謎の15Vファンタム電源と小さなマイクロフォン

bt_dolma005_09.gifどこから書けばよいのでしょうか。そもそもの始まりはやはり先日購入したUSBミキサーのファンタム電源が実は15Vだった(らしい)と言うところから始まると思います。私の中ではファンタム電源と言えば48Vだと思い込んでいたので、このミキサーを購入する際、一般的なコンデンサーマイクの接続は諦めていました。

そこで最初に購入したのが「ヘッドホンと一体になっているヘッドセットタイプのダイナミックマイク」です。なかなか無いんだ、これが。多分探しても1、2種類しか見つからないと思います。

ヘッドセットタイプにこだわらなければ、ダイナミックマイクはいくらでもありますが、「描いてみた放送」をする際の使用を考えるとやはりヘッドセットタイプのものが都合が良さそうです。

ただ残念だったのが、購入したものの全く使う機会が無く、やっと出番が来たと思ったらマイクが全く使い物にならない音質でした。不具合なのか、限界なのか。

ちなみにその際、10年以上前に購入した安物のハンドマイクをとっさにつないだのですが、これが妙に性能よくてビックリしました。やはりヘッドセットとハンドマイクには根本的な機能の違いがあるんだなぁ、と実感しました。

と言う訳で新たに購入したのがこれです。JTSの「CM-8015」と言うマイク。大体9,000円くらいだったと思います。

mic_140830_01.png

色々考えたのですが、必ずヘッドセットでなくても、タイピン型とかヘッドウォーンタイプとかそういうのを使って、音声は別途ヘッドホンなりイヤホンを使えばよいだろうという事になりました。また、ファンタム電源についても、いろいろ物色していたところ、こちらのマイクはファンタム電源12~48V対応でした。特にこういったタイプのコンデンサーマイクは48V以外にも対応しているものが多いようです。

一応補足しておきますと、ケーブルの小さい方の端子がマイクに、大きいほうの端子が黒いヤツにつながり、黒いヤツがミキサー等のXLRにつながります。

装着感もコツがつかめればそこそこで、メガネをかけてさらにヘッドホンを着けてもそれほど違和感はありません。むしろヘッドフホンを着けるとより固定されてポジションが安定する感じがします。感度も良好で、鼻息や環境音もよく拾います。無指向性ですしその辺りは仕方ないでしょう。

まぁそれはそれでよかったのですが、正直な所、何でこんな所に一生懸命お金と時間をかけてるんだろうと、自分でも思わずにはいられません。

コミックマーケットに行ってきました(通算2回目)

bt_rui_01.jpg今になって思えば、回ってみたいブースが2つ有れば、コミケに行く理由としては十分だったのかもしれません。

そもそもの始まりは、夏休みがたまたまコミックマーケットと重なったという事だけでした。その後ふと、「行ったらもしかしたら『爽快主婦』さんの幻の単行本『リトリップ』が手に入るかもしれない」と言う事に気がついたら、これは行かずにはいられない、と思いました。

ただ、コミケ素人の私は、サイトとか、Webカタログ(結局現在ゴールド会員)とか見ても分からなかったんですね、爽快主婦さんが参加されているのかどうか。恐らく日曜日に参加されていると思われるくらいには確認できましたが。結局確定できたのは、行きの電車の中でms先生ご本人のツイートを見た時でした。

それともう一つは「最終未来兵器mofu」さん。これまで何度もタイミングが合わなくてステージを見逃していたのですが、丁度日曜日に参加されると言う情報を前日に確認したので。是非こちらにも寄らせていただこうと思いました。

会場に着いたのは12時を過ぎた頃でしょうか。噂通りとにかく暑かったですね、会場の中が。湿度が高かったです。熱中症に注意が必要と言う事と併せて、会場では水分の摂取及び排泄が困難と勝手に想像していたので、それなりに対策は取っていましたが、何度か「クラッ」ときました。

実は私、スーツを着て行ったんですが(それしか着るものが無い)、これで倒れたらそれこそ「コミケをなめてる」と、ツイッターあたりで吊るし上げられかねないので、そこは何とか踏ん張りました。

「爽快主婦」さんの方はとっくに売り切れていたのですが、「最終未来兵器mofu」さんの方はCD残り3枚で、何とか購入する事ができました。全然そんな事は想定していなかったのですが、ブースにいらっしゃった白幡いちほさんと雨情華月さんとピュア紳士の方と少しだけお話もさせていただきました。あちらから気さくに話しかけていただき大変恐縮したのですが、それに対して人見知りな私は逃げるように現場から退散し、大変失礼いたしました。

何にしても、目的の半分は達成できたので、それはそれでよかったと思います。それと多分、この夏で一番汗をかきました。

comike_140817_01.jpg
東京ビッグサイト。上の方の逆三角形が会場だと思い込んでいる程度にコミケ素人です。会場内の人ごみの中を流れに身を任せて歩いていると、なんだか平日の朝の新宿駅にいるような気分になります。

comike_140817_02.jpg
戦利品。よく見たらコミケスペシャルエディションだったんですね。得した気分です。

引き続きさっぱり参考にならないニコ生音声事情

bt_dolma018_14.gif以前、それほど必要性は無かったのですが、興味本位と勢いでUSBミキサーを購入しました。しかし、自由度が広がりすぎて、自環境においてどのような接続にすればよいのか、いまひとつ結論が出せなかったのですが、一応この図のような感じになりました。全ての要素を表すとまとまらなくなるので割と簡略化してありますが。

nicolive_140810_02.jpg
(クリックで大きい図を表示)

自分で実際に利用するには都合のよい環境に仕上がったのですが、理論的に説明するには何だかよく分からない、「習うより慣れた」感じなので、箇条書きでポイントを挙げると、

  • 「Niconico Live Encoder」(以下NLE)の入力デバイスではUSBミキサーを指定する。
  • NLEのモニターキャプチャー機能は使用しない。(必要に応じて自分の放送を直接モニターするため)
  • PCの負担分散も考慮し、思い切って別PCを使用して、そちらでDAWを動かす。(ただし予定は無い)
  • とにかく全ての音声はUSBミキサーに送る。そういった意味でもミキサーと言う形態は便利。
  • オーディオI/F Aの出力もミキサーに送る。例えばSkypeでの通話を放送の乗せる際などに必要になる。はず。(実験済、要複数出力)
  • ミキサーからオーディオI/F Aに音声を送り、ダイレクトモニタリング機能を使用してミキサーの音声をモニターする。
  • その為、ヘッドセットのヘッドホンはオーディオI/F Aにつなげた方が都合がよさそう。(ミキサーから音声をモニターするという事は、モニターしている音声は放送に乗るということになる。)
  • そうは言っても、ヘッドセットのマイクはやはりミキサーに接続する。
  • 現状から考えれば、実は別PCを使う必要は無く、ポータブルなオーディオプレイヤーをミキサーにつないで音楽を流せば、それで十分。
と言うように、自分で読んでもやっぱりなんだか分かりません。ですが、とにかく「どの音声をどこに流すか流さないか」と言う点では、出来ない事は無いんじゃないかと思うくらい都合よくなりました。

また、ここまでやって思ったのは、USBミキサーもオーディオI/Fも本当に色々な機能のものがあるので、それに自分のやりたい事を掛けるとその手段の特定は難しく、結局は自分が納得できるまで、接続も機材も貪欲に探って試して失敗してを繰り返してみるしかないのかもしれません。(やっぱり全然参考にならないまとめ)

そうだ、幕間をやろう。

bt_dolma005_09.gif最近はブログを更新する時間もままならないのですが、それでも先月は4回更新しているので、私自身としては割りと評価してます。

そんな訳で、やろうと思っている事にも中々時間が割けないのですが、そんな事言ってたら何も出来ないので、さて何からやろうかと考えたところ、やろうと思っていた事がたまっている分選択肢が多すぎて難儀しましたが、「DOLM@ンガシアター」の幕間を作る事にしました。そろそろやってもいいと思いますし、ネタもあります。

今回の幕間は「耳コピ コード理論」です。と言っても実際には私が皆さんに教えるのではなく、私の行った結果に対してむしろ皆さんからご指導をいただきたい、と言うような内容になる予定です。

今日何とかベースを入れて、音の準備ができました。とは言ってもこれからミックスして、録画して、作画して、編集して。まだまだ先は長いです。

音楽理論に詳しい方もそうでない方も、楽しめるようなものになればいいなー、と思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画