素人「Illustrator」道場

dolma018_14.gifでもですね、ちょっと強気な発言をさせていただくと、実は「Illustrator 10」の時に、Adobe認定ユーザー試験に合格してるので、それほど素人と言う訳でもないかもしれませんが、別にその手の業界で仕事をしていた訳でもなく、また最近はさっぱり使う機会がなくなってしまったので、結局は「基本操作程度なら問題ないでしょう」と言う程度のレベルです。ちなみに今使っているバージョンは「CS4」です。

と言う事を踏まえて、先日久しぶりにIllustratorを使ってイラストを作ったので、聞かれてもいないのに色々語ってみようと思います。完成品については提出先でご覧いただければと思いますが、とりあえず今回は以下のアートワークの制作過程に関して、こんなふうにオブジェクトを構成したと言うあまり役に立たない程度のお話です。

haruka_130728_01.jpg

とりあえず下絵を描いてをれをスキャンしてアートボード上に配置するまでは別に悩むところもありませんが、さてこれをどのように構成していくか、どこを塗りにするのか、線にするのか、いや線にするところ無いだろう等、結構悩みどころだと思います。そんな事で悩むのはIllustratorの使用頻度が低い私だけかもしれませんが。

ですが、実はこの手のイラストを処理するのは今回が初めてではないので、

haruka_130728_02.jpg
こういったオブジェクト(以下「オブジェクトA」)の上に

haruka_130728_03.jpg
こういったオブジェクト(以下「オブジェクトB」)を重ねて完成させようと決めていました。なんか、改めて説明を書いてみると、別にそうする以外に方法は無いんじゃないか、何言ってんだいまさら、みたいな感じもします。

それはそれでよいとして、それをどのように作るのか、単純にオブジェクトAを作って、オブジェクトBを作っていくという方法もあると思いますが、私は「線を塗りで描画する」方法をとりました。具体的には以下の画像の状態です。

haruka_130728_04.jpg

さらに拡大するとこう言う事です。

haruka_130728_05.jpg

実際、この方法は面倒くさいです。もちろん一本のパスでいきなり全てを構成できるわけも無いので、適当なところでパスを閉めて、ある程度まとまったらパスファインダで合体させて「複合パス」にします。もちろん「複合シェイプ」でもよいと思いますし、そっちの方がやり直しがきくので賢そうですが、私は久しぶりにIllustratorを使ったので、そんな事忘れてました。

あえてこういった方法をとるのは最初に「線の調子を見ておきたい」というのが大きな理由です。私が普段描くイラストと同じように「線を描いて、その後塗る」と言う考え方と同じです。

ではこの後どうやってオブジェクトAとオブジェクトBを作るのかと言うと、実はすごく簡単で「複合パス」を「解除」するだけです。そうすると一番外側のアウトラインと言うかパスと言うかが「オブジェクトA」に、それ以外のパスが「オブジェクトB」になります。

まあカッコつけてこんな事書いてますが、実は複合パスを解除した時、なんだか分かりませんが微妙に線が「痩せた」ように見えたので、オブジェクトBに対して0.5ptの黒い線を追加していたりします。超テキトウ。

祝!理保さん入店!(ネタバレ有)

bt_mari_01.jpg※ XBOX360版の「Dream C Club Zero」(以下DCCZ)に関するネタバレを含みます。

何度かブログにも書いた様な気がしますが、私にとってDCCZは「カラオケステージを観る」と言う事が一番の目的です。それをより楽しむ為には最低でも全てのホストガールがカラオケVIPルームに登場している必要があります。そういった意味では私のDCCZはまだ始まってもいないのですが、ついに最後のホストガール、理保さんを入店させることが出来ました。やっと入り口が見えた感じがします。

という事で、記念に理保さん入店時のデータを残しておこうと思います。ちなみに括弧内の数字は魔璃さん入店時との比較、太字は新規追加要素です。

  • 理保さん入店のきっかけ(40個目の実績)
    「あすか プロフィールコンプリート」
  • かかった日数
    574日(+310)
  • 獲得したDCCポイント
    3,316,853pt(+1,136,876)
  • 飲んだドリンク
    508,155ml(+152,881)
  • 食べたおつまみ
    154,650g(+72,780)
  • 稼いだお金
    38,440,400円(+11,160,600)
  • 来店した回数
    1,284回(+433)
  • ハッピーエンドを獲得したホストガール
    12名全員
  • バッドエンドを獲得したホストガール
    魔璃/あすか/魅杏
  • プロフィールコンプリートしたホストガール
    あすか/魔璃/遥華/るい/亜麻音/アイリ/ナオ/
  • ビデオレターを獲得したホストガール
    魔璃/あすか/るい/魅杏/アイリ
  • 一緒に初詣をしたホストガール
    魔璃/みお/るい/魅杏/ナオ/アイリ/遥華/ノノノ/あすか
    (玲香さんも初詣に誘うのに十分な状態だったのですが、先にボウリングに誘われてしまいました)
  • 捕まえたドリー虫
    0匹(いまだ見つからず)
  • セクハラした回数
    3回(+2)

こうやって見ると、魔璃さん入店からずいぶん時間かかったなぁ、と思います。

あすかさんと仲のよいホストガールは亜麻音さんとナオさんと分かっていたのですが、亜麻音さんが全然仲がいい事を認めず、すっかり後回しにしていました。やるだけやってみようと思い、ターゲットをナオさんに変更したら、簡単に教えてくれました。

それと、思わぬ実績解除だったのが「プレイボーイ」です。玲香さんのプロフィールコンプリートを狙って、るいさんの好感度も上げていましたが、変にテンションが上がって「どっちのVIPルームにも行ってやる!」とやっていたら解除されました。ただ、この流れ、るいさんが入院中に玲香さんと温泉旅行に行くと言う、何ともプレイボーイ、というか悪い男な展開になってしまいました。

最後になり恐縮ですが、理保さんの中の人、現在療養中の後藤邑子さん、大分回復しているとの事ですがまだ全快ではないようですので、一日も早い回復をお祈りいたします。

riho_130722_01.jpg
おまけ:最近かけてなかったのでちょっとお絵描き。

ハルカニとKISSと私

bt_takane_01.gif 「KISS」は1973年結成のアメリカのハードロックグループです。平成生まれ(自称平成生まれは除く)の方には分からないと思うので、「聖飢魔II」をイメージするといいと思いますが、イメージできたら昭和です。そんな事ないですね。失礼しました。都心などでは最近、来日ライブのポスターを目にする機会があると思うので、そちらの方が分かりやすいでしょう。何にしても結成40周年。メンバーの皆様の年齢を考えるとそのパワーには感服いたします。

「KISS」は私にとって、「洋楽の扉を開いた」と言う意味でも重要なバンドです。初めて買ったアルバム「DESTROYER」の1曲目「Detroit Rock City」を聴いた時は、日本の音楽業界を批判つもりは全くありませんが、それでも「本物だ!」と、生意気な事を思ったものです。

さて、話は唐突にニコニコ動画のユーザー生放送イベント「HaRuKarnival'13」に移りますが、3年ぶりにイラストで参加させていただきました。そのイラストのネタ基が「DESTROYER」のジャケットです。

本当は、春香さんはやっぱりMCも勤めるポール(星の人)と思っていたのですが、イラストの趣旨上その位置(左端)には行けないのと、「星の人」なら美希さんがいるので、とりあえずエース(スペースな人)になってもらいました。選択肢としてピーター(ネコの人)もあるように思えますが、ネコは千早さんで決まっていました。ちなみに、ジーン(ベロの人)は何故か貴音さんしか思いつきませんでした。

例によってイラストは提出先でご覧いただければと思いますが、とりあえず個人的には一番気にっているんですが、台詞やら春香さんやらで隠れ気味になってしまった「四条・ジーン・貴音」を載せておいてみます。ちなみにあの台詞は「KISS」がライブの冒頭で言ういつもの台詞をちょっと変えたものです。(Band→Idol)

takane_130716_01.jpg

ちなみに、私が以前作った動画を見ると、さりげなく「KISS」の影響を受けている事が分かるかもしれません。「TSME」のロゴマーク、特に「S」なんかはそのままです。もちろん意識してましたが。

ネタ基が気になる方は下の商品が参考になると思うのですが、これ、オリジナルのジャケットとは微妙に違うんですよね、、、いや、大分違うなこれ、、、

DestroyerDestroyer
(1990/07/31)
Kiss

商品詳細を見る

im@s TUKU-tail Party BD2 開演!

dolma013_08.gifいきなり個人的な反省会からはじめたいと思いますが、私のパート、音楽を自分でツクってるわけですよ、で、これまでのほぼ全ての作品がそうなんですが、最初に出したやつは必ず後でダメなところにどんどん気づいて、合作の場合だと単品を出した時に完成版が出来る、そんな流れなのですが、それをもうやめたいと思い、今回はギリッギリまでねばって音作りをしました。その結果、まあそれなりにまとまってきたとは思いますが結局「まあ、それなり」レベル。しかもねばりすぎて、映像の方が全然間に合わなくなり(4割くらい使いまわし)、総合的に見ると絵も音も完成せず、おまけに締め切りにも間に合わなかったと、反省点しかない結果になってしまいました。

と言う訳で、私も参加させていただいた「im@s TUKU-tail Party BD2」がついに公開されました。今年もストレートなツクダロイドから、意外な方向のものまで、いい意味でバラエティーに富んだ内容になっていると思いますが、今回の参加者が全員昨年も参加されている方という事もあり、去年のパーティーを知っているとより楽しめる部分もちょこちょこあると感じました。お時間があったら是非そちらもどうぞ。

ちなみに、私のパートは去年の続きなので、去年のヤツを見てないとさっぱり分かりません。(見てても分からないらしい、、、)

参加者の皆様、超!乙サイティン!でした!

今年もパーティーがはじまるよ

bt_takane_01.gifすでに皆様ご存知の通り、「im@s TUKU-tail Party BD2」が開催されます。今年は7月8日公開との事です。と言う訳で今年も頼まれてもいないのに告知動画を制作しました。

実は当初、公開予定日として6月29日が挙がっていましたが、そのタイミングでは告知動画の完成が間に合いそうに無かったので、今年はツクるのを諦めていました。ですが、主催のmowtさんに確認したところ、公開が1週間ほど遅れるとの事なので、ならばもうちょっとがんばってみようかなと思い、そして完成してしまいました。

自分でツクっといて何ですが、完成してよかったのかどうか、複雑な心境です。(内容的な意味で)

また、こんな動画ですが、広告してくださった皆様ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。まさか広告してくださる方がいると思わなかったので、自分で広告入れてました。

takane_130707_01.jpg
おまけ画像:動画で使った貴音さん素材

B型のDAW 後編

dolma022_06.gif寝起きで頭がボーっとしているので、ブログ更新して慣らしてみようと思います。

前回は「Ableton Live」でのDTMにおいて「ファイル管理が下手なので自分でも何が何なのか分からなくなった」と言う話でした。

と言う訳で、ファイル名の決め方に一貫性が無い事が原因だと思い、それ以降は単純に通し番号でSetの名前を決める事にしてみました。

live_130706_01.jpg

確かに見た目はまともになりましたが、実は制作によりどんどん増えていくSet、必ずしも数字の大きいものが完成度の高いものと言うわけでは無いんですね。「ミキシングやり直してみたけど前の方がまだよかった」とか、後は「イントロをカットした」みたいに完全に別アレンジだったり。

やはり各Setに対しての情報をどこかに書いておく必要があるようですが、ファイル名に書き込むと、結局最初の状態と同じになってしまいますし、別途テキストファイルを作ってそれにメモをしておくのも「別ファイル」を使用する手間が個人的には好きではありません。

と言う事を考えていて「あ、これか」と思ったのが「インフォビュー」機能です。

live_130706_02.jpg

上の画像の説明にあるように、ロケーターやクリップに自分の好きなように「メモ」を残すことができます。最近はこれを使ってそのSetについての説明を書き、後で見ても分かるように管理しています。これはこれで「その都度Setを開かなくてはならない」という手間はありますが、今のところこれが一番いいかなと思っています。

なんだか最近はAbletonの回し者みたいになってきました。

B型のDAW 前編

dolma018_14.gif国内でDAWを使うのなら「SONAR」がいいと思うんですよね。ローランドから出ているのでサポートが分かりやすそうな印象です。と言うのが「Abelton Live」を使っている私の考えです。

それはそれとして、他のDAWでどうなっているのか全く知らないのですが、Liveではファイル管理の仕様として「Project」と「Set」という考え方があります。「Set」が音楽制作する為のファイル単体にあたりますが、それは「Project」フォルダ内で管理され、録音やインポートした素材等もProjectフォルダ内の決められた場所に保存されます。

一つの「Project」内には複数の「Set」を作成する事が出来て、これは「今作っているアレンジもいいけど、別のアイデアもあるのでもう一つSetを作りたい」という様な時に役立ちます。その大きな理由は「Project内のSetは素材を共有できる」、つまりファイルサイズを不用意に増やさなくて済む、というのが私が理解している内容です。

それはとても便利な仕様ですが、それを活かすも殺すも結局は使う人次第。無計画に制作を進めると、何がなんだか分かんなくなっちゃうんですよね。以下の画像がダメな良い例です。

live_130705_01.jpg

Live内のファイルブラウザで見たフォルダの構成ですが、現在選択状態(黄緑色)になっているのが大本の「Project」フォルダ、「種類」に「Live Set」と記載があるのが「Set」です。

最初にSetを作成してから、アレンジ、ミックス、マスタリングを何度も繰り返す、みたいな流れで制作は進んだと思うのですが、今見てもどれがどのファイルなのか、いや、経過が分からなくてもいいのですが、「結局どれが完成したバージョンなのか」が、自分でもさっぱり分からなくなってしまいました。

さて、この問題(原因は私)を何とかしたいと考えた訳ですが、それはまた機会があったら書いてみようと思います。(ネタの出し惜しみ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のニコニコ静画