DOLM@ンガシアター 第二十六幕

bt_yukiho_01.gif前回から5ヶ月以上もかかったわけですが、その前回はその前の幕から半年以上もかかっていたんですね。なら、まだ早い方か。

と言ったら怒られるかもしれませんが、何にしてもあげました。本当はまた「つづく」にすると、いつつづくのか本当に分からないので、この幕で終わりにしたかったのですが、今朝目が覚めて「今日で今年も終わりか」と思ったら、何だか今出来ているところまでであげた方がいいような気がしました。

動画の長さ的にはこれで丁度よかったのかもしれません。

あまり出来ない約束をするものではありませんが、次の幕の前半部分ぐらいは既に描けているので、希望的観測では来月中には二十七幕が上がるんじゃないかなと思います。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

ニコ生をやってみよう (DAWの音出ない編)

dolma012_04.gifネタも図も用意出来ているので、めずらしく二日連続更新です。

ニコ生を放送するにあたって、私自身が面白いわけでもなく、放送自体も面白くなるかどうか分からない、いや、むしろ「面白くない」と言ってしまった方が正確なのかもしれませんが、それ故に少しでも放送の完成度を上げようと思い、テレビのバラエティー番組の様な「SE」を使おうと思いました。その為に、自分のPC環境では「Digital Audio Workstation」(以下、DAW)、具体的には「Ableton Live 8」を使用すればいいのではないかと考えたわけです。(前回参照

ですが、結果からお話しますと、DAWで再生する音はニコ生には流れません。箇条書きに要因を整理すると分かりやすいと思うのですが、具体的には、

  • NLE(放送ツール)ではWindowsの標準的なドライバで処理される音(システムサウンドやプレイヤーで再生する音楽)のキャプチャーが可能(Vista以降)。
  • それに対してDAWは「ASIO」(アジオ)と言うドライバを使って音の入出力を行う。
  • Windowsの標準的な音声のドライバとASIOはそれぞれ別のものである。
  • その為、ASIOで再生されている音はNLEではキャプチャーできない。

という事になります。経験した事がない方にはわかりにくいと思うので、それを証明する事例を2点挙げます。

1. 実際のLive 8の環境設定画面、ご覧のようにまず「ドライバタイプ」を選択する項目があります。(つまり「MME/DirectX」がここで言う「Windowsの標準的なドライバ」です)
nicolive_121229_01.jpg

2. ASIOを使用しているDAWから音を出している時に、Windowsの音量(よく画面右下にいるスピーカーのアイコン)を調整、あるいはミュートしても、DAWの音量に変化はありません。

かえって分かり難くなったと思いますので、さらに分かり難い図にまとめてみました。接続の種類も書いてありますが、あくまでも私の使用している環境を基にした一例です。

nicolive_121228_01.jpg
(クリックすると大きい画像を表示)

と、ここまで読んで、「じゃあDAWでWindowsの標準ドライバを選択すればいいじゃないか?」と気付かれた方もいらっしゃると思います。ごもっともです。それで問題なければいいのですが、実際にやってみると、音が途切れたり、ノイズのようなものが混ざったような感じになり、つまり音質面での問題が発生します。DAWの為の音声入出力処理は意外難しいようです。(逆に考えると標準ドライバで処理しきれない為にASIOが存在していると言えるのだと思います。)

色々と、私もよく分からないなりの理屈を書いてみましたが、少なくとも2012年12月現在、NLEではASIOが処理する音声のキャプチャーは出来ない、DAWの音声を「直接」キャプチャーする事は出来ない。と言う事です。

それっぽく「直接」と書きましたが、つまりここまでの話や、NLEの仕様、ASIO及び「オーディオインターフェース」の理屈が分かると、DAWの音をニコ生に乗せる方法もいくつか見えてきます。次回からそんな話になっていく予定です。

ニコ生をやってみよう (DAWを使おう編)

bt_dolma021_01.gif他の方の「ニコニコ生放送」を拝見する機会はもちろんありましたが、「顔を出さなくても放送でしゃべって何かやるとか、自分は絶対ムリ!」と思っていました。ですが実際にその時が来たら「じゃあやってみますか」程度の軽い気持ちで、頼まれてもいないのにはじめていました。相変わらず私は気まぐれな人間です。

さて、前回はニコニコ動画の公式ツール「Nikoniko Live Encoder」を使うと便利と言う話でした。それで放送の準備は十分だったのですが、私の考えとしてはさらに以下の2点を実行したいと考えていました。

  • BGMを再生する
  • SEを再生する

BGMについては簡単です。単純にWindows上の音楽が再生できるメディアプレイヤーで音を流せばいいだけです。一方SEですが、会話をしながら必要なタイミングでボタンを押すなどして、笑い声や「ビシッ」というツッコミのような音を出せるようにしたいと思います。それをどう実現すればいいのかと考えたところ、自分の環境だったら「Digital Audio Workstation」(以下、DAW)を使えば色々できるのではないか、と考えました(後にそもそもその考えが誤りだった事に気が付きます)。

具体的には「Ableton Live 8」と専用コントローラ「APC20」を使用します。イメージ的にはこんな感じです。

nicolive_121228_03.jpg

具体的な機能の説明は省きますが、コントローラについているボタンを押すとSEが鳴る、さらにこれにBGMを入れておけば再生や選曲も可能ですし、そこまでやるつもりはありませんがDJ的な配信も可能と思われます。

思ったより話が長くなったので、今回はここまでです。次回はいよいよ「DAWの音が出ない」話になります。たぶん。

12月24日の予定

dolma003_05.gif忙しい!年内のお勤めは終わったので、遊んで暮らせるのですが、遊ぶのに忙しい。28日にはニコ生で忘年会放送を行うので、その準備もあり、DOLM@ンガシアターは出来上がってないし、何から手をつければいいのか、と考える余裕もなく、思いついた事から完了させなければならないような感じです。

とは言っても、取り急ぎ明日、12月24日は皆様にとってクリスマスイブかもしれませんが、私にとっては「ドリームクラブ」の新しい1年が始まる日です。今年は「マージャン★ドリームクラブ」(以下MDCC)に入会です。そして記念イベントとして、名古屋に行って寿がきやラーメンを食べてきます。そんなにのんびりしていられない事は新幹線予約する段階で分かっていたので、現地滞在3時間の埼玉-名古屋日帰り旅行です。それでもラーメンを食べるには十分。それに、当日帰ってきてMDCCを起動しなくてはならないので、一泊してゆっくり観光なんてしている暇はありません。

ちなみに、MDCCは実は既に購入してあります。と言うのも「D3P WEB ショップ」で限定版が売れ残っていたので、今のうちと思い購入しておきました。「Dream C Club」はプラチナコレクション、「Dream C Club ZERO」はワゴンセールで購入しましたが、それと比較すると今年はずいぶんと高い入会金になりました(約1万円)。

でも、実は「Dream C Club ZERO」(以下DCCZ)がまだ終わってないんですよね、終わってないどころか始まってもいません(カラオケVIPルームに全ホストガールが集合してからが私にとってのスタート)。正直あと1年DCCZで遊んでいられます。なので、当分DCCZとMDCCを平行、と言うよりDCCZ優先で遊ぶと思います。

それでは皆様もよい休日を。

ニコ生をやってみよう (ボタン押し忘れ編)

bt_chihaya_01.gif先日、「ニコニコ生放送」(以下、ニコ生)をやってみたわけですが、自分がやりたいと思った事、出来ると思った事と、実際に出来る事、それをやる為にやらなくてはならない事、用意しなくてはならない物で、結構色々調べたり、悩んだりしました。という訳で何回かに分けて、それらを振り返りながら頼まれてもいないのに情報を提供してみようと思います。

さて、ニコ生と言っても色々な放送形態があります、リクエスト放送、顔出し雑談、ゲーム配信等。結果として私が行った放送の形態は「描いてみた放送」です。具体的には、

  • PCの画面をキャプチャーして配信する
  • 必要に応じて画像を表示する

と言った2点に特化した放送です。「リクエスト放送」はやったこと無いので全く仕組みが分かりません。その為たぶん、それを目指している方にはあまり参考にならないと思います。

ニコ生知識ゼロから放送を開始しようと思った際、まずはやはり、ニコ生のサイトやヘルプで基本的な情報を収集する訳ですが、その際目に付いたのが「Nikoniko Live Encoder」(以下、NLE)です。知識がゼロだった事と、公式アプリケーションと言う事で、あまり考えずこれを使う事に決めましたが、正解でした。上記で挙げた2点が簡単に設定、配信できます。後はヘッドセットがあれば音声も乗せられますし、Windows上で再生している音声も放送にのせられます(Vista/7に限る)。

具体的な使い方については、長くなってしまうので、申し訳ありませんがNLEのサイトやヘルプを参考にしてください。また、配線や音の流れを分かり難い図にまとめると、以下のような感じです。

nicolive_121130_01_01.jpg

但し、実際に放送を行う際に重要なのは、「配信開始」ボタンを押し忘れない事です。ボタンを押し忘れた為に15分ほど全く何も配信されなかった放送を私はよく知っています。皆様も始めての放送の時にはその点十分にご注意ください。

次回は「DWAの音がのせられなかった」話になる予定です。

最近の作業状況 20121211

dolma011_09.gif確かに、休日になるとドリクラカフェに通っている事は認めます。ですが、「DOLM@ンガシアター」の作業も細々とではありますが進めています。最近は関係の無い話が続いていたので、最近の作業状況を書いてみようと思います。

もう長い間、人物が全然描けません。描いても思ったように表現できないと言うよりも、「何を描けばいいのか分からない」事が多いです。そんな訳で面倒くさいなと思っていた876プロを描きました。ただのトレースなんですが、そんな時はこんな作業の方がはかどるようです。さくさく進みました。

しかしながら、背景の描画については未だに苦手と言うかいまひとつ納得できません。今回の876プロもそれなりにまとまった気はしますが、何かが違う気がしてなりません。あと、ComicStudioで定規を使って描いた「画面に対して水平、垂直ではない線」が、なんか、カクカクッってなるのが気になります。さすがにこれはどうしようもないんだと思いますが。

876pro_121211_01.jpg

そういえば「ComicStudio」も「CLIP STUDIO PAINT」へ移行するようですが、EXにはちゃんとページを作品として管理する機能があるっぽいですね。機能比較表を見てそう判断したレベルですが。でもあえて「ComicStudio Ex」を購入しようかなー、とも思ってます。

実在した「Dream C Club」

bt_mari_01.jpgまたドリクラの話か。すなわち、またドリクラの話か!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在、秋葉原パセラ電気街店地下1階「バーリズム」様にて、ドリームクラブコラボカフェ開催中です。「ドリクラ、ドリクラって言えば、何でもホイホイついて行くって思ったら、大間違いなんだからねっ!」、とか何とか言いながら、早速行って来ました。

店内に入ったら、スタッフの方が出てきて、「1名様でよろしいですか?」(一人で行った。何ですか、そんな目で見ないでください。)と言うのかと思ったら、その口から飛び出した言葉は「いらっしゃいませ、お客様はピュアな心をお持ちですか?」。もう、この時点で完成です。これ以上説明する必要がありません。ありがとう!全ての関係者の皆様とピュアな紳士にサンキュー!

dcc_cafe_121205_01.jpg
トレーディングカード、もしかしたらコンプリートできるんじゃないかな、とか思ったりなんかします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画