あれから3年、、、

dolma013_11.gif私がはじめてニコニコ動画に動画を投稿してから、早いもので3年が経ちました。別にはじめる事にも、継続する事にも、資格や試験が必要なわけではないので、放っておいてもこの日がやってくる訳ですが、いい機会なので、1年毎の動画投稿数を確認しておこうと思います。

というのも、私自身としても最初の年と現在とで大きな差がある事を実感しておきたかったという所存であります。

集計方法としては、5月29日から翌年の5月28日までを1年とし、単純に自分のアカウントで投稿した動画の数を数える事とします。参加した合作などは勘定に入れません。

  • 1年目…22本
  • 2年目…15本
  • 3年目…10本

、、、いや、実は、もっとひどいと思ってました。これくらいなんですね。特に2年目はむしろがんばってるじゃん感があります。ずうずうしいですが。

そもそも1年目の最初の数回は、ほぼ週1ペースであげていましたが、いったい何があったのか、自分でも分かりません。確かに当時は仕事も忙しくなく、17時にはきっちり仕事が終わってました。

最近の活動にしても、何もしていないのではなく、やたら色々な事に手を出している事も、投稿数減少の原因だと思います。特に音楽関係。だとすれば、それはそんなに悪い事ではないのかも知れません。

実際のところ、ニコマスにそんなに一生懸命になる必要は無いのかもしれませんが、そうは言ってもまだまだ頭の中から出し切れていないネタは山盛りなので、当分はこんな生活が続くのではないかと思います。

今後もご視聴いただければ幸いです。

DOLM@ンガシアターができるまで 14

bt_dolma021_01.gifim@s TUKU-tail Party BD」の方がひと山越えたので、ちゃんとブログ更新しようと思います。まぁ、もうひと山残っているわけなんですが、、、

前回、「次回の為の前置き」的な事を書いて、そのまま1ヶ月経過してしまいましたが、今回から何回かに分けて、本来であれば基本中の基本、私にとっては応用的な機能である「コマ割り」を使ったある事例について振り返ってみようと思います。

まず、今回の事例について説明です。私の所属しているコミュニティ「ニコマス2009年5月デビューPの集い」の合作「その瞳に灯るもの」の制作の際、他のメンバーの方からの依頼で以下の4点のカットをComicStudioで制作しました。

comicstudio_120528_01.jpg

comicstudio_120528_02.jpg

comicstudio_120528_03.jpg

comicstudio_120528_04.jpg

さらにその後、これらのカットを以下のようにまとめて欲しいと依頼されました。

comicstudio_120528_05.jpg

もううろ覚えですが、たぶんそんな流れだったと思います。なんか、違うような気もしてきました。とにかくそんな感じです。

その、画像をまとめる方法について、得意のAdobe Illustratorを使用しようかと思ったのですが、Illustratorにしろ、Photoshopにしろ、別ソフトで作業を行うには以下のような懸念点がありました。

  • どうしても画像をビットマップで書き出すの事になるので、書き出し後はカットの大きさの調整に制限が発生する。
  • 背景もComicStudioから書き出すにしても、素材の入れ替えや拡大縮小による調整など、制限が発生する。

そのため、出来ればやはりComicStudio上で全て処理出来ればよさそうなのですが、その場合に問題だったのが、「いかに各カットをマスクするか」つまり、不要な部分をどのように非表示にするかです。

最初は「そんな方法無い」と思っていたのですが、何か手はあるだろうと考えていたら「なんだ、コマを割れば良いのか」という事に気が付きました。普段「DOLM@ンガシアター」を作っている時はコマを割る必要がなかったので、意外な盲点でした。

この事例についての説明で終わってしまいましたが、先が長くなりそうなので今回はここまでにしておきます。

お茶をにごしてます

bt_dolma027_16.gif本当にここ数日は「im@s TUKU-tail Party BD」に全力投球なのですが、もうさすがにこれ以上ブログをほっとく訳にもいかないので、適当に近況を書いてお茶をにごそうと思います。

と言っても、「im@s TUKU-tail Party BD」の動画の内容をここでばらしてしまうわけにはいかないので、今どんな状況なのかを簡単にお話しすると、「ツクるのに夢中でドリームクラブZERO(以下DCCZ)に行ってる暇がありません」

まって、聞いて、私の話を聞いて。これは私にとってはとんでもない事態なんです。私だって本当はDCCZに行きたいんです。ですが動画の作りかけの部分が気になってついつい作業を進めて、気が付くと寝る時間になっています。

でも、なかなか魔璃さんが出てきてくれないので、正直なところDCCZがマンネリ気味になっている感じはあります。ですが、すでにハッピーエンドを迎えたホストガールさんでも、改めて親しくなると「え、こんなエンディングあるの!」という事が起こったりして、なかなか奥が深いです。

あ、ちなみに私のDCCZは

  • 昼間のプレイ禁止
  • ノーヒント
  • 1年バイト禁止

の縛りプレイです。でももうそろそろ初入店から半年経つので、そんな事言ってる場合じゃないのかも知れません。

あー、魔璃さんのカラオケみたいなー、マリリンステップ観たいなー。とか思いながら今夜も作業を進めてみます。

あと、全然関係ありませんが、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「ほいでもってブンブン」が最近のお気に入りです。機会があったら是非聴いてみてください。

やってます

bt_chihaya_01.gifブログの更新が滞っている時は、それは私の作業がはかどっている証拠です。だから出来るだけ作業をしていたいのですが、かれこれ1週間以上更新していないので、渋々ブログ更新しようと思います。とは言っても、あまり時間はかけたくないので、今やっている事に絡めて、DTMの事をさらっと書いてみようと思います。

今取り組んでいる作業はもちろん「im@s TUKU-tail Party BD」です。音楽的な作業を進めています。(すいません、DOLM@ンガシアターじゃないんです、、、)

私が使っているDAW(デジタルオーディオワークステーション)は「Ableton Live 8」ですが、これはその名の通りライブ的な、即興演奏、DJ、そんな感じの事に有効なソフトです。一般的なDAWの機能はもちろん備えていますが、下の画像のように、他のDAWではあまり見ない画面があります。

live_120508_02.jpg

このセル一つ一つにMIDIやオーディオのクリップを配置して、リアルタイムにパターンを換えたり、必要があれば追加したりして、これ自体をひとつの楽器(サンプラー?)みたいな感じで操作できます。

でも、これをどう使うかはもちろん使う人それぞれであって、私の場合は音楽を作るときに思いついたパターンをメモ的に入れておいたり、使うのをやめたけど削除しちゃうのはもったいないようなパターンの倉庫みたいにしたり、そんな感じで便利に使ってます。

あぁ、じゃあもう作業に戻りますので、それではこれで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

professor anne

Author:professor anne
少女マンガを描きたいなと考えています。
→ニコ動マイページ
→DOLM@ンガシアター

このブログに関するお知らせ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
私のpixiv
私のニコニコ静画