羽鳥カノン(キグルミモード)

bt_yayoi_01.gif久しぶりに「あにゃまる探偵キルミンずぅ」を観て、「カノンお嬢様のキグルミモードがあったらいいのに」と、今更思いました。そんな訳でなんとなく描いてみた訳です。さりげなく、カラーで描くのは久しぶりかもしれません。

コウモリの時のカノンお嬢様と、ビューティーバットのイメージを参考にしてデザインしてみました。

ちなみに、「ニコニコ静画」も投稿していますが、自分の中でその情報をブログに載せる必要はない。ということになっています。ですが、その理由が思い出せません。このカテゴリーで記事を書く際に毎回毎回「なんでだっけ?」となりますが、さっぱり思い出せません。

今描いているもののラフから下描き

bt_dolma007_03.gif私はよく、下描きの際に「保険」的な意味で現在の段階を「レイヤー」として保存する事があります。クイックセーブ?見たいな感じでしょうか。もっと突っ込んで書き込みたいけどいざとなったら元に戻せるように、現在のレイヤーを複製してひとつを保存用、ひとつを作業用、としています。

今描いている、「羽鳥カノンお嬢様(あにゃまる探偵キルミンずぅ)のキグルミモード」という、分かりにくいイラストにおいて、その「保険」が何か丁度ラフから下描きの進行過程みたいになっていたので、あんまりDJDJ言うのもおこがましく思うと言う事もあり、一応載せておこうかと思います。

kanon_150826_01.jpg 資料を参考に「概ね2.5頭身(かぶり物含む)」で大まかなバランスとデザインを考え始めたところ。

kanon_150826_02.jpg デザインを詰め始めたところ。

kanon_150826_03.jpg 改めて資料と見比べた結果、スカートをもっと上の方ではいてみたところ。

kanon_150826_04.jpg 細かい部分を書き込んでみたり色々修正して、下描きを終えたところ。

まあ、それだけなんですが。

ド素人Ableton Live DJメモ 07

bt_dtm_01.jpgまたこれか、、、と言う感じで私のプレイ環境における「Novation Launchcontrol XL」のマッピングについて聞かれてもいないのに書いてみようと思います。(平常運転)

前回の記事でも思ってはいたのですが、解説の画像が分かりにくいんですよね。どうすれば分かりやすくなるのか考えたのですが、よく分かりませんでした。この世界は大きな謎に包まれています。じゃあしょうがないですねとあきらめ半分で作った画像がこれです。

launchcontrol_150817_01.jpg

三角は「PLAY」、四角は「STOP」、また、Aは「Track A」、Bは「Track B」という事になります。セットの構成に関してはこちらを読んでいただくと参考になると思います。

基本的には左側が「A系統」、右側が「B系統」と言う感じです。それぞれの具体的な機能は以下の通りです。

  • PLAY
    スロットの一番上にあるクリップの再生を開始。
  • STOP
    再生中のクリップの停止。
  • CLIP
    現在再生中のクリップの詳細(波形の状態、再生位置、ループやBPMなど詳細な設定等)を表示。
  • CUE
    クリップをプレビュー。(ヘッドホン等、メインの出力とは別系統で出力)

まあ、自分で書いていても「だから何なんだ」と言う感じはしますが、Ableton Live上では以下の様にマッピングされています。

launchcontrol_150817_02.jpg

ちなみに、PLAYとSTOPについては、画面上の構成的にもフェーダーとの関連的にもこの位置がベストだと思うのですが、CLIPとCUEに関しては自分でも分かりづらいと思います。プレイ中によく「これ押すと、、、どうなるんだっけ?」となっています。でも他に行く所が無いんですよね。

ドルマンガ、あがりますか?

bt_chihaya_03.gifはい!もうすぐあがります!

まるで、蕎麦屋の「今出ました」みたいなノリ。しかしそれはそれで蕎麦屋さんに対して失礼。

そもそもここは私のニコマス活動に関するブログであったはず。そうは言っても毎回毎回「DOLM@ンガシアターってなんだ?」って事になるのも面倒臭いんですよね。何にしても前回活動報告を行ってから約3ヶ月が経過しました。いやいや、そんなに経ってるはずないでしょう。(現実から目をそらす)

真摯な心で真実を語りますと、前回から2.5コマくらい進みました。一応今月に入ってから作業に時間を割くようになったので、、、年内にはあがるんじゃないかと思います。

ちなみに今回の話に出てくるやよいさんはこんな感じです。(ネタバレするので一部の台詞は隠してます)

dolma_150811_01.jpg

dolma_150811_02.jpg

dolma_150811_03.jpg

申し訳ない気持ちで一杯です。

ド素人Ableton Live DJメモ 06

bt_dtm_01.jpg最近はもうこれくらいしか書く事がありません。

そんな訳で、今でもちょくちょく設定が変更になっているので書きづらかった、私のコントローラ「Novation Launchcontrol XL」のマッピングについて書こうと思います。もちろん「これが良い」ということではなく、単純に「私はこうしています、すいません」と言う程度の参考情報です。

と言っても、Launchcontrol XLには全部で58のコントロール端子が付いていて、とても一度に説明しきれないので、今回は「ココはもう変更しないだろう」と思われる「フェーダ」についてです。

とりあえず、私以外の方が見てもよく分からない図にまとめるとこうなっています。

launchcontrol_150803_01.jpg

一般的なDJコントローラと比較してもそれほど突飛なところはないと思いますが、しいて言うとクロスフェーダが異常に長いと思います。とは言っても、「Ableton Live」においては基本的に「スクラッチ」という技術が存在しないので、それほど不便はありませんし、じっくりクロスフェードしたい時なんかはかえって都合が良いかもしれません。

ちなみに「A2」「B2」というのは、一般的なDJミキサーで言えば3、4番目のトラックのようなもので、つまりこのセット(デッキ?)は生意気にも4トラック仕様です。と言っても、「A2」「B2」は簡易的な機能しかないのですが。

その辺りもいつか書いてみようとは思いますが、こうやって書いている今でも「ノブ」部分については配置、機能を変更しようかと考えているので、いつ書けばいいのか分かりません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画