ド素人Ableton Live DJメモ 01

bt_dtm_01.jpgAbleton Live(以下「Live」)でのDJっぽいプレイについて、あーしたいこーしたいと考えていると、ド素人ながら話のネタになりそうな事柄が蓄積されてくるので、いつも通り聞かれてもいないのに書いておこうと思います。今回は「ワープを切る」事についてです。

いわゆる「アニソン」を流すタイプのプレイにおいて、「BPMが大きく異なる曲をつなげるにはどうしたらよいのか」について色々考えたりやってみたりしたのですが、今のところ個人的には「BPMを合わせないでさらっとクロスフェードする」のが一番良いのではないかと思います。

それが実際、世間的に認められるのか、評価できるのかは何とも言えないのですが、具体的な手順として、

  • 現在再生中の曲のワープを切り、マスターのテンポを次の曲のBPMに合わせてクロスフェードする。
  • 次の曲のワープを切ってからクロスフェードさせる。(その後、必要に応じてマスターのテンポを合わせたりワープを入れたりする)

以上の二通りと考えました。

ただ、再生中にワープを切ったり入れたりすると言うのはなかなか勇気の要る行為で、条件が整っていないと遠慮なく再生点が飛んでしまったりします。

と言う事で、私なりに体験した、再生に影響しないワープ操作の条件は以下の通りです。

  1. 再生中の曲のBPMとマスターのテンポが一致している
  2. ループ再生していない
  3. スタートマーカーがサンプルの「内側」に設定されている

「1」について、Liveの場合は、ワープを入れた時「ワープしていたら現在はココ」、切る場合も同様に「ワープしていなければココだったはず」と言うように、ワープのオンオフによって再生点が移動します。その為、再生点を移動させないようにする為には曲のBPMとマスターのテンポを一致させる必要があります。

「2」も似たような理屈になりますが、サンプル内をループして同じ箇所を繰り返し再生している時にワープを切ると「ループしていなければココ」と、再生点が移動します。その為、ワープを切る前には必ずループを切る必要があります。

「3」は言葉で上手く説明できなかったのですが、以下の図の赤枠内がダメな事例です。

live_150531_01.jpg

この状態の何がダメかと言うと、Liveはワープを切った状態だとサンプルの範囲内しか処理する事ができないので、スタートマーカーがサンプルの先頭に移動します。その為、これまでの事例と同様に「スタートマーカーがココだったら今はココ」と言うように再生箇所が移動します。

いずれにしても、やっぱり再生中にワープを操作するのはなかなか神経が要るもので、よくやる失敗としては、MIDIコントローラのノブでテンポを調整して、手を離す瞬間のわずかな衝撃で1ずれてしまって、実際にワープを切ったら「あれ?」となる事は何度かありました。練習を繰り返してなれるか、BPMの大きく異なる曲同士のつなげ方について、根本的に別の手段を検討するのもひとつの方法かもしれません。

貴方も来るのよ、、、

bt_mio_01.jpg風の噂に「劇団ドリームクラブ活動休止」と言う話を聞きました。調べてみたら実際に活動を休止するようですが、ただ今年度中には活動再開する計画のようです。

劇団ドリームクラブの「舞台ドリームクラブ」に関して、確か記事を書いたはず、と思って振り返ってみたら、何かと長めの私のブログにあって「ずいぶん長いな」と思うくらい書いていました。その後も「ホストガールオンステージ」を何度か観に行ったりもしていたので、再開予定があるとは言え少し寂しいです。

そんな気持ちをイラストで表したのがこれなのですが、、、なんだかなぁ、、、

ドアとか、そういう静物を描くのはやっぱり苦手です。苦手ですが、何回か書いていればそのうちまた自分で自分にブチギレして、描画に対する意識が変わると思うので、とりあえずはこれで良いのでしょう。(軽くキレた状態)

そうは言っても、魔璃さんだけの方がやっぱりマシだよなぁ、、、

mari_150525_01.jpg

サタデーナイトフィーバー

bt_giant_ozaki_04_01.gif「描けない周期に入った」と言って描くのを止めたとしても、誰にも不利益が発生しないのは素人の楽なところだなぁ、と思います。そんな訳で特にブログに書ける様な事もありません。ですが、何故かブログだけは「月に5本、あるいは週イチ」で更新しなくてはいけないと言う変な意識があるので、ニコ生の予定について、例によって聞かれてもいないのに書いておきます。

DTM放送を始めたのですが、これが、ひどいんだ。内容というかスキル的に。だったらやらなくてもいいだろうと言う事にはなるのですが、「見てる人がいる(かもしれない)」、「リアルタイム」と言う要素は、なんと言うか、私に良い影響を与えてくるのではないかと感じます。ミスするとすごく反省しますし、自分のリプレイを見れる(タイムシフト視聴)のでより客観的に評価できます。

とか何とか言ってますが、結局は自分がやってて面白いだけなのかもしれません。

何にしても、練習は練習でやって、「発表会」的な事を定期的(隔週土曜日23時から30分)に行う事にしました。どちらかと言えば悪い意味で参考になるかもしれませんので、興味のある方は見てみてください。

まあ、本当にいつまで続くか分からないのですが。

DJと言えるか分からないそれっぽい何か

bt_dtm_01.jpg根本的に問題なのは、私自身がクラブシーンになじみがある訳でもなく、ダンスミュージックを頻繁に聴く訳でもない、と言う点だと思います。ではそれなのに何故「DJ」の話題なのかと言うと、それは「Ableton Live」(DAW)を使用しているから、と言う事になります。

ニコニコ生放送(以下「ニコ生」)で実際にDTM放送をやるようになって、内容はとてもお話できないようなレベルですが、私自身はAbleton Liveに対する理解が非常に深まって、よかったと思っています。そうなると、やはりその特徴的な仕様から「DJing」と言う事に興味が出てきます。Ableton Liveを使っている方はよく分かると思いますが、興味がなくても必ず聞く話題ではないでしょうか。

しかし、先に述べた用に、私自身がDJに通じているわけではないので色々と情報を調べてみると、ターンテーブル、CDDJ、PCDJそれぞれに練習やセンスや経験など必要とされていて、ただ単に曲を流しているだけではなく、そんなに簡単なものではないんだなぁ、と感じました。

一方、私のプレイですが、基本的にはアニメソングをループさせてクロスフェーダーが行って帰ってくるだけの簡素なものです。そういった点でも「これをDJと言っていいのだろうか」と思わずにはいられません。

ですが、その程度の内容でも曲があればすぐ流せる、と言う訳にはいかず、実際には頭出しをしたり、「ワープ」の設定を行ったり、「ループ」出来るネタ的な要素を探したりと、事前の準備として、アルバム一枚に対して半日から一日がかりの作業が必要になり、意外とそんな時に「あぁ、今オレDJ」とか図々しい事を思ったりします。

また、どうしても「DJっぽくない」と思う理由として、「Ableton Liveを使っているから」と言う点が挙げられます。ココまでの話と矛盾しているようですが、それは頻繁に感じます。と言うのも、PCDJであってもやっぱり基本はターンテーブル的な専用のコントローラを使用して専用のソフトウェアでプレイするので、そういった動画やニコ生を観ても、Ableton Liveユーザーの私では「ウチとずいぶん違うなぁ、、、」と思うのが本音です。

たまにYouTubeなんかを観るとAbleton LiveでのDJを見かけますが、そっちの方まで行くと単純に完成した曲を流している訳ではなく、しかも大体の場合英語での解説なので、それはそれでさっぱり分かりません。

「これ、私がやる必要ないだろう」と思いながらもついついニコ生で配信してしまうのは、何だか分かりませんが「何となくカッコよかった!」と思える瞬間があるからで、つまりそれが「DJ」の魅力なのかも知れません。(そうなのか?)

bj_150514_01.jpg
簡素すぎる私のプレイ環境。

ドルマンガ進んでますか?

bt_dolma012_04.gifハイ!進んでます!

ウソをつく時は自分でもそれがウソではないと自信を持って発言しないと、いかにもウソっぽくなってしまうので皆さんも気をつけてください。

実際どうなっているかと言うと、あまり進んでいません。大きな理由は2つあって、ひとつは他にも描いているというかやっている事があるから。もうひとつは「もうやらなくてもいいから!」と言うくらい、最近やたらとDJ放送をやっているからです。

また、その他の理由として「4コマ縛り」でお話を考えている事が挙げられます。私の場合、動画にした時に音楽に合わせて画像を切り替えるのですが、やっぱり4小節、8小節単位で考えるとキリがいいんですね。そんな訳で4コマで一区切りして話が進んでいく、と言う制限を設けたら作業が全然進みません。解き方を知らないでルービックキューブやっているような感じです。

そんな感じでネームを考えてみたのですが、現在予定されているコマ数が40コマと言う事になりました。ちなみに、4ヶ月かかったとされている第二十九幕が32コマ。第一幕は10コマです。

、、、やり方と考え方を変えた方がいいのかもしれません。

comicstudio_150508_01.jpg
ちなみに、最後の2コマはなぜか「ガンXソード」の第1話に出てきた秘書さんのラクガキです。

誤算2015

bt_dolma003_05.gif「ごさんじゅうご」と「ごさんにせんじゅうご」って、そこそこ語呂が合ってて幸先いと思いました。

さて、遊ぶのに一生懸命になっていら、いつの間にかブログの更新もやや間が空いててしまいました。とりあえず前々から思っていた、ココ数ヶ月の間にあった「アイヤー」な出来事を書いてみます。

まずは体重について、体重が増えても別にそんなに気にしないのですが、ただ、服が着られなくなるのであれば話は別です。私は細めのスーツが好きなのですが、流石にパンパンになってしまってみっともないので体重を落とす事にしました。また新しいスーツを作るとなると、そこそこの出費になりますから。

私としては「普通に生活して太ると言う事であれば、それは食事を取りすぎなのだろう」と考えるタイプなので、単純に食事を減らしてみる事にしました。(一日完全二食、間食もなし、1回の食事量も従来比50%~80%)

その結果、約2ヶ月で概ね8kg程度落ちたのですが、今度はスーツがダボダボになりました。結局スーツは新調しなくてはならないようです。ちなみに、体重を何処まで落として、どうやって止めればいいのか、よく分かりません。

次がコンデンサーマイクです。コンデンサーマイクを私が買う必要があるのかないのかで言えば全くないのですが、やっぱり見てると欲しくなりますし、「もし自分の歌に生のボーカルを入れるとしたら必要」と、いらない妄想も手伝って買ってしまいました。(誰が歌うんだよ)

購入にあたって、やっぱりニコニコ生放送も視野に入ってくるので、ミキサーとの接続を考えたのですが、前にも書いたように私のミキサーのファンタム電源は15Vくらいです。となると、別途電源が必要になってきます。

そこで目に付いたのが「真空管コンデンサーマイク」。真空管を使うと言う事で専用の電源が付いてきます。また、物によってはケースやショックマウント等一式付いて14,000円程度で購入できるので、自分のような素人には都合が良いです。簡単に言えば、結局例によってBehringer製品のお世話になったと言う事です。

ただ、電源は電源であってアンプではないんですよね。当たり前ですが。ミキサーとの接続だったらまだいいんですが、手持ちのポータブルなMTRにつなげたら音量が足りませんでした。となるとやっぱりプリアンプが必要になりますが、プリアンプには大体48Vの電源が付いているので、つまり、結局、、、何?みたいな感じになりました。

最後に丁度今日あった事。最近ずうずうしくもニコニコ生放送でDJ放送(曲を流すだけ)をやり始めて、専用の放送画面を作りました。実際放送する前に何度も動作確認はしたのですが、やっぱり実際にやってみないとわからない事もありますよね。と言うか、テストするのであれば可能な限り本番の環境に合わせないとダメですよね。改めてそう思いました。コメントビュアーの事をすっかり忘れていました。

nicolive_150503_01.jpg
想定

nicolive_150503_02.jpg
誤算

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画