にこだわった訳ではなく、実際その程度の性能の物だったようです。IllustStudioやComicStudioを使用する分には特に影響はありませんでした。

となると、今回の件も含めさすがにいよいよ新しいPCを買おうと思っている訳ですが、「グラフィックボードいるのか?」と言う事になってきます。あればいざと言う時に頼りになるかもしれませんが、最初になくても後からこだわりの一品を購入するという事も可能ですし。さて、どうしたものでしょう。

graphics_board_160306_01.jpg
ウチのPCの中にこんなベッピンさんがいるとは知りませんでした。PC本体もそうですが、よくもまあ今まで長い間動いてくれていたものだと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画